パソコンと携帯電話が変える、"幸せな国"ブータンの今

子どもを背負う女性

テクノロジーがブータンの人々の暮らしを変えている。

REUTERS/Cathal McNaughton

  • 世界で最も神秘的な国の1つ、ブータンは現代テクノロジーに何十年も抵抗してきた。
  • だが最近、携帯電話やパソコン、テレビがブータンの人々の暮らしを変え始めている。
  • ロイターのフォトジャーナリスト、カハル・マクノートン(Cathal McNaughton)氏が捉えたブータンの人々の日々の生活は、工業化とテクノロジーがどれほどブータンに根付いているかを表している。

南アジアの国、ブータンは長い間テクノロジーに抵抗してきた —— テレビも携帯電話もなく、信号機ですら1つもなかった。

だが最近、外の世界の影響が徐々にブータン80万の人々に根付き始めている。

10代の若者たちはジーンズにイギリスのサッカーチームのユニフォームを着て、携帯電話をいじったり、インターネットカフェでゲームをして多くの時間を過ごす。大人たちはカラオケ・バーやビリヤード場で夜を過ごしている。一方で、工場や建設現場が町のあちこちに現れ、伝統文化を守ってきた人々に現代社会の問題が持ち込まれようとしている。

ロイターのフォトジャーナリスト、カハル・マクノートン氏は2018年1月にブータンを旅し、この国がどのように変化しているか、住民に話を聞き、彼らの日常生活を記録した。ブータン政府は国の成功を測る指標として「国民総幸福量(GNH)」の概念を提唱しているが、マクノートン氏は現代社会のさまざまな課題が彼らに犠牲を強いていると指摘する。

世界で最も神秘的な国ブータンをテクノロジーはどのように変えているのか、見てみよう。


小国ブータンは、何十年もテクノロジーに抵抗してきた。

仏像

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

首都ティンプーには信号機がない。仏教中心のブータンの文化は、何世紀もほとんど変わっていない。

ブータン

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

だが、国中で徐々にテクノロジーが広がり、変化が起こり始めている。

パソコンに向かう少年たち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典: Reuters

今やティンプーは、バーやダンスクラブであふれ、多くの大人が時間を過ごしている。

ビリヤードをする男性たち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

携帯電話とテレビ —— 以前はティンプーで見かけることはまれだった —— も、今では当たり前のものとなった。

携帯電話をいじる少年たち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典: Reuters

住民たちはこのようなカラオケ・バーで、伝統的な民謡や時々ボリウッドのナンバーを歌って、夜遅くまで過ごしている。

ブータンのカラオケバー

REUTERS/Cathal McNaughton

出典: Reuters

経済規模22億ドル(約2400億円)、農業中心のブータンにとって、これは大きな変化だ。

藁を運ぶ男性

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

ブータンは国の豊かさを国内総生産(GDP)ではなく、国民総幸福量(GNH)で測っている。

子どもを背負う女性

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Oxford Poverty and Human Development Initiative

ブータン政府は共同体の幸せを目標として優先させているが、人口80万人のうち約12%は貧困の中にある。

料理をする女性とその近くで眠る男性と子ども

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:United Nations Development Programme

「幸せか幸せじゃないかという問題ではなく、わたしには選択肢がない」シングルマザーのLhadenさんはロイターに語った。毎月の稼ぎは125ドル(約1万4000円)だという。「こんなに狭い部屋に住んでいるから、食べ物と衣服がまかなえるのよ」

ベッドで携帯電話を使う女性

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

国中で変化の兆しは明らかだ。

川沿いのコートでバスケットボールをする子どもたち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典: Smithsonian

ティンプーのあらゆる場所で建設工事が進んでいる。

建設現場

REUTERS/Cathal McNaughton

工業化が、大気汚染や気候変動といった環境問題の一因となっている。

コンクリート工場

REUTERS/Cathal McNaughton

地方では、男性の民族衣装「ゴ」や女性の民族衣装「キラ」に代わり、ジーンズやスポーツウエアが人気。

牛を世話する少年

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

ポブジカの谷の僧侶は毎日、深紅の袈裟からマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのユニフォームに着替えて、サッカーをする。

サッカーをする僧侶たち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

インターネットカフェは、暇つぶしに来たティーンエイジャーや若者であふれている。

ブータン

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

「子どもたちは携帯電話に多くの時間を使って、勉強しなくなった」農業に従事する43歳のAp Dawさんはロイターに語った。

テレビを見ながら、お菓子を食べる子どもたち

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Reuters

近代化が進むにつれ、ブータンはこうした現代の課題に適応することを学ばなければならない。

ブータン

REUTERS/Cathal McNaughton

出典:Bhutan Observer

[原文:The tiny nation of Bhutan resisted technology for decades — but computers and cell phones are changing things fast]

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中