中国の「EVシフトと自動運転」の熱気は本物だ —— 三菱電機も初出展した上海のCES Asia

BYTON

中国のEVベンチャーBYTONの展示は、高い注目を集めた。

中国・上海で2018年6月13〜15日に開かれた、テクノロジー見本市「CES Asia」。自動車関連の展示は急速に進むEV(電気自動車)と自動運転車へのシフトを色濃く感じさせた。

中国開催のCESに初めて出展したのは、三菱自動車ではなく、自動車メーカー向けの部品を製造している三菱電機だった。

「中国のEV市場が活発化する中で、これから中国市場に注力していくという位置づけで初めての出展を決めた」

三菱電機の広報担当者は、出展の狙いをこう説明する。

三菱電機の自動運転車

三菱自動車が出展した自動運転車の実験車。すでに公道での試験走行も実施している。

中国はいま、世界最大の自動車市場だ。2017年の新車の販売台数は2888万台(中国自動車工業協会)に達した。

中国政府が公表した2017年4月の「自動車産業中長期発展規画」は、2020年の新エネルギー車(NEV)の年間生産・販売台数を200万台とし、2025年にはNEVが生産・販売に占める割合を20%以上とする目標を示している。NEVは電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車を指し、ハイブリッド車は含まれない。

こうした政府の方針もあって、中国では電気自動車と自動運転車への参入が相次いでおり、有力なNEVベンチャーも出てきた。BYTON(バイトン)は、こうした有力ベンチャーの1社で、「テスラのライバル」との評もある。CES Asiaでの同社のコンセプトカーの展示は、高い注目を集めていた。

三菱電機の初出展は、この数年で急速な成長が見込まれる中国のNEV市場に対して、自社の技術をアピールする狙いがあると受け止めていいだろう。同社は今後、中国のEVメーカーに対して、モーターを中心に展開を図るという。「すでに中国のメーカー数社から引き合いがきている状況」(広報担当社)という。

百度の自動運転車Apollo

百度の自動運転車Apollo。

出展企業の中で、BYTONを上回る注目を浴びていたのは、検索エンジンで知られる百度(Baidu)の自動運転車だった。黄色い車体が目立つ百度のApolloは都市部の低速エリアを想定して、設計されている。

百度は、自動運転車向けソフトウェアをオープンソース化するProject Apollo(アポロ計画)を進めている。プロジェクトには、ホンダやNVIDIA、ダイムラー、フォード、マイクロソフトなどがパートナーとして参加しており、2020年末までに完全な自動走行を目指すとしている。

百度の自動運転バス

百度の自動運転ミニバスApolong。

電動ミニバスのApolongも、アポロ計画で開発された自動運転車のひとつだ。14人まで乗車でき、低速のエリアを想定して設計されている。百度は「中国初の『製造レベル』の電気自動運転ミニバスだ」としている。

(文、写真・小島寛明)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み