米マクドナルド、一部店舗でプラスチック製ストローをやめ、代用品を試験導入

マクドナルド

Facebook.com/mcdonalds2431USHwy1S

  • アメリカのマクドナルドは国内の一部店舗で、プラスチック製のストローに代わるストローの試験運用を年内に開始する。イギリスでは、同社は微生物の働きによって分解可能な紙製のストローの導入を決めた。
  • プラスチック製のストローをめぐっては、環境保護団体が同社やその他の飲食大手に対し、使用をやめるよう呼びかけていた。
  • アメリカではすでにいくつかの都市が独自に規制を行っている。

環境保護活動家たちの呼びかけに応じ、マクドナルドはアメリカでプラスチック製のストローに代わるストローの試験運用を開始する。

USAトゥデイによると、マクドナルドは2018年後半にアメリカ国内の一部店舗でこうした代用品を試すという。どういった素材で作られたものになるかは触れられていないが、これに先駆けて、イギリスではマクドナルドが全店舗で2019年までに紙製のストローを導入すると報じられていた

プラスチック製のストローは非常に小さく、また微生物の働きによって分解されづらいことから、しばしばごみのリサイクルの過程から外れ、池や川、海にたまっている。そして、フォークや持ち帰り用の容器、ビニール袋といった他のプラスチック製品と違い、ストローはちょっとした利便性以外には何も提供しない。

アメリカの一部都市では、こうした使い捨てのストローを取り締まり始めた。2012年にはフロリダ州のマイアミビーチが、ホテルによるストローの提供を禁止した。こうしたストローは大抵、砂浜や海中に捨てられ、海洋生物を脅かすからだ(フロリダ州フォートマイヤーズやワシントン州シアトルも、2018年1月に同様の規制をしている)。ニューヨーク市ハワイ州カリフォルニア州でもプラスチック製ストローの規制が検討されている。

アメリカ国内だけでも毎日、数百万ものドリンクが流通している。そして、その多くのストローがリサイクルされることもなく、自然の中に打ち捨てられているのだ。

[原文:McDonald's is testing plastic straw alternatives as US cities crack down on single-use straws]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み