「人柄は10秒で分かる」豪マクドナルド、Snapchat動画で1次面接

豪マクドナルドはSnapchatを使って、人材採用

豪マクドナルドはSnapchatを使って、人材を採用している。

McDonald's Australia

オーストラリアのマクドナルドは、Snapchatを人材採用に活用している。

同社は応募者から、10秒のSnapchatビデオを送ってもらっている。その際、マクドナルドの制服を着用したように見せるSnapchatのフィルターを使用することが条件だ。

同社が「スナップリケーション(Snaplications )」と呼ぶこの動画は、採用の1次面接となる。

同社は送られてきたビデオを評価し、2次面接に進む応募者を選ぶ。応募者が送ったビデオは、閲覧後、自動的に消去される。

マクドナルド・オーストラリアのCOOショウン・ルミン(Shaun Ruming)氏によると、同社は快活な性格の応募者を求めている。

ルミン氏は豪大手ニュースサイトnews.com.auに以下のように語った。

「Snapchatについては、最近、14歳の娘からいろいろ教えてもらいました。我々は、ポジティブで快活な人を求めています。お客様と接する仕事に向いていると考えているからです。娘が友達に送る動画のように、10秒間のビデオから人柄は垣間見えるものです」

[原文:McDonald's is now accepting Snapchats as job applications

(翻訳:Wizr)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい