贅沢な空の旅を実現! 世界最大の航空機「エアランダー」の内部をのぞいてみた

エアランダー10

ハイブリッド飛行船「エアランダー10」

REUTERS / Darren Staples

  • 世界最大の航空機「エアランダー10(Airlander 10)」の内部が公開された —— 非常に豪華だ。
  • エアランダー10は、乗客を3日間の遊覧旅行へ連れていく全長302フィート(約92メートル)のハイブリッド飛行船だ。
  • 飛行船には複数のエンスイートタイプのベッドルームやバー、ラウンジがある。
  • 床はガラス張りで、上空1万6000フィート(約4900メートル)からの景色を楽しむことができる。

これは鳥? それとも飛行機? いや、これはハイブリッド飛行船だ。

世界最大の航空機の内部が、7月にイギリスで行われたファーンボロー国際航空ショーで公開された。驚くほど素晴らしかった。

機内の様子

Hybrid Air Vehicles / Design Q

その形から「空飛ぶおしり」の愛称で知られるエアランダー10は、ハイブリッド・エア・ビークルズ(HAV)が開発した、飛行機であり、飛行船であり、ヘリコプターだ。2500万ポンド(約36億7000万円)のこの航空機の全長は302フィート(約92メートル)で、全長240フィート近い世界最大の旅客機エアバス A380よりも約60フィート長い。

HAVはエアランダー10で最大19人の乗客を3日間の遊覧旅行に連れていく計画で、機内のおもてなしにも期待できそうだ。

その内部は、イギリスに拠点を置くデザイン・コンサルティング会社、デザインQとのコラボレーションで、エアランダー10には複数の豪華なエンスイートタイプのベッドルームや「高所バー」、ゆったりとしたラウンジ・エリアがある。

バー

Hybrid Air Vehicles / Design Q

中でも最も刺激的なのが、ガラス張りの床だ。乗客は地平線から地平線まで、上空1万6000フィートからの景色に引き込まれる。

ガラス張りの床

Hybrid Air Vehicles / Design Q

エアバス A380よりサイズは大きいかもしれないが、それほど速くはない。エアランダーのトップスピードがわずか時速91マイル(約146キロ)であるのに対し、A380の飛行速度は時速560マイルだ。

だが、エアランダーは目的地まで速く移動するためのものではない。この豪華な航空機は、交通手段というよりむしろ空を旅するおもしろさを思い起こさせる1つの体験としてデザインされている。

ベッドルーム

Hybrid Air Vehicles / Design Q

HAVのCEOスティーブン・マグレナン(Stephen McGlennan)氏は、プレスリリースで述べている。「エアランダーは、空について人々に改めて考えさせるものだ。それこそが、わたしたちが行っているあらゆることの原動力だ」

「空の旅は、A地点からB地点まで、できる限り速く移動することばかりに注力してきた。我々が提案するのは、その旅に喜びをもたらす方法だ」

しかし、世界最大の航空機は、常に順調だったわけではない。

2016年、エアランダーは2度目の試験飛行で電柱に激突、急降下した。

2017年には、試験飛行に成功した後、24時間も経たないうちに離陸前に機体がつぶれ、2人が負傷した。

つぶれたエアランダー

機体がつぶれたエアランダー10の一部(2017年11月18日、イギリス・ベッドフォードシャー。ソーシャルメディアから入手)。

Rob Fletcher / via REUTERS

エアランダーは現在、6度の試験飛行を成功させた。しかし、実際に乗客を乗せるには、合計200時間の無事故試験飛行を達成する必要がある。

楽しみに待っていよう。

[原文:Inside the world's largest aircraft, which is set to have glass floors and take wealthy travellers on luxury 3-day expeditions

(翻訳:Makiko Sato、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい