ケンドリック・ラマーの国会議事堂前駅「黒塗り広告」 24歳仕掛け人を直撃

7月13日、東京メトロ・霞ヶ関駅と国会議事堂前駅に突然掲載された広告。アメリカの人気ラッパー、ケンドリック・ラマーの来日に合わせて掲出された広告は、Twitter上で瞬く間に話題になった。この広告を手がけたのは、自身もラッパーである24歳のクリエイターだ。

関連記事:国会議事堂前駅にラッパーが“黒塗り”広告、Twitterトレンド入りして物議醸す

DAMN.

霞ヶ関駅と国会議事堂前駅に張り出されたケンドリック・ラマー来日の広告。その過激な内容がTwitterで話題に。

撮影:西山里緒

ビルボードの年間1位アルバム「DAMN.」

ケンドリック・ラマーは、今アメリカでもっとも影響力のあるアーティストだ。ビルボードが発表している年間アルバム・チャートでは2017年に1位を獲得。第60回グラミー賞(2018年)では5部門を受賞した。

ケンドリック・ラマー

ラマーは7月末に開催されるフジロックフェスティバル '18に出演することが決まっている。

Getty Images / Christopher Polk

さらに「現代のアフリカ系アメリカ人の人生の複雑さを捉えている」として、報道や文学などに与えられるピュリツァー賞(2018年)をヒップホップ歌手としてはじめて受賞。

デジタル音楽ジャーナリストのジェイ・コウガミ氏は、ラマーを「今のアメリカの音楽シーンでもっともアメリカらしい人だ」と語る。人種差別、地域格差など社会的な問題を啓発し、それがビジネス的にも成功することを証明した第一人者だから、というのがその理由だ。

一方で、ラマーの作る歌詞は、人種や出生といった本人のアイデンティティと結びついていることが多く、日本ではその世界観が伝わりづらいことも多い。

7月13日に霞ヶ関駅と国会議事堂前駅に掲載された広告は、情報公開請求後に黒塗りで開示された文書を皮肉ったものだ。中央には「DAMN.(クソ)」と書かれている。張り出した駅の場所は日本の政治の中枢がある二駅だ。

ブラック・パワーと対比した「黒塗り文書」

一見して政治的なメッセージ性が非常に強いこの広告を仕掛けたのは、博報堂出身のクリエイティブディレクター・三浦崇宏が立ち上げた広告/PR会社、GOだ。

飯塚政博

GOの広告プランナー・飯塚政博、24歳。ラッパーでもある。

今までのレコード会社の広告といえば、音楽を流してアド・トラックを走らせて、という通り一辺倒のもの。ケンドリック・ラマーというアーティストを考えた時に、それではないよね、と」(GOのプロデューサー・田中陽樹)

ポスターのアイデアを考案したのは、ラッパーとしても活動している24歳の広告プランナー・飯塚政博だ。

アメリカ社会ではマイノリティである黒人をエンパワーする存在であるラマー。

あえて「黒」を象徴した広告表現はできないかと考えていた5月、目にしたのが森友学園の公文書改ざん問題で出てきた「黒塗り文書」だった。

アメリカでは、マイノリティを結束させる色として機能している黒が、日本においては隠蔽の意味で使われている

この色の使われ方の違いに飯塚が気づいたことが、「黒塗り広告」につながった。

DAMN.広告

ポスターは、地下鉄駅構内の一角に掲出されている。

提供:GO

「DAMN.」広告の掲出場所として霞ヶ関駅と国会議事堂前駅を選んだのも、「(“黒”の意味の対比という)メッセージが一番届きやすい場所」を考えた結果だ。

「ケンドリック・ラマーのリスナーを増やしたいと思ったら、もっと若者が集まるターミナル駅などに広告を出した方がいいのかもしれない。でも、このメッセージが一番輝ける場所はそこじゃないだろうと」(田中)

過激で政治性も強い内容に、当然、炎上リスクも考えた。

「批判されるリスクも含めて、(レコード会社であるユニバーサルミュージックが)やりたいといってくれたのが大きかった。会社の法務や経営を通すのは大変だったと思う」が、意思をもってやり通してくれたのだと三浦は語る。

広告はジャーナリズムでなければならない

飯塚には目標とする広告がある。ヤフーが2017年に銀座ソニービルの壁面に掲出した広告だ。2011年の東日本大震災の発生から6年のタイミングに合わせて、当時の津波の高さをビルの高さで表現したことがSNSで大きな話題になり、その年のグッドデザイン賞を受賞した。

「津波を忘れるな、風化させるな。そのメッセージを、あんな風に社会に問える広告を作りたい」(飯塚)

動画:YahooJAPANPR

優れた広告には、社会と接続するジャーナリスティックな視点が入っている、と三浦は言う。

GOのメンバー。

今回の広告を担当したチーム。左端から、三浦崇宏(クリエイティブディレクター)、飯塚政博(プランナー)、田中陽樹(プロデューサー)、横山徳(アートディレクター)。

「広告はアートではない。いまの時代において、そのブランドがもっとも言わなくてはならないことを言う必要があるんです」(三浦)

広告・企業・そして受け取り手という三者が揃って初めて成立する「ジャーナリスティックな広告」。あの「黒塗り広告」をどう“解釈”するかは私たち受け取り手に委ねられている。

(敬称略)

(文・写真、西山里緒)

編集部より:表現を一部改めました。 2018年7月17日 22:50

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中