昔ながらの腹筋運動は無意味? 今週読むべき5つのニュース

昔ながらの腹筋運動は無意味。専門家が勧める腹筋に効くエクササイズ

腹筋運動する男性

David Goldman/AP

かつてはトレーニングの基本として欠かせなかった腹筋運動だが、科学的な研究で、ウエストを細くすることもなければ、お腹の脂肪を落とす効果もないことが分かった。また腹筋の強化あるいは柔軟性の維持、長距離走のための体力づくりにも最適な方法ではない

インディアナポリスにあるNational Institute for Fitness and Sport(NIFS)のトレーナーで、運動生理学者のトニー・マロニー(Tony Maloney)氏は言う。 「私は昔ながらの腹筋運動があまり好きではない」

専門家が勧める、腹筋をより強く、より柔軟にする9つの方法を見てみよう。

Learn more?


2018年、世界で最も素晴らしいビジネスクラス ベスト10

旅客機内のイメージ

Singapore Airlines

イギリスの航空サービス格付け会社「スカイトラックス(Skytrax)」は「世界で最も素晴らしいビジネスクラス」のランキングを発表した。

2018年版を作成するにあたっては2000万人以上が協力。世界335以上の航空会社を対象に、搭乗手続きから座席の座り心地、サービスの質まで、49の指標で評価している。

1位に選ばれたカタール航空を含め、ランキングはアジアと中東の航空会社が独占した。

Learn more?


【独占】人気爆発「チコちゃんに叱られる」声担当、キム兄が初めて語る「チコちゃんの自由さ」

チコちゃんと岡村隆史さん

NHK提供

「チコちゃんに叱られる!」(NHK)が絶好調だ。7月14日(土)に放送された再放送は視聴率13.9%と番組史上最高を記録。7月9日-15日の視聴率ランキングでは、堂々の11位(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に入った。

メディア注目の「局の顔」になりつつある番組だが、簡単に言うならクイズ番組。「パンダはなぜ可愛いのか」など、素朴な疑問を5歳児のチコちゃんが出題、答えられない大人の回答者に「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と喝を入れるところが、多くの日本人の心を鷲づかみにしている模様。

チコちゃんの声を担当するタレントの木村祐一さんに、チコちゃん人気について話を聞いた。

Learn more?


2018年、世界で最も素晴らしいエコノミークラス ベスト10

旅客機内のイメージ

Thai Airways

飛行機によく乗る人なら、各社のエコノミークラスに違いがあることを知っている。シートが小さくて狭かったり、足元に余裕がなかったり、モニターが付いていないこともある。

イギリスの航空サービス格付け会社スカイトラックス(Skytrax)は、世界で最も素晴らしいエコノミークラスの2018年ランキングを発表した。

エコノミークラスのランキングのベスト10は、アジアの航空会社が占めた。

世界で最も優れたエコノミークラスを見てみよう。

Learn more?


「いずも」空母化に神経とがらせる中国——関係改善しながら中国牽制する安倍政権

ヘリ搭載護衛艦「いずも」

REUTERS/Issei Kato

中国は、安倍政権が進める大型護衛艦「いずも」の空母化に神経をとがらせている。

空母化と並んで中国が警戒するのが、護衛艦の南シナ海とインド洋への長期派遣で、トランプ政権の「航行の自由作戦」を補完する「哨戒活動」とみなす。日中関係は5月の首脳会談で改善軌道に乗ったが、中国側は安倍政権が「安全保障面では中国を敵視している」(中国軍系研究者)と不信感を隠さない。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中