アメリカで最も危険な職業トップ20

1位 木こり

トップ20の職業は当然のことながら、アメリカの労働者10万人あたりの死亡者数の平均3.6人を上回っている。

David McNew/Getty Images

  • アメリカで最も危険な職業はすなわち、他の職業よりも業務中に死亡、もしくは負傷する可能性が極めて高い。
  • アメリカ労働省労働統計局のデータをもとに、アメリカで最も危険な職業トップ20を見てみよう。

他の職業よりも死亡、もしくは負傷する確率が高い職業がある。

アメリカ労働省労働統計局は、2016年の職業別の10万人あたりの死亡者数を発表した

我々は、そのデータをもとにアメリカで最も危険な職業のランキングを作成。トップ20の職業は当然のことながら、アメリカの労働者10万人あたりの死亡者数の平均3.6人を上回っている。

業務中の死亡事故の原因として最も多かったのは「移動中の事故」。その後、「人や動物による危害など」「転落、転倒、つまづき」「物や機器との接触」が続いた。

アメリカで最も危険な職業トップ20を見てみよう。

20位 アスリート、コーチなど

20位 アスリート、コーチなど

Michael Ainsworth/AP

10万人あたりの死亡者数 : 11.7人

10万人あたりの負傷者数 : 3438人(死亡者数は除く、以下同)

19位 通信回線設置、修理業者

19位 通信回線設置および修理業者

REUTERS/ Amit Dave

10万人あたりの死亡者数 : 12.1人

10万人あたりの負傷者数 : 2680人

17位(同位)造園、芝整備、グラウンド整備の現場監督

17位(同率) 造園や芝刈りサービス、グラウンド整備の第一線監督者

Paul Wishart / Shutterstock.com

10万人あたりの死亡者数 : 13.2人

10万人あたりの負傷者数 : 1319人

17位(同位)タクシードライバー、運転手

17位(同率) タクシードライバーやショーファー

Spencer Platt/Getty Images

10万人あたりの死亡者数 : 13.2人

10万人あたりの負傷者数 : 1921人

16位 一般的な保守、修理業者

16位 一般保守および修理作業員

Tony Alter/Flickr

10万人あたりの死亡者数 : 13.4人

10万人あたりの負傷者数 : 2196人

14位(同位)送電線の設置、修理業者

14位(同率) 送電線の設置および修理作業員

Justin Sullivan / Staff / Getty Images

10万人あたりの死亡者数 : 14.6人

10万人あたりの負傷者数 : 1365人

14位(同位)警察官、保安官

14位(同率) 警察官や保安官

Brendan McDermid/Reuters

10万人あたりの死亡者数 : 14.6人

10万人あたりの負傷者数 : 1700人

13位 建設作業員

13位 建設現場作業員

Mark Blinch/Reuters

10万人あたりの死亡者数 : 15.1人

10万人あたりの負傷者数 : 2961人

12位 機械整備、設置、修理の現場監督

12位 整備、設置、修理作業の第一線監督

Joerg Koch / Stringer / Getty Images

10万人あたりの死亡者数 : 15.7人

10万人あたりの負傷者数 : 893人

10位(同位)さまざまな農作業従事者

10位(同率) その他の農業従事者

Justin Sullivan/Getty

10万人あたりの死亡者数 : 17.4人

10万人あたりの負傷者数 : 1316人

10位(同位)グラウンド整備員

10位(同率) グラウンド整備作業員

REUTERS/John Sommers II

10万人あたりの死亡者数 : 17.4人

10万人あたりの負傷者数 : 2243人

9位 建設やボーリング作業の現場監督

9位 建設やボーリング作業の第一線監督

Rogers O’Brien Construction

10万人あたりの死亡者数 : 18.0人

10万人あたりの負傷者数 : 1060人

8位 農家、牧場主、その他の農業管理者

8位 農家、牧場主、その他の農業管理者

Scott Olson/Getty Images

10万人あたりの死亡者数 : 23.1人

10万人あたりの負傷者数 : 28人

7位 ドライバー兼販売員、トラックドライバー

7位 運転兼販売員やトラックの運転手

Bianca Riedl/Holding Graz/Wikimedia Commons

10万人あたりの死亡者数 : 24.7人

10万人あたりの負傷者数 : 2828人

6位 鉄骨作業員

6位 建築用鉄骨組み立て作業員

Bill Jacobus/Flickr

10万人あたりの死亡者数 : 25.1人

10万人あたりの負傷者数 : 2158人

5位 廃棄物やリサイクル品の回収員

5位 ゴミ回収員

John Minchillo/AP Photos

10万人あたりの死亡者数 : 34.1人

10万人あたりの負傷者数 : 2702人

4位 屋根工事業者

4位 屋根職人

Flickr / Anthony Spratt

10万人あたりの死亡者数 : 48.6人

10万人あたりの負傷者数 : 3257人

3位 パイロット、航空機関士

3位 パイロット、および航空機関士

Air Canada

10万人あたりの死亡者数 : 55.5人

10万人あたりの負傷者数 : 466人

2位 漁業従事者

2位 漁師、およびその他関連漁業者

Corey Arnold/Fish-Work: Bering Sea

10万人あたりの死亡者数 : 86.0人

10万人あたりの負傷者数 : 未発表

1位 木業従事者

1位 木こり

David McNew/Getty Images

10万人あたりの死亡者数 : 135.9人

10万人あたりの負傷者数 : 2449人

[原文:The 34 most dangerous jobs in America

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい