グーグルの親会社が支援するロボット・メイド・バーガーを試してみた

クリエーター

クリエーターは世界初のロボット・メイド・バーガーショップ。

Katie Canales/Business Insider

筆者はカリフォルニアのバーガー通と言えるだろう。

インアンドアウト(In-N-Out)スーパー・デューパー・バーガー(Super Duper Burgers)、肉を使っていないインポッシブル・バーガー(Impossible Burger)など、サンフランシスコ・ベイエリアにあるバーガーチェーンを食べ歩いてきた。

筆者が何年も待ち望んでいたバーガー店がようやくサンフランシスコにオープンした。クリエーター(Creator)—— 以前はモメンタム・マシーンズ(Momentum Machines)と言う名で知られていた —— で6ドル(約660円)のバーガーの調理するのは人間ではない。

店の中央に14フィート(約4メートル)のロボットが置かれ、たくさんのセンサーとコンピューターで、1時間に約130個のバーガーを作ることができる。効率的。でも、味は?

サンフランシスコのSoMa(サウス・オブ・マーケット)近くにできたクリエーターに行ってみた。

クリエーターは世界初のロボット・メイド・バーガーショップ。

クリエーターの店内

Katie Canales/Business Insider

プレオープン中の平日の午後、店内はバーガーにかぶりつくテクノロジー好きであふれていた。

クリエーターの店内

Katie Canales/Business Insider

食事エリアのすぐ近くには、ロボットのスターシェフがいた。

クリエーターの店内

Melia Robinson/Business Insider and Jenny Cheng/Business Insider

ロボットは効率的で有能なベルトコンベヤー。バーガーを5分で作る。

クリエーターのロボットシェフ

Katie Canales/Business Insider

流れ作業に人間は不要。9人の“アシスタント”がスマートフォンで注文を受ける。

スマートフォンで注文を受けるスタッフ

Katie Canales/Business Insider

ロボットのメンテナンスが必要な時や問題が発生した時は、店から支給されたアップルウオッチがスタッフにアラートで知らせる。

スタッフのアップルウォッチ

Katie Canales/Business Insider

オーダーが入ると、圧縮空気が地元ベーカリー「ラ・ブランジェリー(La Boulangerie)」のブリオッシュをスライサーに押し出す。

並んだブリオッシュ

Katie Canales/Business Insider

その日に焼かれたブリオッシュがスライサーにセットされ、スライスされる。

スライサーにセットされたブリオッシュ

Katie Canales/Business Insider

スライスされたブリオッシュはトーストされ、バターが塗られ、ベルトコンベヤーの上に。

クリエーターのロボット

Katie Canales/Business Insider

その間にロボットは持ち帰り用の容器を取り出し、ひっくり返して、表を上にしてベルトコンベヤーにセット。

容器をセットするクリエーターのロボット

Katie Canales/Business Insider

バーガーのメニューは4種類。ロボットはオーダーに応じて自動でスモークオイスター・アイオリソース、オニオンペースト、ヒマワリのたねのペースト、ハインツのケチャップから適切なソースを選ぶ。

ソースを塗るクリエーターのロボット

Katie Canales/Business Insider

モバイル用のオーダーアプリができれば、客はソースの量をミリ単位で調整できるようになる。

ソースを塗るクリエーターのロボット

Melia Robinson/Business Insider

バーガーの旅は続く。バンズの移動に合わせて、オニオン、トマト、ピクルスがカットされてディスペンサーから出てくる。

オニオンなどを乗せるクリエーターのロボット

Katie Canales/Business Insider

見たところ、チーズは一切れも入ってなかった。シャープチェダーチーズやスモークチェダーチーズなど、9種類のチーズの塊が削られて数秒後に追加された。

チーズを削るクリエーターのロボット

Katie Canales/Business Insider

筆者はチーズが大好きなので、ロボットが削りたてのチーズを気前よく乗せてくれたのはうれしかった。

チーズを乗せる、クリエーターのロボット

Melia Robinson/Business Insider

共同創業者兼CEOのアレックス・ヴァルダコスタス(Alex Vardakostas)氏は、他のバーガー店よりも10%以上、ハンバーガーの中身を増やすことができると語った。人件費を抑えられるからだ。

共同創業者兼CEOのアレックス・ヴァルダコスタス氏

Katie Canales/Business Insider

水はセルフサービス。

水を入れる客

Katie Canales/Business Insider

席も自分で選ぶ。

クリエーターの客席

Katie Canales/Business Insider

客はタブレットでオーダーを確認できる。カラフルな丸はロボットの調理状況を示している。

オーダー確認用のクリエーターのタブレット

Katie Canales/Business Insider

バンズにソースと野菜、チーズが乗ったら、ロボットは注文に応じてパテを作る。不透明な箱の中で行われるので、工程は見えない。

パテを作る、クリエーターのロボット

Melia Robinson/Business Insider

パテには牛の肩ロースと肩ばら肉が使われている。最高のうまみが出るように塩こうじに漬けられている。

パテ用の肉

Katie Canales/Business Insider


パテがバンズに乗せられて、準備完了。

バンズに乗せられたパテ、クリエーターのバーガー

Katie Canales/Business Insider

ロボット・メイド・バーガーの味は?

テーブルに並んだバーガー

共同創業者兼CEOのアレックス・ヴァルダコスタス氏(左)と著者。

Katie Canales/Business Insider

6ドル以上の味、とてもおいしかった。

クリエーターのバーガーを試食する筆者

Katie Canales/Business Insider

ブリオッシュのバンズが口の中で溶け、脂の乗ったジューシーなパテが噛むたびに口の中に広がる。まるで何時間もかけてじっくりグリルされた肉のよう。

クリエーターのバーガー

Katie Canales/Business Insider

噛むたびに溶けたチーズがあふれ出た。ソースもバーガーを引き立てていた。一般的なファストフード・チェーンのバーガーよりもおいしかった。

クリエーターのバーガーを試食する筆者

Katie Canales/Business Insider

Creator vs. the World burgerと名付けられたバーガーは、梅干しとモーレ(メキシコのソース)を使った「パシフィックソース」が特徴。トッピングはマスタード、パプリカ、フェンネルシード。

クリエーターのCreator vs. the World burger

Katie Canales/Business Insider

スモーキーバーガーもおいしかった。バーベキューソース、オニオンペースト、2種類の塩、スモークチェダーチーズ、通常の2倍のピクルス、オニオン、トマトが入っている。筆者はマスタードを追加した。

スモーキーバーガーを試食する筆者

Katie Canales/Business Insider

だがサンフランシスコのバーガー好きは、9月まで待たなければならない。プレオープンのチケットはすでに売り切れ。

クリエーターの店内のデコレーション

Katie Canales/Business Insider

出典:Creator

ヴァルダコスタス氏は、正式オープンまでに不具合を修正すると語った。待つ価値がある、信じて。

クリエーターのバーガーを試食する筆者

Katie Canales/Business Insider

Vardakostas氏は、通常オープンするまでに不具合を修正するという。クリエーターは待つ価値がある、信じて。

[原文:We tried the world's first robot-made burger restaurant that's backed by Google's parent company — here's the verdict

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中