「キャリア史上、最も困難かつ最も辛い年」テスラのCEOイーロン・マスク氏、苦しい胸の内を明かす

イーロン・マスク氏

Joe Skipper / Reuters

  • ニューヨーク・タイムズのインタビューに応じたテスラのCEOイーロン・マスク氏は、自身と自身の会社を取り巻く最近の"混乱"について語った。
  • マスク氏は、自身の過密スケジュールやテスラ初の大衆市場向け電気自動車モデル3の量産の苦労、自身のテスラの非公開化発言の影響について、自らの言葉で語った。
  • ニューヨーク・タイムズによると、インタビューの途中で感情的になったマスク氏は「のどを詰まらせた」と言う。同氏は「わたしのキャリア史上、最も困難かつ最も辛い年だ」と語った。

テスラのCEOイーロン・マスク氏はこの1年を振り返り、「わたしのキャリア史上、最も困難かつ最も辛い年だ」と語った。ニューヨーク・タイムズが16日夜(現地時間)に伝えた。

マスク氏は、全てのことにフルスピードぶつかってきたと言う —— そしてテスラ初のマス・マーケット向けのモデル3の生産とともに、ビジネス、プライベート両面での多くの義務が同氏の健康に悪影響を及ぼし始めたと語った。「実際、あまり調子が良くないんだ。心から心配してくれる友人たちが様子を見に来てくれている」

「工場を3、4日離れないこともあった —— 全く外に出ない日がね 」。マスク氏はニューヨーク・タイムズに語った。「おかげで子どもたちにも会えず、友人にも会えなかった」

向こう見ずで型破りなリーダーシップで知られるマスク氏だが、後悔をしたり、内省的な一面もある。最近の自身の振る舞いが会社や取締役会、株主にとって頭痛の種になっていることも認識している。

厳しい表情を浮かべるイーロン・マスク氏

Max Whittaker / Getty Images

直近では、テスラの非公開化に関するマスク氏の発言がその1つだ。全ては8月7日のツイートに始まり、2週間弱が経った今、アメリカ証券取引委員会(SEC)による調査が進み、テスラの取締役会の一部が弁護士を立て、複数の株主が訴訟を申し立てている。

問題の原因の一部はマスク氏のツイッターにある —— テスラの非公開化について「資金は確保した」とし、1株あたり420ドルと当時の株価に約20%を上乗せした買い取り価格を示した。

ソーシャルメディアでなぜこのようなセンシティブな情報を発信したのか、マスク氏の動機に対する疑問が生じた。

それ以来、マスク氏は非公開化について、自身のツイートは株主に対する透明性を確保したいとの誠実な思いからであったことを含め、フォローアップの説明をしてきた。非公開化に必要な資金を「確保した」と述べたのは、サウジアラビアの投資家に資金を提供するつもりがあると信じていたからだと言う。

反響は早く、大きかった。そして、テスラの取締役の一部は自身の身を守ろうと、弁護士を立てていると報じられている

働き過ぎ、短気、睡眠不足

テスラの工場

Benjamin Zhang/Business Insider

この2週間弱の出来事は、マスク氏の中でゆっくりと膨らんできた不安の結果だ。ここ数カ月、同氏はソーシャルメディアで気に入らないアナリストや批評家、テスラについて書いたジャーナリストたちを激しく攻撃してきた。

ニューヨーク・タイムズのインタビューでマスク氏は、膨大な仕事量と睡眠不足による苦しみに再び言及した。「眠るのをあきらめるか、(睡眠導入薬の)アンビエンを飲むかのどちらかだ」

同紙が引用した匿名の情報元によると、テスラの取締役の一部はこうしたマスク氏の状態に懸念を示している。なぜなら、睡眠導入薬はときに睡眠ではなく「深夜のツイッターセッション」へ同氏を導くためだという。

この問題は、マスク氏の副司令官を見つけようというテスラ内の動きにつながったと報じられているが、そのような計画については何も知らないとマスク氏は述べている。

テスラが取締役会名義でニューヨーク・タイムズに出した声明文で、同社は取締役会の話し合いに関する「誤った、無責任な噂」を批判した。

「我々は、イーロンのテスラに対するコミットメントと献身は明白であることを明確にしておきたい」

そしてこう続けた。

「過去15年にわたって、イーロンのテスラ・チームにおけるリーダーシップは、テスラを小さなスタートアップから、顧客に愛される数十万台の車を道へ送り出し、世界各地で数万人を雇用し、その過程で大きな株主価値を生み出すまでに成長させてきた」

※テスラの最新の株価情報はこちら

[原文:'The most difficult and painful year of my career': Tesla CEO Elon Musk opens up about personal and professional struggles in revealing interview]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中