次はセネガル! サポーターが先にスタジアムの掃除で対決?

セネガルのサポーター

Getty Images

  • 日本とセネガルのサポーターは大事な初戦のあと、スタジアムを掃除して世界中から注目を集めた。
  • 6月19日(現地時間)、W杯ロシア大会グループHの初戦で、日本はコロンビアに勝ち、セネガルはポーランドに勝った。
  • だが両国のサポーターは試合終了のホイッスルのあと、すぐにスタジアムから出るのではなく、観客席の掃除を始めた。
  • 日本とセネガルは6月24日に対決する。19日のサポーターの振る舞いを考えると、試合後、スタジアムは試合開始前よりもきれいになるだろう。

ワールドカップの勝敗がサポーターの振る舞いで決まるなら、決勝は日本vsセネガルだろう。

両チームとも19日、グループHでの初戦に勝利した。日本は2-1でコロンビアを破り、セネガルは同じスコアでポーランドを破った。

だが、サポーターたちは試合後、近くのパブで祝杯を上げるためにすぐにスタジアムを出るのではなく、しばらくスタジアムに残って観客席のゴミを集めた。

TyC Sportsによると、セネガルのサポーターの中には、試合会場のスパルタクスタジアムを出る前に、自分たちが座っていた座席周辺を掃除する人がいた。

セネガルのサポーターが観客席を掃除する様子。

#TyCSportsMundial セネガルは歴史的な勝利を収めた。だが祝杯を上げるのではなく、サポーターは観客席を掃除している。 #RESPECT

日本のサポーターも同様に、サランスクのモルドヴィアアリーナの観客席を掃除した。

「ワールドカップで今のところ、一番お気に入りの瞬間。日本のサポーターがコロンビアに勝利したあと、ゴミを片付けている。私たちがサッカーから学ぶことができる人生の教訓。これが、私が日本を応援する理由。 #class#respect#WorldCup

日本在住のサッカージャーナリスト、スコット・マッキンタイア(Scott McIntyre)氏は、掃除は「日本文化の一部」とBBCに語った

同氏は、「サッカーは、その国の文化を反映すると言われる。日本社会において重要なことは、すべてを徹底的に清潔にすること。それはあらゆるスポーツ、もちろんサッカーにもあてはまる」と語った。

日本とセネガルは6月24日、グループHの第2節で対決する。

19日のサポーターの振る舞いを考えると、試合後、エカテリンブルクのスタジアムは試合開始前よりもきれいになるだろう。

[原文:Japan and Senegal fans were seen cleaning World Cup stadiums after matches ended instead of celebrating at the pub

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み