シカゴ、ベーシックインカムの導入実験を行うアメリカ最大の都市に

シカゴ、ベーシックインカムのトライアルを開始

Scott Olson/Getty Images

  • 市民に無条件で現金を支給するユニバーサル・ベーシックインカムの取り組みが、アメリカや他国で小規模ながらも加速している。
  • シカゴ市議会に、パイロットプランとして、1000家庭に毎月500ドルを支給する計画が提出された。
  • 実施には、委員会での審議と議会での投票が必要。
  • 市議会議員50名のうち、36名がこの案の共同提出者となっており、可決はほぼ確実。
  • 実施された場合、シカゴはユニバーサル・ベーシックインカムの導入実験が行われる最大の都市となる。

シカゴは、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の導入実験を行うアメリカ最大の都市となるだろう。もし地元自治体が、一部の家庭に毎月500ドルを無条件で支給する新しい提案を受け入れたなら。

市議会議員は、シカゴの1000家庭を対象に行われるベーシックインカムの導入実験に関する提案への支持を表明した。

シカゴ市議会議員アメヤ・パワー(Ameya Pawar)氏が提案した案は、市議会議員50名のうち36名の支持を受け、制定プロセスが開始された。

「ユニバーサル・ベーシックインカムのパイロットプラン実現に向けた私の案は、36人の共同提案となった! 委員会で審議される。委員長も賛同者の1人。実現までもうすぐ!」

パワー氏は、自動化・ロボット化が労働者に及ぼす懸念と、同氏が“緊急用に銀行に極めてわずかなお金しか持っていない”と言う大多数の家庭に命綱を提供するためにユニバーサル・ベーシックインカムを提案したと、ニュースサイトInterceptに語った

提案はこれから、市の委員会で審議される。委員の支持が得られれば、その後、市議会で投票が行われる。

シカゴの条例では、市長は議会の提案を拒否することができる。だがそれも、議員の3分の2以上の賛成で覆すことができる。

パワー氏は、議会と市長の双方とも支持してくれることを願っているとinterceptに語った。だが、どの程度の支持が得られるかはまだ分からない。

ユニバーサル・ベーシックインカムはすでにアラスカで試験導入され、州から年間最大2000ドル(約22万円)が支給されている。

アメリカの他の地域も、ユニバーサル・ベーシックインカムの試験導入を目指している。カリフォルニア州ストックトン市は2019年に100世帯を対象に18カ月間の試験導入を行う。

フィンランドは、ユニバーサル・ベーシックインカムの試験導入を2017年初めに開始、2000人の失業者に月560ユーロ(約7万3000円)を非課税で支給した。働いている人にも同様に支給する拡大プランがあったが、他の社会福祉プロジェクトが選ばれ、試験導入は終了した

[原文:Chicago could soon become the biggest US city to trial a universal basic income

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中