カナダが10月から嗜好品としての大麻合法化を発表、関連株が値上がり

マリファナ

REUTERS/Andres Stapff

カナダで大麻の合法化が決まると、マリファナ関連株が値上がりした。

カナダの大麻関連市場全体の値動きを示すカナディアン・マリファナ・インデックスは、20日の午前10時45分の時点で3.34%上昇した。アメリカも含めた北米全体の指数は、2.28%上がった。

中でも最も上げ幅が大きかったのは、カナダのゴールデン・リーフ・ホールディングス(Golden Leaf Holdings)で、6.81%値上がりした。

大麻の合法化はカナダ経済にとって好材料になると見られている。カナダの大手銀行CIBCは、カナダの合法大麻市場は2020年までに65億ドル(約7200億円)規模に成長すると予測している

オーロラ・カンナビス(Aurora Cannabis)キャノピー・グロース(Canopy Growth Corp)といったカナダの大麻関連企業は、大麻の合法化に沸く投資家を引きつけている。企業側もこのチャンスを生かして、買収を進めている。

[原文:Marijuana stocks are surging after Canada legalizes the drug]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい