取引額20兆円以上、ファンボロー国際航空ショー2018 注目の20機

エアバスA3500-1000

エアバスA3500-1000。

Benjamin Zhang/Business Insider

  • ファンボロー国際航空ショー2018は、航空業界にとって、今年最も重要なショー。
  • 期間中の取引額は1920億ドル(約21兆円)、うち民間航空機は1400機以上、1540億ドルにのぼったと主催者は発表した。
  • だがファンボローは、取り引きだけの場ではない。輝くばかりの最新鋭機が勢揃いする。
  • 一部だが、エアバス、ボーイング、ボンバルディア、エンブラエル、ガルフストリームなどの最新鋭機を見てみよう。その他にも、多くの機体がファンボロー国際航空ショー2018に登場した。

ファンボロー国際航空ショー2018が幕を閉じた。2018年、航空業界にとって最も重要なショーに、多くの出展者、来場者が集まった。

確かに期待を裏切らない内容だった。

主催者によると、ショー期間中の取引額は1920億ドル(約21兆円)。前回、2016年のショーから、670億ドル(約7億5000万円)増加した。そのうち、民間航空機は1400機以上、1540億ドル、エンジンは1400台以上、220億ドルにのぼる(ファンボロー国際航空ショーは2年おきに開催される)。

モルガン・スタンレーのアナリストによると、約900機の受注およびコミットメント(購入約束)がエアバスおよびボーイングから発表された。これは300〜500機というアナリストの予想を大きく上回った。

「ショー期間中の受注数は過去最高を記録し、1400機を超えた」とファンボロー・インターナショナルのCEOガレス・ロジャー(Gareth Rogers)氏は声明で述べた。

「期間中に発表された主要な取り引きは、航空業界の自信とファンボロー国際航空ショーの経済的バロメーターとしての役割を示した」

ショーのハイライトは、マレーシアの格安航空会社エアアジアXによるエアバスA330-900neo 32機、101億ドルの発注、同じくベトナムの格安航空会社ベトジェットエアによるボーイング737MAX 100機、127億ドルの発注。ただし取引額はいずれもカタログ価格で、値引きは含まない。

だが、ショーは取り引きだけの場ではない。デモフライトとシミュレーターには、世界中から訪れた要人たちの長い列ができた。

ショーの主役は展示されたさまざまな航空機。ファンボロー国際航空ショー2018に登場した航空機を見てみよう。

2年おきの夏の1週間、イギリス・ハンプシャー州にあるファンボロー空港は、航空機メーカーが自社の最新鋭機を披露する世界の航空業界の中心地となる。2018年のショーのハイライトを見てみよう。

最新鋭機が並ぶファンボロー空港

Benjamin Zhang/Business Insider


エアバスA330-900neo。

エアバスA330-900neo

Benjamin Zhang/Business Insider


2機のA220-300。この機体は数週間前まで、ボンバルディアCS330と呼ばれていた。1機は、ラトビアのエア・バルティック。

エアバスA220-300、2機のA220-300。この機体は数週間前まで、ボンバルディアCS330と呼ばれていた。1期機は、ラトビアのエア・バルティック

Benjamin Zhang/Business Insider


もう1機は、プロトタイプ。

A220-300、プロトタイプ

Benjamin Zhang/Business Insider


ポルトガルのハイフライ航空のエアバスA380。ショーが始まってからファンボローに飛来した。

ハイフライ航空のエアバスA380

Airbus


カタール航空のエアバスA350-1000。人気のボーイング777-300ERの新しいライバル。

カタール航空のエアバスA350-1000

Benjamin Zhang/Business Insider


別カット。

カタール航空のエアバスA350-1000

Benjamin Zhang/Business Insider


ボーイング737MAXは同社史上、最速の売れ行きを記録。

ボーイング737MAX

Benjamin Zhang/Business Insider


民間航空機市場を2分する両社は、自社の航空機の性能をアピールした。ビーマン・バングラデシュ航空のボーイング787-8ドリームライナーのデモフライト。

ビーマン・バングラデシュ航空のボーイング787-8ドリームライナー

Benjamin Zhang/Business Insider


デモフライトを終えたエアバスA350-1000。

エアバスA350-1000

Benjamin Zhang/Business Insider


他の航空機メーカーも大々的にアピール。エンブラエルは新しいリージョナルジェットE2を展示。機首にはE2のテーマである「Profit Hunter」をイメージしてサメをペイント。

エンブラエルE2

Benjamin Zhang/Business Insider


E2のライバルは海を超えてやってきた。MRJ(三菱リージョナルジェット)は日本初のジェット旅客機。

MRJ

Benjamin Zhang/Business Insider


数々のプライベートジェットも並んだ。ガルフストリームの次世代プライベートジェットG500。

ガルフストリームG500

Benjamin Zhang/Business Insider



同G600。

ガルフストリームG600

Benjamin Zhang/Business Insider


エントリークラスのガルフストリームG280。

ガルフストリームG280

Benjamin Zhang/Business Insider


カナダの航空機メーカー、ボンバルディアのグローバル6000。

ボンバルディア グローバル6000

Benjamin Zhang/Business Insider


フランスのダッソーは、3発エンジンが象徴的な2機のプライベートジェットを披露。ファルコン8Xと900LX。

ダッソー ファルコン8X

Benjamin Zhang/Business Insider


エンブラエルのプライベートジェット部門は改良されたフェノム300Eを披露。フェノムは世界で最も人気の小型プライベートジェット。

エンブラエル フェノム300E

Benjamin Zhang/Business Insider


ホンダジェット。

ホンダジェット

Benjamin Zhang/Business Insider


貨物機の展示スペースもあった。注目はアントノフ AN124と、

アントノフ AN124

Benjamin Zhang/Business Insider


ボーイング747-8F。ジープが積載されている。

ボーイング747-8F

Benjamin Zhang/Business Insider


軍用機もあった。ユーロファイター・タイフーンと、

ユーロファイター・タイフーン

Benjamin Zhang/Business Insider


パナビア・トーネード。

パナビア・トーネード

Benjamin Zhang/Business Insider


[原文:The 20 coolest planes at the 2018 Farnborough Air Show

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中