まだ間に合う! お金も時間もかからない「ステイケーション」の計画に役立つ、10のアドバイス

レガレイラ宮殿

ポルトガルのレガレイラ宮殿を訪れた筆者。

Natalia Lusinski

  • ステイケーション(Staycation)」は日々の生活から離れる素晴らしい方法だ。一般的な休暇に比べて、お金も時間もかからない。
  • 地元に留まるにせよ、これまで行ったことのない近くのエリアを探索するにせよ、普段とは違った角度から楽しめるだろう。
  • 今夏、最高のステイケーションを計画するための簡単な方法を紹介しよう。

多くの人にとって、夏といえば長期休暇を取る時期だ。ただ、時間やお金は限られる。夢の旅を実現するのは簡単ではない。

そこでお薦めなのが、ステイケーションだ。遠出せず、家の近くで長期休暇のような体験をしようというものだ。街から出なくてもいいし、近くの街を訪れてもいい。ステイケーションの目的は、普通の長期休暇と同じだ。日々の生活から少し離れてみよう。

筆者は現在、ポルトガルのリスボンに滞在中のデジタル・ノマドだ。限られた予算内で数日、日常から離れようと、ステイケーションを実践。約2ドル(約220円)を払って45分ほど電車に揺られて、城や美しい景色が楽しめるシントラの街を訪れた。Booking.comで1泊約30ドルのゲストハウスも見つけた。

完璧なステイケーションを自分で計画したいあなたに、10のアドバイスを送ろう。


1. まずは、何をしたいか決めよう

地図

まずは何をしたいか、どこへ行きたいかを決めよう。

Nomad_Soul/Shutterstock

マーケティング・ストラテジストで、過去3年間で100近い国を訪れているデジタル・ノマドのダニー・ファウンテン(Dannie Fountain)さんは、素晴らしいステイケーションを実現するにはまず、自分が何をしたいかを決めることが大事だと考えている。スパでのんびりしたいでもいいし、ハイキングに行きたいでもいい。

「あとはそれをするのにいい、家の近くの場所を選ぶだけです」

2. 予算を決めよう

デスクワークする人

ステイケーションにいくら使うかはあなた次第。

GaudiLab/Shutterstock

Freedom Financial Networkの副社長を務めるケビン・ギャレゴス(Kevin Gallegos)さんは、ステイケーションの予算を決めるのは重要なことだと言う。

「長期休暇の予算を決めることが必要なのと同じで、ステイケーションにいくらまで使えるか、決めておくべきです」ギャレゴスさんはBusiness Insiderにメールで語った。「遠出するかしないかにかかわらず、休暇を過ごすために借金をしてはいけません」

ただ、United Capitalのファイナンシャル・プランナーで「Doing Money Right」の設立者でもあるバイロン・エリス(Byron Ellis)さんは、ステイケーションでちょっとだけ贅沢をするべきだと言う。

「航空券を買ったり、ガソリンスタンドでクレジットカードを切ったり、毎晩の宿泊料を払わないことで、予算をかなり節約できているのだから、ちょっとくらい贅沢しましょう」エリスさんは言う。「最終的には街を離れるよりも安く上げたいですが、予算に多少の余裕は必要です」

3. ネットの情報を活用しよう

PCを使う人

食事や宿泊、体験料など、ネット上にはさまざまな割引情報がある。

Daxiao Productions/Shutterstock

「ステイケーションは地元と恋に落ちる素晴らしい方法です。多くのウェブサイトが、価値ある体験やイベントの割引を提供しています」ニューオーリンズにあるLa Galerie Hotelのコンサルタント、コリー・サレット(Cory Sarrett)さんはBusiness Insiderに語った。Jetsetterもその1つだ。

ステイケーションのアイデアが欲しければ、手助けしてくれるアプリは数多くある。

住んでいる場所によってはTimeOutViatorTripAdvisorも役に立つだろう。LivingSocialGrouponRestaurant.comを使えば、おもしろい体験や食事をディスカウント料金で楽しむこともできる。

4. 泊まる場所を確保する、もしくはキャンプをしよう

テント

キャンプは、お金をあまりかけずに楽しめる選択肢の1つだ。

Asukanda/Shutterstock

自宅をしばらく離れたい人は、AirbnbVacationRenterを使って泊まる場所を確保しよう。

「ステイケーションの狙いは、自分の街を普段とは違った角度から体験することです。ユニークな場所に泊まる以上にいい方法はありません」VacationRenterの共同創業者、デービッド・コロドニー(David Kolodny)さんはBusiness Insiderに語った。

もっと経済的に済ませたい人は、友人宅の留守番やペットシッターを買って出るのもいいかもしれない。

キャンプも、楽しくてお金のかからないステイケーションの選択肢の1つだ。

5. クレジットカードの割引特典を確認してみよう

観覧車

自分の街で使えるクレジットカードの特典がないかチェックしよう。

Matt Cowan/Getty Image

ポイントやマイルがたまるだけでなく、コンサートやレストラン、その他のイベントで使える割引特典がついているクレジットカードも多い。

「行ったことのないレストランやアトラクションに挑戦するきっかけになったり、宿泊料が1泊無料になるといった特典があるかもしれません」 Palm Beach Travelの社長アニー・デービス(Annie Davis)さんはBusiness Insiderに語った。

6. 自分の街で観光客になろう

絵を見る人

行ったことのない美術館を訪れてみよう。

Peter Macdiarmid/Getty Images

自分の住んでいる街を最後に見て回ったのはいつのことだろう? 大々的な観光ツアーがなくても、まだ試したことのないツアーがきっとあるはずだ。

「地図を開いて、行ってみたい場所を選びましょう」Style on the Sideのキャロライン・トッパーマン(Caroline Topperman)さんはBusiness Insiderに語った。「観光というと大通りばかりを歩きがちですが、これまで入ったことのない脇道やお店、レストランを探検してみるいいチャンスです」

7. Airbnbに挑戦してみよう

airbnbのサイト

地元の人がツアーや体験教室をやっていることも。

Justin Sullivan/Getty Images

Airbnbで観光ツアーから料理教室まで、地元の人が実施しているさまざまな体験に挑戦してみるのもいい。

弁護士で『50 After 50: Reframing the Next Chapter of Your Life』の著者でもあるマリア・レオナルド・オルセン(Maria Leonard Olsen)さんは、旅先ではAirbnbを使ってウォーキングツアーや料理教室、地元の市場で開催されるテイスティング体験などに参加しているとBusiness Insiderに語った。

「アーティストのスタジオで写真の焼き増しを体験させてもらったことがあって、とても楽しかったし、Airbnbがなければこんなチャンスを見つけることはできなかったと思います」

8. 新たな経験に挑戦しよう

自転車に乗る女性

行ったことのないエリアを自転車で走ってみよう。

Mario Tama/Getty Images

ギャレゴスさんは、自分の街での移動手段を車や公共交通機関から、徒歩や自転車に変えてみることを勧めている。

「『新たな場所』は自分の街の歴史を見て回るツアーで見つかるかもしれないし、普通のドライブではなく近くの公園へ歩いている間に見つかるかもしれない。行ったことのないエリアを自転車で走っている間に見つかるかもしれません」

9. ソーシャルメディアでジオタグをチェックしてみよう

スマホ画面

ソーシャルメディアでジオタグをチェックすれば、近くの様子を写真で見ることができる。

Justin Sullivan/Getty Images

ジオタグは、ステイケーションのアイデアを得る手軽な方法の1つでもある。

「インスタグラムは特に役立ちます。特定の場所を検索すれば、その写真が出てくるのですから」Exploring Upstateのチーフ・エクスプローリング・オフィサー、クリス・クレメンス(Chris Clemens)さんはBusiness Insiderに語った。

10. 家で過ごそう

テイクアウトの食事

行ったことのないレストランのテイクアウトを試してみよう。

LightField Studios/Shutterstock

自宅で過ごすことがあなたの第1選択でなかったとしても、在宅マッサージを頼んだり、行ったことのないレストランのテイクアウトを注文することで、パートナーやルームメイトを驚かせて楽しむことはできる(もちろん1人でも)。

「理想的なステイケーションは、自分を甘やかすことです」ナース・プラクティショナーで機能性医学を専門とする、マギー・バーグホフ(Maggie Berghoff)さんはBusiness Insiderに語った。「リラックスしたり、湯船に浸かったり、フェイスマスクをする時間を作りましょう。ステイケーションによってリフレッシュして、活力を取り戻す助けになるでしょう」

[原文:10 tips for planning the perfect staycation]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい