金融メディアのZUUが上場 —— 創業5年、率いるは元野村、大和の富裕層向け営業マン

金融経済メディア「ZUU online」を運営するZUUが2018年6月21日、東京証券取引所マザーズ市場に上場する。

ZUU

ZUUのHPより

金融領域に特化した4つのメディアを展開するZUUは、野村證券で富裕層向けプライベートバンキング業務のキャリアを積んだ冨田和成氏が2013年に設立。創業わずか5年で上場を果たす。代表取締役の冨田氏と共にZUUの経営をリードするのは、一村明博氏。大和証券や松井証券などで、同じく富裕層や中小企業オーナー向けの個人営業に従事してきた。

金融資産3千万円以上、または年収700万円以上の「アッパーマス」と呼ばれる富裕層をターゲットとしたZUU onlineの他に、同社は、経営者向けに資金調達やM&A(合併・買収)などの情報を扱う「経営者 online」、金融業界関係者向けにフィンテックに関する情報を提供する「FinTech online」、女性向けの投資情報サービス「DAILY ANDS」を運営している。

メディア事業における約3億2千万円の広告収入に加え、ZUUは「フィンテック化支援サービス」の事業で約3億9千万円の売り上げを計上する。同事業では主に、金融や不動産企業に対してオンライン広告、集客、購買におけるコンサルティングを提供している。

ZUUの売上高は2017年3月期で約7億3千万円。前年度の約3億4千万円から倍以上増加した。ZUUの公開価格は仮条件の1440円〜1600円の上限である1600円に決まり、同価格に基づく時価総額は約33億円となる。

(文・佐藤茂)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み