杉田問題は安倍一強問題。「力」ある人に認められるウットリ感が暴走させる感覚

杉田水脈

LGBT支援を巡る発言で議員としての資質が問われている杉田水脈衆院議員。彼女はなぜ過激な発言を繰り返すようになったのか。

杉田水脈衆院議員のホームページより

朝ドラが好きで、「半分、青い。」を欠かさず見ている。すごく展開が速い。ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)が涼次(間宮祥太朗)と出会い、結婚し、涼次が映画の道をあきらめ、子どもが5歳になったと思ったら、突然として涼次から離婚を切り出されたのが8月1日のこと。出会いから1カ月もたっていない。

涼次が語るには、ベストセラー作家の佐野弓子(若村麻由美)から小説を脚本にしてくれと頼まれ、4年かけて書き上げた。それを佐野がほめてくれ、映画を撮ることになった。ついては離婚をして、退路を断ちたい、と。

この説明で涼次は最初、作家のことを「佐野弓子先生」と言っていた。が、途中から、「書き上げたシナリオを持って弓子さんのところに行ったら、いいじゃない、(中略)とかほめられて」「弓子さん、俺のホンじゃなきゃ、嫌だって」と変わる。そこで鈴愛が、こう一言。

「弓子さんとか、気持ち悪い」

賛否の分かれる「半分、青い。」の脚本(北川悦吏子)だが、私はこういう何気ない一言に力量を感じる。北川さん、分かってるなと思う。

「一強のウットリ」がダダ漏れ

杉田水脈・自民党衆院議員のLGBT支援についての寄稿(『新潮45』)は、多くの問題点が指摘されている。「生産性」という言葉以外にも、あまりに問題が多い。その根本にあるのが、「弓子さんとか、気持ち悪い」という鈴愛の指摘だと思う。

丸川珠代参議院議員

丸川参院議員は1971年生まれ。東京大学経済学部卒、元テレビ朝日アナウンサーで当選2回。東京オリンピック・パラリンピック担当大臣も務めた。好きな言葉は「感謝 、我が道を行く」(公式サイトから)。

REUTERS/Kim Kyung-Hoon

それを書くにあたり、最初に丸川珠代・自民党参院議員の話をする。

3月27日、参院予算委員会の証人喚問で佐川宣寿・前国税庁長官(前財務省理財局長)への質問に立った。森友学園の国有地取引の決済文書を、財務省が改ざんした。そこに政治家、官邸の関与はあったのか。国民が知りたいのは、そこだった。

以下、2人のやりとりを抜粋する。

丸川「佐川さん、あるいは理財局に対して、安倍総理からの指示はありませんでしたね」→佐川「ございませんでした」→丸川「念のために伺いますが、安倍総理夫人からの指示もありませんでしたね」→佐川「ございませんでした」→丸川「少し丁寧に聞きます。官邸の官房長官、官房副長官、総理秘書官からの指示はありましたか」→佐川「ございませんでした」

丁寧が聞いて呆れる。「質問」でなく、丸川氏と佐川氏、つまり自民党と財務省、どちらにも都合の良い結論ありきの「確認」だった。証人喚問の無駄遣い。だが丸川さんは、実にうれしそうだった。「自民党の丸川珠代でございます」から始まった質問は、アナウンサーとして鍛えた声を、ややゆったりとした調子で、たっぷり聞かせていた。ウットリしていた。酔っていた。

何にウットリし、酔っていたか。彼女がこの日、一人称として使っていた表現がある。「私たち与党」。ウットリと使っていた。

与党=一強の自民党、私はその一員よ。その喜びがダダ漏れだった。気持ち悪かった。そう、これが「弓子さんとか、気持ち悪い」の正体だ。

「力ある人」の世界に客観性はない

要は、力のあるグループの一員になれた喜びなのだ。力のある人の世界は居心地が良い。居心地のいい世界をつくれるのが「力」だから、当然だ。すると、こうなる。

力ある人に認められ、この世界に入れた自分、入れてくれた人、どっちもステキ。

国会

西日本への豪雨被害が深刻化する7月5日の夜、自民党国会議員の 懇親会「赤坂自民亭」には安倍首相ら40人以上が出席。西村康稔官房副長官や片山さつ き衆院議員はTwitterに写真付きで報告した。

撮影:今村拓馬

その世界も、実は問題を抱えているのではないか。居心地のいいのは、中だけではないか。それを認識し、改革やら告発やらをするより、「うん、問題ないよね」でいる方がずっと楽だ。

で、「問題ないよね」の立場に立てば、「力のある人」&「力のある人がつくった世界」への客観性を失い、「その人&その世界」の考え方こそが素晴らしく、それが自分の考え方だと思うようになる。そしてあれこれ考えなくなれば、「力」の下にいるのは気持ち良い。ウットリする。はい、「チルドレン」の出来上がり。

「半分、青い。」で鈴愛は、夫が「弓子さん」と呼んだ時点で、彼が大物作家にほめられ、舞い上がり、自分を相手に委ねてしまっていることを感じ取った。言うまでもないが、丸川さんにとっての「弓子さん」は、「安倍晋三さん」だ。9月の総裁選も圧勝と言われている。つまり安倍一強ワールド。

そこは問題山積で、その一つがモリカケなのだが、チルドレンになってしまえば、その目には問題は映らない。「私たち与党」は正しい。そう信じ、そこにいる心地よさに酔っている。ウットリしている。あの日の丸川さん、気持ち悪かった。

削除された稲田ツイート

安倍一強ワールドに身を委ねる気持ち良さは、稲田朋美・元防衛大臣が7月29日に投稿したツイッター(後に削除)でもよくわかる。

稲田朋美衆議院議員

稲田衆院議員は1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。弁護士。当選5回。自民党政調会長、防衛大臣を歴任。座右の銘は「高邁な精神で決断し、断固として 行動する」(公式サイトから)。

REUTERS/Kim Kyung-Hoon

「法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」

稲田さんにならって書くなら「安倍一強教という新興宗教」。それが心地よすぎて、防衛大臣時代にあれだけいろいろあったにもかかわらず、少し考えれば問題だらけだとわかる投稿を、ついしてしまうのだろう。

杉田さんという人も、安倍一強ワールドの心地よさに酔っている。すごくウットリしている。

Business Insider Japanでは、政界に後ろ盾がない杉田さんが「過激発言」をすることで出世してきたことを指摘している。

関連記事:なぜ杉田水脈議員は過激発言を繰り返し“出世”したのか──女性が女性を叩く構図は誰が作ったか

政界サバイバルゲームの観点からは、全くその通りだと思う。だが彼女の頭の中を私なりにのぞいてみるなら、出世したいと強く願っていたわけではないと思う。心地良い安倍一強ワールドを正しいと信じ、その維持発展のために働く。そんな感じだと思う。

桜井よしこさんによれば、「安倍さんが杉田さんって素晴らしいと言うので、萩生田(光一・現自民党幹事長)さんとかが一生懸命お誘いして」立候補したのだ。そうして入った安倍一強ワールド。そこに流れる「本音」を嗅ぎ分ける嗅覚は鋭く、それを批判する人々を「敵」ととらえることにためらいがない。本音を広めるのを使命と信じ、邁進する。『新潮45』も、その思考回路上にあると思う。

安倍一強ワールドにウットリし、なんの疑問もない杉田さん、丸川さん、稲田さん。そういう人がLGBTを論じ、証人を喚問し、防衛大臣をする。

安倍一強の罪は、重い。


矢部万紀子(やべ・まきこ):1961年生まれ。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、「AERA」や経済部、「週刊朝日」などに所属。「週刊朝日」で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長を務めた後、2011年退社。シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に退社し、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい