無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカ人が考える、最も偏向した/公平なニュースメディア・ランキング

ジム・アコスタ記者

CNNのホワイトハウス担当、ジム・アコスタ(Jim Acosta)記者はしばしば、トランプ大統領やその支持者のメディア攻撃の標的にされている。

Screenshot/CNN

  • 世論調査などを手掛けるギャラップ(Gallup)とナイト財団(Knight Foundation)の調査によると、アメリカ人は自らが日々接触しているニュースの大半が、不正確かつ偏向していると考えている。
  • 共和党支持者は、Foxニュースとウォール・ストリート・ジャーナルのみが偏向していないと考えているが、民主党支持者は主要メディアの多くが偏向していないと感じている。
  • 全体として、回答者が最も偏向していないと考えているメディアは、PBSとAP通信だった。

世論調査などを手掛けるギャラップとナイト財団の調査によると、アメリカ人はテレビや新聞、ラジオで日々接触するニュースの62%が偏向していると考えている。

調査回答者は、報道機関が伝えるニュースの44%、ソーシャルメディア上のニュースの64%が不正確だと信じているという。そして、80%以上の回答者が偏った情報に触れることに怒りや煩わしさを感じ、90%以上が不正確な情報に対して同様のストレスを感じている。

ニュースメディアを評価するにあたって、回答者は情報の偏りと不正確さを密接に関連付けていたことが分かった。つまり彼らにとっては、偏向していると感じられるニュースメディアは、不正確でもあるということだ。

しかし、「偏向」や「不正確」の捉え方は、回答者の政治的信念によって異なる。これは特にFoxニュース、ブライトバート・ニュース、CNN、MSNBCで顕著だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み