新契約は3億ドル超! ユニクロを着てウィンブルドンに登場したフェデラー、でも足元はナイキのまま

ユニクロを着てウィンブルドンに登場したフェデラー

Clive Brunskill/Getty Images

  • 24年にわたるナイキとのスポンサー契約が終了し、ロジャー・フェデラーはウィンブルドンに新たなスポンサーであるユニクロのウェアを着て登場した。
  • フェデラーとユニクロの契約は、3億ドル(約330億円)を超えると報じられている。
  • ナイキに別れを告げたフェデラーだが、テニスシューズはナイキを履き続けている。シューズに入ったロゴも、2018年のウィンブルドン用にアップデートされている。

ナイキとの契約満了が噂されていたロジャー・フェデラーが、ウィンブルドンのコートにユニクロのウェアを着て現れた。

ESPNによると、フェデラーは最近、ユニクロと3億ドル超、10年の契約にサインした。期間中に現役を引退しても、契約は継続されるという。

この新たな契約によって、フェデラーの24年にわたるナイキとの関係は厳密に言えば終わることになる。だが、フェデラーとナイキの関係は完全に切れたわけではなさそうだ。

ウィンブルドンの初戦にユニクロのウェアを着て現れたフェデラーだが、そのシューズはナイキのままだった。アスリートがスポンサー契約を結んでいないブランドのシューズを履くのは珍しいことではないが —— フェデラーにも何か履くものが必要だ —— ナイキとの契約が1カ月以上前に切れているにもかかわらず、そのシューズが今年のウィンブルドン用の特別なロゴが入ったフェデラー専用のものであることは興味深い。

これは、フェデラーのテニスシューズを捉えた1枚だ。「RF」のロゴに加え、右足側には数字の「8」が刻まれている。これはフェデラーがウィンブルドンを制した回数を反映したものだ。

フェデラーのテニスシューズ

Matthew Lewis/Getty Images

一方、8度目の優勝を果たす前の、2017年の大会で着用していたフェデラーのシューズがこちら。

2017年に履いていたシューズ

Julian Finney/Getty Images

ESPNによると「RF」のロゴはナイキのものだが、同社との契約によって引き続き使用できるだろうとフェデラーは楽観的だ。

「"RF"のロゴは2010年以来ナイキのものだが、フェデラーは今後もロゴが使用できるよう、その権利を彼に移すことで(ナイキと)合意できるだろうと話している」ESPNのダレン・ロヴェル(Darren Rovell)記者は書いている

[原文:Roger Federer is still wearing personalized Nike shoes at Wimbledon despite leaving the sports giant for a lesser-known brand]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい