穀物サイロを家にした新婚夫婦、アメリカ版狭小住宅が2人に与えたものとは?

サイロを使った狭小住宅

クリストフ・カイザーはガーデニング用品を保管するためにサイロを購入した。だが、家にすることにした。

Matt Winquist for Zillow

アリゾナ州フェニックスに住む新婚夫婦は「小さな暮らし」を自分たち流にアレンジし、366平方フィート(約34平方メートル)の穀物サイロを住宅に変えた。

スタイリストでブティックオーナーのショーナ・チボー(Shauna Thibault)と建築家のクリストフ・カイザー(Christoph Kaiser)が新婚として、金属製サイロを改築した小さな家に引っ越して以来、2人はさまざまな問題に直面した。

「問題に直面すればするほど、絆が強まった。このような状況でなければ生まれなかったはずの共同意識が芽生えた」と、カイザーは不動産検索サイト、ジロウ(Zillow)に語った。ジロウは2人のユニークな住宅をブログで紹介している

2人のストーリーを見てみよう。

カイザーは元々、ガーデニング用品を保管するために穀物用サイロをオンライン掲示板「クレイグズリスト(Craigslist)」で購入した。カイザーとチボーは最終的には考えを変え、18カ月かけて、サイロを自分たちの夢の小さな住宅に改築することにした。

サイロを使った狭小住宅

Matt Winquist for Zillow

出典:Zillow

とても狭い。広さは366平方フィート(約34平方メートル)で、スペースはほとんどない。2階はロフト形式のベッドルーム、1階はキッチンとバスルーム。2人は新婚だった数年前にこの狭小住宅に引っ越してきた。

サイロを使った狭小住宅の内部

Matt Winquist for Zillow

新婚1年目をこんなにも小さな家で過ごしたことで、広い家なら生まれなかったであろう感情が2人の間に生まれたとカイザー。2人の生活は小さな家に住むことでシンプルになった。「私たちはしばらくの間、家のことを親しみを込めて『圧力鍋』と呼んでいた」とジロウに語った。

サイロを使った狭小住宅

Matt Winquist for Zillow

問題がなかったわけではない。サイロに住むということは、筒状の家に住むということだった —— 通常の壁に合わせてデザインされた家具は使えなかった。カイザーは結局、キッチンの棚を自作した。

サイロを使った狭小住宅のキッチン

Matt Winquist for Zillow

同様に、裏庭と屋外のシャワーに続く車輪付きのガラス製スライドドアも自分で作った。

サイロを使った狭小住宅のスライドドア

Zillow/YouTube

キッチンには食事スペースもある。スパイスや家電はコンパクトなスペースにうまく計算されて収められている。

サイロを使った狭小住宅のキッチン

Zillow/YouTube

キッチンのすぐ横はバスルーム。壁と一体化したドアはキャビネットを兼ねる。

サイロを使った狭小住宅のバスルール

Zillow/YouTube

キッチンとバスルームの近くには、2階のロフト型のベッドルームに続く螺旋階段。

サイロを使った狭小住宅の螺旋階段

Zillow/YouTube

カイザーは、ロフトから映画を見るのは最高とジロウに語った。2人はベッドの下にスピーカーを設置し、ベッドの向かい側のカーブしている壁にプロジェクターで映画を映している。IMAXのスクリーンで見ているような気分になるという。「『ジョーズ』を大画面で見られる。とてもすごい」。

サイロを使った狭小住宅のベッドルーム

Matt Winquist for Zillow

2人で協力して家の問題を解決することで、2人の距離がさらに近くなった。「互いの考え方や反応、物事の進め方や解決方法などが良く分かった」とチボーはジロウに語った。

サイロを使った狭小住宅

Matt Winquist for Zillow

※敬称略

[原文:These newlyweds transformed a grain silo into a gorgeous tiny home — and they say it’s done wonders for their relationship

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい