モンゴルの“ミレニアル僧侶”の日々 —— バスケットボールをし、毎日12時間祈り、外出は年2回のみ

草原を歩くロブサン・タヤン

29歳のロブサン・タヤンは、モンゴル仏教を担うミレニアル世代の僧侶の1人。

Reuters/Thomas Peter

  • 1930年代、モンゴルでは社会主義政権による弾圧で、何千人もの僧侶が殺された。
  • 民主化以降に生まれたミレニアル世代の僧侶が大人になったが、若い僧侶は仏教を伝えていくうえで、数々の新たな問題に直面している。
  • 人々の尊敬を集める寺を指導する僧侶は20~30代、新たな弟子の獲得に苦労している。

モンゴルでは、世界最古の宗教の1つである仏教の未来は、ミレニアル世代の手に委ねられている。

若い僧侶が寺院を指導することが多くなっており、彼らは新たな弟子の獲得に苦労している。

1990年の民主化以降に生まれたミレニアル世代の僧侶が大人になった。かつて、モンゴルの仏教徒は激しい弾圧に晒された。1930年代後半、社会主義政権による弾圧で、1万7000人の僧侶が殺されたと推定されている。

現在、20〜30代の僧侶は、次世代の仏教指導者となる弟子たちを指導している。モンゴル北部の寺院では、仏教の勉強の時間にバスケットボールをしたり、25歳以上の僧侶には携帯電話を使う特権を与えた。

モンゴルのミレニアル世代の僧侶の毎日を見てみよう。

1990年の民主化以降に生まれた、モンゴルのミレニアル世代の僧侶が大人になった。民主化以前の社会主義政権下に大規模な粛清が行われ、何千人もの僧侶が殺された。

モンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

アマルバヤスガラント寺のような信仰の拠点に、もはや以前の面影はない。弾圧前には800人の僧侶が暮らしていた。今は40人だけになった。

アマルバヤスガラント寺

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

アマルバヤスガラント寺はモンゴル北部の、どこまでも続く草原の中にある。寺は新たな弟子の獲得に苦労している。

広大な草原の中にあるアマルバヤスガラント寺

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

29歳のロブサン・タヤン(Lobsang Tayang)は4年前に修業を始めた。だがすでに2人の弟子を抱えている —— 通常は20年以上の経験を持った僧侶の務めだ。

29歳の僧侶ロブサン・タヤン

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

「まだ十分な知識を身につけていないと感じる」とタヤンはロイターに語った。「『私自身がまだ修行中なのに、他人に先生と呼ばれることは正しいのだろうか』と考えてしまう」

草原を歩くタヤン

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

タヤンは毎朝7時に弟子を起こし、毎日、経典を覚えているかどうかテストをする。できるまで、ほぼ午前中いっぱい続く。

モンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

午後、弟子たちは算数や読み書きなど世俗的なことを学ぶ。だが教師は足りない。

モンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

僧侶たちは、日没前にはバスケットボールをしてくつろいだり、

モンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

夕方の読経のあと、犬と遊んだりする。

犬と遊ぶモンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

寺で修行する新弟子を見つけることは難しい。

弟子たち

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

なぜなら、外出は年に2回のみ。

着替える弟子

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

携帯電話の使用は、25歳以上の僧侶のみだから。

モンゴルの僧侶

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

「今日では、教えに忠実な僧侶はほとんどいない」とタヤンはロイターに語った。

経典

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

寺の指導僧は、弟子が現代的な誘惑に打ち勝つことを願っている。

若い弟子

Reuters/Thomas Peter

出典:Reuters

「森の木々を切り倒すことは簡単だね?」と副住職を務めるロブサン・ラブテン(Lobsang Rabten)はロイターに問いかけた。「だが、新しい木々が育つには長い時間が必要だ」

弟子を指導する僧侶

Reuters/Thomas Peter

[原文:Inside the lives of Mongolia's 'millennial monks,' who play basketball, pray for 12 hours a day, and hold the fate of their religion in their hands

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み