最もユーザー視点に立った「ニューヨークモーターショー」間もなく開幕

アルファロメオのSUV

アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」

Alfa Romeo

ニューヨークモーターショーがまもなく開催され、多種多様な新車が展示される。マンハッタンの富裕層は自分で車を運転せず、住民の多くも車を所有していないにもかかわらず、自動車メーカーにとってニューヨークは重要なマーケットなのだ。

毎年、多くの人がこのショーを楽しみにしている。一方、自動車メーカーにとっては、ニューヨークモーターショーは大小一連のモーターショーのラストとも言える。昨年、ロサンゼルスからスタートし、デトロイト、ラスベガスで行われたCES、ヨーロッパ、シカゴ、ワシントンD.C.、そしてニューヨーク。

ニューヨークモーターショーは、自動車業界にとってはある種の「区切り」となる。つまり、乗用車やトラック、その他、このショーに並べられたものは、アメリカの自動車マーケットの縮図となるからだ。

主役はSUV

ほとんどのメーカーがクロスオーバーやSUVを発表する。今やSUVは一番の売れ筋だからだ。スポーツカーやセダンも発表されるが、ニューヨークのあるアメリカ北東部ではSUVが主流だ。

レンジローバー

「レンジローバー・ヴェラール」

Jaguar Land Rover

高級車マーケット

アメリカ北東部は、高級車の主要マーケットだ。今は特に、大型の高級SUVが売れている。ショーには、メルセデス、レンジローバー、ボルボ、アルファロメオの高級SUVが並ぶ。またジャガーからは、燃費に優れた4気筒ディーゼルエンジンを積んだFタイプ、ビュイックやポルシェも高級ワゴンを発表する。

ポルシェ パナメーラ

ポルシェ「パナメーラ スポーツ ツーリスモ 」

Newspress

テクノロジーよりも実用性

自動車についての最新テクノロジーは、ニューヨークの前にロサンゼルスやCESで語り尽くされる。そのため、ニューヨークでは未来の話よりも、より実用面が重視される傾向がある。ユーザーはもちろん新車を入念にチェックするが、快適さや燃費、ラゲッジルームの広さ、安全性などが重視される。

ジャガー Fタイプ

ジャガーのスポーツ・クーペ「Fタイプ」

Hollis Johnson

つまりニューヨークモーターショーは、その場所柄に反して、最もユーザー視点に立ったショーなのだ。ロサンゼルスは従来は環境技術が、最近ではハイテクが注目されている。CESはもちろん自動運転などのハイテクが中心だ。デトロイトはビッグ3のお膝元でもあり、ビッグ3の車がメインになる。そしてヨーロッパでは目を見張るようなスーパーカーが並ぶ。

ニューヨークモーターショーは、また夏の自動車商戦の直前にもあたる。アメリカの自動車市場が少し弱含みになっているので、ちょうど良い刺激となる。ここが盛り上がれば、自動車メーカーにとってはうれしい兆候となるのだ。

ニューヨークモーターショーは、現地時間の12日から23日まで開催される。

source:Alfa Romeo、Jaguar Land Rover、Newspress

[原文:The New York Auto Show is symbolic of everything dominating the car business right now

(翻訳:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Sponsored

From the Web

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい