「変なホテル」が“無人化”に取り組む本当の理由 —— 地方都市で挑む世界最先端

変なホテル フロント

ハウステンボスが運営するロボットホテル「変なホテル」。フロントではロボットが対応するなど、無人化に特化した取り組みが大きな特徴だ。

長崎県佐世保市のテーマパーク・ハウステンボス内にある宿泊施設「変なホテル」。世界初のロボットホテルとして2015年にオープンしてから4年目、国内外で注目を集めているが、その変なホテル内に、無人のコンビニ「スマート・コンビニ」が2017年5月にオープンした。

テーマパークとして、ホテルのロボット化、コンビニの無人化に取り組む真の理由は何なのか?

無人化・省力化は人材不足の解消が目的

変なホテル 総支配人 大江岳世志氏

変なホテル総支配人の大江岳世志氏。

ハウステンボスがロボットなどの活用を始めたのは、人材不足の解消がそもそもの目的だったという。ハウステンボスが位置するのは、長崎県佐世保市。

東京などの首都圏でも近年人材不足が叫ばれているが、地方都市ではその傾向がさらに強く、ハウステンボスでも人材確保に苦労している。

2018年で35歳になる変なホテル総支配人の大江岳世志氏はこう語る。

大江氏:佐世保の若い方の多くは、高校や大学卒業後に福岡や熊本、東京などの大都市に出てしまって、地元の若い人が圧倒的に不足しています。人が集まらないとテーマパークの運営は難しいので、ロボットなどを使って無人化や自動化を実現することで人手不足を解消しようと考えたのがそもそものはじまりでした。

2015年7月にオープンした変なホテルは、当初の想定以上に高い稼働率と収益を上げている。稼働率はピーク時にはほぼ100%で推移し、年間の稼働率も80%ほどと、ハウステンボス付近のホテルとして最も高い稼働率を誇っている。

これについて大江氏は、「変なホテルが周辺ホテルに比べて安く宿泊できる」という点もあるとしつつ、ロボットとのふれあいがあるという体験が、他にはない付加価値となっていることや、宿泊客が自身の体験をSNSで宣伝してくれることなどが、稼働率を押し上げるいいサイクルになっていると分析する。

また、ロボットは初期投資こそかさむものの、導入後は日々の電気代やメンテナンス費用だけで済むため、収益率も非常に高いとし、この状況を今後も維持したいと語る。

変なバー

2017年10月下旬のホテル内にオープンした「変なバー」。ホテルでお酒が飲める場所が欲しいという宿泊者の声を受けて設けられた。

変なバー タブレット

タブレットを利用して、バーチャルなロボットとコミュニケーションを取りながらお酒を楽しめる。

宿泊者の要望を受けスマート・コンビニをオープン

スマート・コンビニ

2018年5月1日にオープンした無人コンビニ「スマート・コンビニ」。

そして、2018年5月にホテル内にオープンしたのが、無人コンビニ「スマート・コンビニ」だ。売り場面積は10平方メートルほどで、当初は32種類の商品の販売からスタートした。

スマート・コンビニを作ったそもそもの目的は、宿泊者からの要望が大きかったからだった。変なホテルの最寄りのコンビニは、徒歩で10分ほどかかる場所にある。しかも24時間営業ではないため、宿泊客から「夜に買い物ができるコンビニが近くに欲しい」という声が多く寄せられていた。

ただ、ホテルの一角にコンビニを誘致した場合には、あえて人が前に出ずロボットや機械で運営するという変なホテルのコンセプトから外れてしまう。そこで、ホテルのコンセプトに合う無人コンビニの設置を計画した。

スマート・コンビニ 識別

購入したい商品を決済用カウンターに載せることで画像認識が行われる。

スマート・コンビニ 会計

識別が終わると、タブレットに会計内容が表示。クレジットカードで決済できる。

無人コンビニ系の取り組みは、海外ではアマゾンや中国企業がすでに実用化しており、国内でもローソンが実証実験を行っている。ハウステンボスの場合、最も注目すべき点は、利用客がピックアップした商品を識別するためにNECの“画像認識方式”を採用しているところだ。

画像認識方式は、商品に個別のタグを取り付けて無線で読み取る“RFID方式”に比べると、まだまだ誤認識が圧倒的に多い技術ではある。しかし大江氏は、「他がやっていないことにチャレンジしたい」という志のもと画像認識方式の採用を決定した。

スマート・コンビニ 置き方

決済トレイ前には、商品の置き方が詳しく指示されている。商品の画像認識にはカウンターに設置されたカメラが使われており、とくに光の反射などによる誤認識の改善に苦労したという。

実際、オープン当初は取り扱う全32商品のうち10〜15商品で、10回中3回ほど誤認識が発生していたが、現在も日々調整を続けており、認識率は向上しているという。大江氏は「商品をどのように置いても正確に認識できるように進化させるのが当面の目標」と述べている。

なお、現在のスマート・コンビニの売り上げは、1日に1万円いくかどうかで、これも当初の見込み通りだという。スマート・コンビニは変なホテル宿泊者向けとなっており、あくまでも宿泊者に快適に過ごしてもらいたいという方針。そのため、スマート・コンビニ単体の売上げや利益を伸ばすことは想定していないとのことだ。

地方都市から世界最先端・顔認証で「すべて支払える」未来へ

ハウステンボス

ハウステンボスの象徴的な一角(2017年撮影)。

大江氏

大江氏は、変なホテル自体もキャッシュレス化した”キャッシュレスホテル”にしたいと意欲を示す。

また、現在スマート・コンビニでの決済はクレジットカードのみとなっているが、今後は顔認証技術を利用した決済システムを「今後1年以内には実現したい」と話す。

大江氏:商品は画像認識、入退店は画像認識の応用で顔登録、顔認証でいけるということでしたので、それなら決済も顔認証決済にしたいとNECに要望を出していました。しかし、開発に1年半から2年ほどかかるということでしたので、今回は決済は顔認証でなくてもいいということにしました。

変なホテル 顔認証

現在は、変なホテルの部屋の鍵となる顔データと、スマート・コンビニ入場時に登録する顔データは紐付いていない。

さらに将来は、変なホテル自体も”キャッシュレスホテル”にしたいのだという。

変なホテルでは、当初より客室の鍵として顔認証システムを採用している。そのため、一度顔を登録すれば、部屋の鍵としてだけでなくホテル内での決済も全て、その顔認証で済ませられるというのは合理的だ。

現時点では、客室の顔認証システムはグローリー製、スマート・コンビニの顔認証システムはNEC製ということで連携していない。

今後何らかの手法で双方のシステムをまとめた一元的な顔認証が実現できないか、検討作業を開始しているという。

大江氏:他がやる前にまずやる、というのが重要と考えています。キャッシュレスホテルについても、他のホテルがやる前にやりたいと思っています。まずは、現金で買える自動販売機の商品をスマート・コンビニに移動させて自販機をなくし、少しずつホテル内をキャッシュレス化しようと動き始めています。

人手不足解消からはじまったロボットホテルのアイデアが、物珍しさも手伝って話題になり、合理的な理由で無人コンビニ併設、さらに今後キャッシュレスという「ホテルの最先端」に向かうというのは極めて面白い。地方都市の課題解決が、結果的に世界最先端 —— それはある意味で、少子高齢化社会・日本の「明るいシンボル」と言えるのではないだろうか。

(文、撮影・平澤寿康)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中