INSIDER PICKS

これがアマゾンの本命?「Echo Spot」ができること・できないこと10 —— スマートスピーカーが先行予約開始、発売は7月末

amazonecho021

アマゾンジャパンが6月20日、液晶画面付きのAIスピーカー「Amazon Echo Spot」の先行予約を開始した。

価格は1万4980円、7月末からの出荷を予定している。

Echo Spotは2017年11月にアメリカで発表、発売済みの製品。約7カ月遅れでの日本投入になった形だ。

2017年にグーグルから「Googleホーム」シリーズ、アマゾンから「Amazon Echo」シリーズの2大AIスピーカーが日本に登場して以来、今回の発表はその「ラインナップ追加」の形。Echoの国内ビジネスについて、記者発表の質疑では「特に販売台数の共有はしていないが、レビューなどで好評をいただいている」とだけの回答だったが、何にせよ選択肢が増えるのは良いことだ。

Echo Spotで液晶画面が搭載されたことで、世界で最も売れているAIスピーカープラットフォームの使い方がどう変わるのか? 「何ができて、何ができないのか」をまとめた。

EchoSpot

背面には電源ソケットのほか、ほかのEchoと同様にイヤホンジャックで外部スピーカーに接続することもできる。

Echo Spot

本体にスピーカーを内蔵。音は、この本体下部のスリットから響く仕組み。

Echo Spot

上部にはボリューム調整の+−ボタンのほか、ミュートスイッチもある。

「Echo Spot」でできること

1. 天気予報などの音声操作で得られる情報量が増える

amazonecho022

Echo Spotは2.5インチの円型の液晶を搭載している。対応スキル(Echoの拡張機能)次第だが、これまで音声で取得できた操作+画面での情報取得ができるようになる。

たとえば、天気予報やアマゾンでのショッピング検索といったものは、音声だと案内する情報全部を聞かないと内容がわからなかった。Echo Spotの場合は、たとえば音声の途中でも次の天気予報を目で見て確認できる。

言うまでもなく、これはショッピングがとても便利になる。価格からスター評価まで、グラフィック表示でわかることは多い。

amazonecho028

「アレクサ、水を買って」でリストアップされる商品の1部。音声で一番良い商品を選ぶのは難しいが、液晶画面があれば欲しいものがすぐわかる。

2. 動画対応スキルでニュースやレシピを見られる

amazonecho06

液晶搭載になったメリットを大きく感じるのがこの機能。アマゾンによると、現時点で、Echo Spot対応スキルは50以上あるという。

たとえば、NHKの「NHKニュースのヨミ子」スキルでは、動画付きで最新ニュースの読み上げが可能。そのほかニュース機能「フラッシュニュース」のコンテンツ提供元のいくつかは動画ニュースにも対応したという。

amazonecho07

また、「デリッシュキッチン」のスキルでは、レシピを動画でも確認できるほか、音声だけでレシピ動画をスキップすることもできる。

amazonecho0

変わったものでは、ジョイサウンドのカラオケスキルも面白い。400曲から選べるカラオケ楽曲は、本物のように楽曲に合わせた歌詞を表示できる。

amazonecho010

3. 液晶画面はタッチして操作できる

エムキャス

TOKYO MXをネットで視聴できるスキル「エムキャス」はチャンネル数が多いため、チャンネル選択はタップで選ぶ。

まさかタッチ非対応と思っている人はいませんよね? もちろん、画面に触って操作もできる。たとえば天気予報ではスワイプで次の曜日に切り替えたり、スキルによっては提示された選択肢を音声もしくはタップで選んだりといったように使う。

4. 時計がわりにもなる、賢いタイマー

Echo Spot

時計の文字盤のカスタムも可能。

Echo Spot

タイマー名が、音声入力したタイマー名「ゆで卵」になっていることに注目。

Echo Spotのこの大きさは、いまや家庭ではスマホに駆逐されてしまったベッドサイドの「目覚まし時計」と同じようなサイズ。実際、通常のメイン表示は「時計」だ。

時計としても使えるほか、AIスピーカーで最も利用頻度が高い機能の1つ「タイマー」も、画面で経過時間を確認しながら使える。

ちょっと気が利いてるのは、「ゆで卵のタイマー」など名前を付けると、ちゃんと画面にも文字で名称が表示されること。

5. 写真と撮ったり監視カメラの映像を見たり

Echo Spotの画面上部には、カメラがついている。「アレクサ、写真を撮って」と呼びかけることで、内蔵カメラを使って写真をとることもできる。撮影した写真は、プライムフォトに保存できる。

amazonecho018

また、記者発表でEcho Spotの機能として紹介されたのが、周辺機器メーカーのスマートセキュリティカメラ「Arlo(アルロ)」との連携。対応スキルを開発したことで、Echo Spotに「アレクサ、玄関のカメラを見せて」などと呼びかけることで、監視カメラの映像を表示できる。スマホでアプリを切り替えたりせず、玄関口や庭先などの映像を、サッと見る、というような使い方ができそうだ。

6. プライムミュージックで音楽が聞ける

P6190153

ほかのEchoシリーズと同じくスピーカーも搭載。Prime Musicを聞くこともできる。再生時は、画面にアルバムなどが表示される。

7. メッセージ送受信やビデオ通話ができる(ただし後日アップデート)

amazonecho012

Echo Spot

スマホ版のアレクサアプリが後日アップデートすると、このように画面下部の真ん中にメッセージボタンが出現。ここからメッセージが送れる。

今後のアップデートで提供される機能として、メッセージング機能も搭載される。これは、Echo Spot(Echoシリーズ)とスマホ版のAlexaアプリとの間で使うもの。

音声操作でメッセージ(音声、テキストどちらも可)を送ったり、Alexaアプリとの間でビデオ通話もできる。提供開始時期は未定、アマゾンの担当者は「なるべく早くお届けしたい」としている。

「Echo Spot」でできないこと

8. プライムビデオの再生はできない

primevideo

気になる「できないこと」もいくつかある。1つはプライムビデオの再生。「たった2.5インチの画面サイズで何を見るのか?」という問題はあるとはいえ、プライムミュージックはOKで、プライムビデオは×(少なくとも現時点では)というのは一応知っておくべきだろう。

9. 防滴・防水ではない

batu

利用シーンとして、ベッドサイドのほかキッチン周りでの利用も有力だ。ただし、防滴・防水機能は入っていない。シンクの蛇口に近いところには設置しないほうが良さそうだ。

10. Fire TVとの連携機能はない

firetv

動画対応ということで「音声で検索してテレビに飛ばす」ということができるかと思ったが、これも「できないこと」の1つ。Echo Spotで見られる映像は、いまのところEcho Spotのみで再生して楽しむ、ということになっている。

セット購入で割引の期間限定キャンペーンもある

Echo Spotには予約開始と同時に期間限定の販売プロモーションもある。

・2台同時購入すると、2台目が半額(7490円)になる

・Arloとセット購入すると15%オフになる

というものだ。また、角度を調整できるスタンドも周辺機器として発売される。別売で、価格は2190円。

注:この記事では、Business Insider Japan編集部がお勧めの製品を紹介しています。リンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい