ミレニアル世代は大好き、でも“今の子ども”は嫌うブランド17

Z世代

Z世代はアバクロンビーではなくナイキを選ぶ。

Sophia Grace/YouTube

  • ミレニアル世代はラルフ・ローレンやアバクロンビー、ホリスターなどのプレッピー系ブランドが大好き。またフェイスブックに多くの時間を費やす。
  • 一方、Z世代はファストファッションとアスレジャーを好む。フェイスブックを捨て、スナップチャットやインスタグラムを使っている。
  • ミレニアル世代が10代の頃に大人気だったが、今の若者のハートをつかめない17のブランドを見てみよう。

ショッピングモールに行くと、ミレニアル世代はラルフ・ローレンやアバクロンビーといったプレッピー系ブランドに足が向く

だが、今の10代はストリート系、アスレジャー、ファストファッションが大好き。Z世代の買い物かごはナイキ、アディダス、フォーエバー21でいっぱい。

投資銀行パイパー・ジャフレー(Piper Jaffray)が半年ごとに発表するアメリカの10代の消費動向調査「Taking Stock of Teens」と、若者を対象とした調査会社Ypulseのブランド・トラッキング担当バイス・プレジデント、ボビー・カライズ(Bobby Calise)氏のデータを使って、Business Insiderはミレニアルが10代の頃には大人気だったが、今の子どもには避けられている17のブランドをまとめた。

靴、アパレル、テクノロジー、清涼飲料など、さまざまなブランドの名前があがっている。

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)

ラルフ・ローレン

Mike Stobe/Getty Images for USOC

Z世代の傾向:Z世代はストリート系ファッションに移行している。ラルフ・ローレンは、2000~2017年にかけて、10代の少年が選ぶお気に入りのファッションブランド・トップ10に入っていた。だが、2018年はトップ10に入らなかった。

クロックス(Crocs)

クロックス

Cate Gillon/Getty Images

Z世代の傾向Ypulseが継続して調査している160超のブランドの中でも、クロックスは特にZ世代への影響力がないとYpulseのカイラズ氏は語った。クロックスのピークは2007年、世代を超えた人気を集めた。

フェイスブック(Facebook)

自撮り

Avery Morrison/YouTube

Z世代の傾向:スナップチャットとインスタグラムが10代のお気に入りのSNSになりつつある。2018年、フェイスブックをお気に入りのSNSと答えた10代はわずか8%、一方、スナップチャットは45%、インスタグラムは26%となった。

スティーブ・マデン(Steve Madden)

スティーブ・マデン

Flickr / Orin Zebest

Z世代の傾向:スティーブ・マデンは高いヒールと厚底サンダルで知られている。何年間も10代の少女のお気に入りブランドに選ばれ、2007年には高所得層の少女の間で2番目に好まれたブランドとなった。

現在、女性の靴はヒールからスニーカーへと人気が移り、ナイキやアディダスといったスポーティーなブランドが10代では主流となっている。

デル(Dell)

デル

Jonathan Weiss/Shutterstock

Z世代の傾向:YPulseの調査で、デルは“人気”ブランドと答えた10代の若者はわずか8%、一方、アップルは61%だった。カライズ氏は、デルはデスクトップPCやノートPCに特化しているため、スマートフォンがメインの10代の間ではテクノロジー企業としての地位を失っていると語った。

バインヤード・バインズ(Vineyard Vines)

バインヤード・バインズ

Vineyard Vines/Facebook

Z世代の傾向:ミレニアル世代が10代だった1990年代後半から2000年代は、プレッピー系ファッションが大人気だった。だが、パイパー・ジャフレーによると、今、Z世代はシュプリーム(Supreme)のようなストリート系ファッションが好み。

プーマ(Puma)

プーマ

Ralph Orlowski/Getty Images

Z世代の傾向:プーマは2000年代後半、10代が選ぶシューズ・ブランドのトップ5に入っていた。Z世代にはスニーカーやストリート系ブランドが人気だが、プーマは2018年の調査でヴァンズ(Vans)やアディダスに負けた(ただし同社はリアーナやカイリー・ジェナーなどのセレブを使ったマーケティングを展開、人気を取り戻すかもしれない)。

UGG(アグ)

UGG

Wikimedia Commons

Z世代の傾向:2000年代、愛すべき嫌われ者となっていたUGG(アグ)は、もはや今の10代のレーダーには入らない。2008~2013年、10代のお気に入りシューズ・ブランドのトップ5に入っていたのだが。

Z世代には、Z世代用のかっこ悪い靴が人気。そう「ダッドスニーカー」だ。

関連記事:おやじ=かっこいい? メンズウェア最新のトレンドは「お父さんスタイル」

ホリスター(Hollister)

ホリスター

Mary Altaffer/AP

Z世代の傾向:ホリスターは2000年代のほとんど、高所得層の若者の間でトップブランドとなっていた。だが2018年、最も人気のブランドはナイキ、そしてアメリカンイーグル、アディダスが続いた。

つまりZ世代は、ホリスターの定番のロゴ入りTシャツ、ポロシャツ、ジーンズよりもアスレジャーファッションが好み。

パンドラ(Pandora)

映像を見る少女

Bryan Bedder/Getty Images for Skullcandy

Z世代の傾向コンサルティング会社フルエント(Fluent)の調査によると、パンドラの有料サービスを使っているミレニアルは約10%、一方、Z世代はわずか6%。

Z世代は他のどの世代よりも、アップルミュージック(Apple Music)やスポティファイ(Spotify)、ユーチューブ・レッド(YouTube Red)を好む。

スペリートップサイダー(Sperry Top-Sider)

スペリートップサイダー

skyforce95/YouTube

Z世代の傾向2010年代始めには、Z世代やミレニアル世代もスペリートップサイダーを愛用していた。だが今ではスニーカーが快適で頼りになる1足となっている。

ティファニー(Tiffany & Co)

ティファニー

AP Images/Paul Sakuma

Z世代の傾向:Z世代は実用的で質素なものを好む。この性質がZ世代をティファニーから遠ざけている。10代の目にティファニーは「ゴテゴテ」しすぎと映っているようだ

一方、180年年以上の歴史を持つティファニーはEコマースに進出、Z世代ではなく、ミレニアル世代をターゲットにしている。

ヴェラ・ブラッドリー(Vera Bradley)

ヴェラブラッドリー

Michael Conroy/AP

Z世代の傾向:ミレニアル世代が10代の頃、キルティングのハンドバッグとリュックを展開するヴェラ・ブラッドリーにとって、ミレニアルは主要顧客だった。

だが今の10代は、マイケル・コース(Michael Kors)とグッチ(Gucci)をお気に入りのハンドバッグ・ブランドとしてあげる。

スケッチャーズ(Skechers)

スケッチャーズ

Mari Bandz/YouTube

Z世代の傾向:YPulseによると、10代の間でのスケッチャーズのブランド認知度は90%以上だったが、クールだと思う10代は20%以下だった。

「スケッチャーズはファッションの『無人地帯』に陥っている。10代にとってクラシックでもなければ、新しくもない」とカライズ氏は語った。

ギャップ(Gap)

ギャップ

Justin Sullivan/Getty Images

Z世代の傾向:ギャップは1990年代から2000年代にかけて、10代のミレニアル世代に大人気のブランドだった。だが今は勢いを失っているとカライズ氏。

YPulseの調査では、ギャップを買うつもりと答えた10代は39%、Z世代には、アメリカンイーグルのような若い世代をターゲットにしたブランドやフォーエバー21のようなファストファッションが人気

アバクロンビー(Abercrombie)

アバクロンビー

Hannes Magerstaedt/Getty Images

Z世代の傾向:アバクロンビーの売り上げは2018年、5年ぶりに上昇した。かつて10代に大人気だったアバクロンビーに、1990年代から2000年代にかけての面影はない。

10代の好みが、プレッピー系ファッションからストリート系ファッションに移行したことが主な原因だが、アバクロンビーの方針社会的責任を重視するZ世代を遠ざけたのかもしれない。

レッドブル(Red Bull)

レッドブル

Kristian Dowling/Getty Images

Z世代の傾向:YPulseによると、レッドブルを買うと答えたZ世代は20%、一方、ゲータレード(Gatorade)を買うと答えたZ世代は69%だった。

カライズ氏は、10代の関心は全般的に健康的な食品に向いており、清涼飲料市場ではコンブチャ、ココナッツウオーター、コールドブリューコーヒーなどが伸びてきていると考えている。

[原文:17 brands millennials loved that 'kids these days' avoid

(翻訳:R. Yamaguchi、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中