[更新]Netflixが国内「料金値上げ」最大350円、動画の巨人が「強気」な理由

netflix01

8月23日、ネットフリックス日本法人は、日本でのサービス価格の値上げを発表した。値上げ額は下記の表の通り。3つ存在するすべての料金プランについて、150円から350円の値上げとなる。

23日早朝の段階で、すでにネットフリックスの新規加入に関するサイトの価格は、新価格に置き換わっている。利用者への請求に関しては、「メールやサービス上での告知がなされて、次の支払いから」(同社広報)適用される。つまり、実質的に9月の支払いより値上げ、ということになる。

ネットフリックスの新料金

新料金

ネットフリックスのWebサイト上の料金プラン。新料金表示に変わっている。

値上げ理由は「オリジナルコンテンツ注力」

office

世界各地からプレス関係者を招き、2018年3月に開催された、同社の経営方針や技術を説明する「Netflix Labs Day」の際の本社前。

ネットフリックスは2015年秋に日本市場に参入してきた。以来、料金プランの値上げはなく、今回が初めての値上げとなる。

ただし、海外では五月雨式に値上げを行ってきた。アメリカでは2017年10月に値上げされ、現在の価格は、7.99ドル/10.99ドル/13.99ドルの3種類となっている。

ネットフリックス広報は値上げの理由について、「オリジナルコンテンツやイノベーション、字幕や吹き替えなどのローカライゼーションに投資するため」としている。同社は各国毎の契約者数やその伸びを公表していないが、「日本国内の契約者数の伸びは加速している。今回の値上げは契約状況とは無関係」とも話す。

graph01

ネットフリックスは2018年の売上高予想を150億ドルとしている。

ネットフリックスはオリジナルコンテンツに積極的な投資をしていることで知られている。2018年の投資額は諸説あるが、少なくとも、3月に同社が説明した段階では「80億ドル」(約8835億円)だった。制作費の規模はオリジナルコンテンツの質を担保する重要な指針であるものの、売上高116億9000万ドル(約1兆2909億円、2017年)の企業にとって、財務上のインパクトは決して小さいものではない。

“値上げはコンテンツ制作や技術インフラ開発の負荷を下げるのが目的”という同社の説明はおそらく事実だろう。7月に発表された2018年第2四半期決算にて、会員数増加が「予想未達」となったが、原因は主にアメリカ国内での会員数増加が減速したことによるものだ。アメリカではすでに会員数が5500万人を超え、増加余力がそもそも小さい。グローバルでの会員数は四半期毎に450万人から500万人ずつ増えており、増加ペースそのものは落ちていない。増加を背景に収益基盤の強化を考えるのも当然だ。

「CM動画導入」は誤解、しかし「レコメンド動画」は強化

DSC04159

一方、いくつかのウェブメディアでは「ネットフリックスが動画に広告の導入を検討している」と伝えられている。

しかし、これは正しくないようだ。ネットフリックス広報は、「導入を検討しているのは、あくまでネットフリックス内のコンテンツをおすすめする動画の再生であり、いわゆる広告動画ではない。CMのような広告動画を導入しない、という方針に変化はない」と話す。

現在、同社が「動画の再生終了後、おすすめしたい動画のプレビューを再生する」機能のテストを進めているのは事実であるようで、これは日本でも「再生された」というユーザーが出始めている。ただし、この機能はあくまで「一部のアカウント向けにテスト中」の状況で、「正式に機能として導入することが決まっているわけではない」(ネットフリックス広報)と言う。

ネットフリックスのビジネスモデルは「コンテンツで顧客の興味をつなげ、契約をできる限り長期のものにする」ことにある。見るものがなくなった、と思われると解約につながるので、こうしたレコメンデーション系機能の導入に積極的なのだ。

KDDIとのバンドル料金はどうなる?

DSC04167

なお、ネットフリックスはKDDIと提携し、通信費とサービス利用料をバンドルした「auフラットプラン25 ネットフリックスパック」を発表済みで、近日中にサービスを開始すると見られている。こちらについてKDDIは、「2018年中は値上げしないこと」「2018年中に加入すれば、旧価格で利用できる」と発表した。

2019年1月以降、ネットフリックス側の値上げに合わせた価格改定を行う。最低利用額は、通信料金込みで「月額5500円」だったが、ネットフリックスのベーシックプランが150円値上げされていることにあわせ「月額5650円」になる。ただし前述のように、2018年中に契約した場合、旧価格である「月額5500円」のまま使い続けることができる。

なお、同プランにはネットフリックスの「ベーシックプラン」がバンドルされるが、それを「スタンダードプラン」「ベーシックプラン」に切り替える場合には、「月額400円(旧価格は月額300円)」「月額1000円(旧価格は月額800円)」の追加が必要になる。

編集部より:KDDIの新料金プランの対応状況をアップデートしました。2018年8月23日 18:10)

(文・西田宗千佳)


西田宗千佳:フリージャーナリスト。得意ジャンルはパソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主な著書に『ポケモンGOは終わらない』『ソニー復興の劇薬』『ネットフリックスの時代』『iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏』など 。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み