「アンドロイドの父」がスマホに続き、新しく開発中の製品をツイート

Android OSを開発し、グーグルに売却したアンディ・ルービン(Andy Rubin)氏が、また何か新しいことに取り組んでいるようだ。

数週間前、同氏は自らがひそかに興したスタートアップ企業エッセンシャル(Essential)が開発中の新型スマートフォンについてTwitterに投稿した。さらに12日(現地時間)、また別の製品の写真を投稿した。

仲間のウェイ(Wei)が開発しているものが分かるかな? 最初に当てた人には、サイン付きの製品を差し上げよう!

我々の答えは、360度カメラのような製品だ。

関係者によると、同社はiPhoneやサムスンのGalaxyと競合するハイエンド・スマートフォンを開発中で、数カ月ほどで発売となる見込みだ。

しかし、同社の野望はスマートフォンだけに留まらない。スマートフォンは、新しいエコシステムのパーツに過ぎない。ルービン氏が水曜日に投稿したカメラのような製品は、エッセンシャルの構想を解き明かす1つの鍵となるだろう。

[原文:The guy who started Android just teased a new mystery gadget

(翻訳:増田隆幸)

関連記事

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Recommended

Sponsored

From the Web