11枚の写真で振り返る、アメリカとドイツの驚くほどの関係変化

メルケル首相、トランプ大統領

ドイツのメルケル首相とアメリカのトランプ大統領との関係は、メルケル首相とオバマ大統領の関係とは全く違う。

Jesco Denzel/German Federal Government via AP; Samantha Lee/Business Insider

ベルギーのブリュッセルで開かれたNATO(北大西洋条約機構)首脳会議では、アメリカのトランプ大統領とドイツのメルケル首相とのぎくしゃくした関係に再び注目が集まった。

この1年半あまり、トランプ大統領は貿易をめぐって一貫してドイツを攻撃し、ドイツが予算面でNATOに十分な貢献をしていないと主張、両者の間ではいくつかの緊迫したやりとりもあった。

11日(現地時間)のNATO事務総長との朝食会でのトランプ大統領の発言を聞くと、すぐに状況が良くなるとは思えない。

「ドイツはロシアに完全に支配されている。エネルギーの60~70%をロシアと新たなパイプラインから調達しているからだ」トランプ大統領は言う。「これが適切かと言われれば、そうではない。NATOにとって非常に悪いことであり、こんなことは起こるべきでない。この問題について、ドイツと話し合わなければならない」

ドイツがアメリカの最も近い同盟国であり、メルケル首相とオバマ前大統領が緊密に協力し合っていたあの頃から、まだ2年も経っていないとは信じられない。

メルケル首相とオバマ前大統領は、さまざまな問題に対する考え方を共有していただけでなく、親友でもあった。アメリカの2人の大統領とメルケル首相の関係がどれほど変わったのか、11枚の写真で見てみよう。


トランプ大統領とメルケル首相の関係は、前途多難な始まりだった。大統領選の選挙キャンペーン中から、トランプ大統領はメルケル首相の難民危機への取り組みを厳しく批判。大統領就任後の2017年3月にホワイトハウスで初めて会談した際には、2人の間に微妙な空気が流れた。

共同記者会見を行うトランプ大統領とメルケル首相

ホワイトハウスで共同記者会見を行うトランプ大統領とメルケル首相(2017年3月17日)。

REUTERS/Jonathan Ernst

Sources: Business Insider, ABC, The Independent

オバマ前大統領の8年にわたる在任期間中、アメリカとドイツは、ロシアのクリミア併合やISISとの戦い、難民危機、金融危機からの回復といった、重要な国際問題で協力し合ってきた。

メルケル首相の肩を抱くオバマ前大統領

2011年のG20サミットで、親しげな様子を見せるオバマ大統領(当時)とメルケル首相。

White House/Pete Souza

Source: Business Insider

一方、トランプ大統領は多くの問題でメルケル首相と意見を異にする。トランプ大統領は約650億ドル(約7兆3000億円)にのぼる、ドイツに対するアメリカの貿易赤字を非難し続けている。

トランプ大統領とメルケル首相

ドイツのハンブルクで開催されるG20サミットを前に、米独首脳会談に向かうトランプ大統領とメルケル首相(2017年7月6日)。

Matthias Schrader (Associated Press)

Source: Washington Post, Business Insider, Twitter

オバマ大統領(当時)は2011年、メルケル首相を「素晴らしい友人であり、わたしにとって最も近い国際的なパートナー」と呼び、大統領自由勲章を贈った。

オバマ大統領を歓迎するメルケル首相

ベルリンの連邦首相府に到着したオバマ大統領(当時)を歓迎するメルケル首相(2016年11月17日)。

White House via Flikr

Sources: BBC, The White House

メルケル首相とトランプ大統領の関係は、スムーズにはいかなかった。2018年のG7サミットで、メルケル首相やその他の首脳らがトランプ大統領に詰め寄るかのようなこの写真は、注目を浴びた。彼らはトランプ大統領に共同コミュニケへの署名を求めていた。しかし、トランプ大統領はこれを拒否した。

トランプ大統領に詰め寄るメルケル首相ら

ドイツ政府が公表した、カナダ・ケベック州ラ・マルベイで開催されたG7サミットの写真(2018年6月9日)。

German Federal Government/Jesco Denzel via Associated Press

Source: Business Insider

対照的に、オバマ前大統領とメルケル首相はサミットで楽しい時間を過ごしてきた。この写真は、ドイツのハノーバーで開催された会合でVRのヘッドセットを体験する2人を捉えたものだ。

楽しそうなオバマ前大統領とメルケル首相

VRのヘッドセットで楽しむオバマ大統領(当時)とメルケル首相。

REUTERS/Kai Pfaffenbach

Source: Business Insider

カナダで開かれたG7サミットでは、トランプ大統領がテーブルに菓子を投げ、「ほら、アンゲラ。これで僕が何も与えないとは言えないだろう」と言って席を立ったと報じられている。

メルケル首相とトランプ大統領

メルケル首相とトランプ大統領。カナダで開かれたG7サミットで。

Yves Herman/Reuters

Sources: Business Insider, CBS News

オバマ前大統領は、メルケル首相とよくおしゃべりをしていた。

笑顔のメルケル首相とオバマ前大統領

笑顔を交わすメルケル首相とオバマ大統領(当時)。

REUTERS/ Nicolas Asfonri

Source: Business Insider

NATO首脳会議が正式に始まる前から、トランプ大統領はドイツに対し、別のジャブを食わせていた。「ドイツはロシアに完全に支配されている」トランプ大統領は言った。「なぜなら、エネルギーの60~70%をロシアと新たなパイプラインから調達しているからだ」

メルケル首相とトランプ大統領

メルケル首相とトランプ大統領(7月11日、NATO首脳会議)。

Fox News

Sources: Business Insider, Reuters

オバマ大統領(当時)の任期が終わりに近付き、メルケル首相は彼を惜しんだ。

乾杯をするオバマ大統領(当時)とメルケル首相

最後の晩餐会で、乾杯をするオバマ大統領(当時)とメルケル首相(2016年11月17日)。

REUTERS/Larry Downing

Source: Business Insider

トランプ大統領はその後、ドイツがロシアに「支配されている」との自身のコメントを撤回し、メルケル首相を称賛した。しかし、これがアメリカとドイツ、トランプ大統領とメルケル首相の関係を改善するのに十分かどうかは、時が経たないと分からない。

メルケル首相とトランプ大統領

NATO首脳会議の冒頭、全体の記念撮影に臨むメルケル首相とトランプ大統領(2018年7月11日、ベルギー・ブリュッセル)。

REUTERS/Reinhard Krause

Source: Business Insider

[原文:11 photos show how close Merkel was with Obama, and how different things are with Trump]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中