飲み放題のシャンパン、アガシとの昼食会…… ウィンブルドンにVIPとして行ってみた

ラファエル・ナダル

Business Insiderは先週、ウィンブルドンを観戦。センターコートでラファエル・ナダルの試合を見た。

Getty Images

ウィンブルドンを生で観戦するのは、他にはない体験だ。

テニスのメジャー大会の中で最も長い歴史を誇るウィンブルドン選手権は、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで毎年、6月下旬から7月上旬にかけ、2週間にわたって開催される。

複数の試合が同時に行われるので、ファンは午前11時頃からどっぷりとテニスを楽しむことができる。

しかし、ウィンブルドンを特別な大会にしているのは、その伝統だ。白のウェアからピムス(イギリスのリキュール)、ストロベリー&クリームのデザートまで、ウィンブルドンならではの伝統がそこにはある。

そして、その素晴らしい伝統が最も顕著に現れるのが、VIPエリアだ。

Business Insiderでは、イギリス版のスポーツ担当記者が実際にこのVIPエリアでウィンブルドンを観戦してきた。紹介しよう。


ウィンブルドン選手権にようこそ! VIPとして大会に招待された筆者は、この経験の全てを記事にしようと決めた。

ウィンブルドンのロゴ

Getty Images

筆者がまず降り立ったのは、地下鉄のサウスフィールズ駅。ロンドンのBusiness Insiderのオフィスからは45分くらいかかった。電車を降りると、周りはすでにウィンブルドンの雰囲気に包まれていた。

サウスフィールズの駅

Alan Dawson / Business Insider

駅を出ると、ウィンブルドンの会場まで送り届けてくれるタクシー乗り場が。運賃は2.5ポンド(約370円)とリーズナブル。

タクシー乗り場

Alan Dawson / Business Insider

しかし、当日は快晴。気持ちのいい朝だ。オールイングランド・クラブまで歩くのも悪くない。駅からは17分の道のりだ。

会場へ向けて歩く人たち

Alan Dawson / Business Insider

入手困難なチケットの値段は、大会何日目のどのコートの試合を見たいかで決まる。一番高いのは、7月15日にセンターコートで行われる男子決勝で、210ポンド(約3万1000円)だ。

チケットの価格表

Alan Dawson / Business Insider

筆者はコーヒーで知られるラバッツァ(Lavazza)のVIP会場で1日を過ごした。

VIP会場

Alan Dawson / Business Insider

ゲート9でチケットを受け取り、セキュリティーチェックを済ませた後、ウィンブルドンのVIPビレッジへ。

VIPビレッジ

Alan Dawson / Business Insider

VIPビレッジは複数のエリアに分かれていて、2011年からオフィシャル・サプライヤーを務めているラバッツァを含め、大会の主要スポンサーがそれぞれに割り振られている。

VIPビレッジの中

Alan Dawson / Business Insider

筆者がラバッツァのブースに入ったとき、元世界ナンバー1プレーヤーのアンドレ・アガシがテレビのインタビュー取材を受けていた。

インタビュー取材に応じるアンドレ・アガシ

Alan Dawson / Business Insider

飲み物は無料で、コーヒーを使ったカクテル・メニューがあると聞いて、筆者は興味津々だった。

コーヒーを使ったカクテル・メニュー

Alan Dawson / Business Insider

結局、ノンアルコールのアイスモカにクリームをトッピングしてもらった。甘くてクリーミー、だがコーヒーの風味もしっかりきいている。おいしい!

アイスモカを飲む筆者

Alan Dawson / Business Insider

シャンパンも無料。

シャンパン

Alan Dawson / Business Insider

隣に座ったのはラバッツァのバイス・プレジデント、ジュゼッペ・ラバッツァ(Giuseppe Lavazza)氏。ラバッツァ氏はコーヒーとテニスが大好きで、わたしたちは彼のトリノでの生活やテニス界における産休について語り合った。ラバッツァ氏は、この後、センターコートでプレーするラファエル・ナダルのファンだという。

ラバッツァ氏と筆者

Alan Dawson / Business Insider

昼食会は、スモークサーモンやビートルートを使った前菜から始まった……

前菜

Alan Dawson / Business Insider

……が、写真の白豆とセロリを使ったガスパチョのような、ベジタリアン・メニューも用意されていた。食用の花が添えられている。

ガスパチョ

Alan Dawson / Business Insider

ビュッフェ・スタイルのメインディッシュもあったが、筆者はベジタリアン・メニューに徹し、フェタチーズとビートルートのパイ、トマトサラダ、大麦のサラダを注文。シャンパンも定期的に継ぎ足してくれる。

ベジタリアン・メニュー

Alan Dawson / Business Insider

アガシとおしゃべりするチャンスもあった。周りには他のジャーナリストたちの姿も。

アガシと筆者

Alan Dawson / Business Insider

ウィンブルトンと言えば、ストロベリー&クリームは欠かせない。ところが、アガシと会い、話している間に全部なくなってしまった!

ストロベリー&クリーム

Reuters

センターコートのチケットを受け取りに行く時間が来た。ヘンマン・ヒル/マレー・マウント(テレビで見るより意外と小さい)の人の数も次第に増えてきた。ナダルの2回戦を見ようと、集まってきているのだ。

マレー・マウント

Alan Dawson / Business Insider

筆者の座席から見たセンターコート。反対側には「ロイヤル・ボックス」が見える。客席には、多くのナダルファンが詰めかけていた。筆者の座席はコートから少し離れていたが、それでもナダルの身体的な素晴らしさは良く分かった。

座席から見たセンターコート

Alan Dawson / Business Insider

この太もも!

プレー中のナダル

Getty Images

結局、ナダルはドゥディ・セラに6-3、6-3、6-2のストレート勝ちを収めた。この後、3回戦ではミハイル・ククシュキンを6-4、6-3、6-4で、4回戦ではアレックス・デミノーを6-1、6-2、6-4で下した。

サーブを打つナダル

Getty Images

9日に行われた5回戦でもナダルはイリ・ベセリを6-3、6-3、6-4のストレートで破り、11日の準々決勝で、フアン・マルティン・デル・ポトロと対戦する。

試合に勝ち、ファンに手を振るナダル

Getty Images

VIPビレッジで過ごすにせよ、屋外のコートで観戦するにせよ、ウィンブルドンは常に素晴らしい体験だ。……飲み放題のシャンパンは言うまでもない。乾杯!

シャンパン

Getty Images

[原文:Coffee cocktails, bottomless Champagne, and lunch with Andre Agassi: Here's what it's like to attend Wimbledon as a VIP]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中