スマートフォンは世界を変えた、タイガー・ウッズを捉えた2枚の写真で一目瞭然

  • タイガー・ウッズは全米プロ選手権に出場。数多くの写真が、伝説的なゴルフプレーヤーの姿を捉えた。
  • ウッズがボールを打つたび、観客はスマートフォンで写真を撮った。
  • かつてウッズがボールを打つたびに写真を撮るスマートフォンの列など存在しなかった。

ゴルフのライダーカップ(Ryder Cup:アメリカとヨーロッパの対抗戦)とヨーロッパツアーのコンテンツ・ディレクターを務めるジェイミー・ケネディ(Jamie Kennedy)氏が指摘した2002年と2018年の違いがネットで話題となった。

タイガー・ウッズの観戦方法がスマートフォンの登場で変わってしまった。

Business Insiderは上記の写真がいつのものか特定できなかったが、上の2018年の写真ではタイガー・ウッズは多くのスマートフォンの前でプレーしている。

スマートフォンを掲げるゴルフのギャラリー

Getty

今、タイガー・ウッズがプレーする様子をスマートフォンのないところで見られるとすれば、それはマスターズのみ。マスターズは携帯電話の持ち込みに関して厳しいルールを定めている。

以下は、今年のマスターズのギャラリーの様子。

マスターズのギャラリーの様子

Getty

[原文:Two photos of Tiger Woods taken 16 years apart show how much smartphones have changed the world (AAPL, GOOG, GOOGL)

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中