経済制裁をすり抜けてミサイル開発資金を確保する北朝鮮

北朝鮮指導者の金正恩氏

北朝鮮指導者の金正恩氏

Reuters/KCNA KCNA

北朝鮮は厳しい制裁を受けながらも、数十年にわたり、核兵器や弾道ミサイルといった高価な軍事兵器の開発を推し進めてきた。

数年内に完成するとも言われる大陸間弾道ミサイルは迎撃が困難で、周辺国はもちろん、アメリカにとっても大きな不安材料となる。

これまで、国連や中国、アメリカといったキープレイヤーたちが継続的に制裁を承認してきたが、北朝鮮の姿勢に変化は見られない。

核弾頭やミサイルの開発技術と同じく、経済制裁を回避する北朝鮮の手腕もまた「規模、精度、洗練度」において、大きく向上していると、国連報告書には記載されている。また同報告書は、北朝鮮への制裁が「不十分で、あまり意味がない」と指摘している。

専門家によると、中国など一部の国は、北朝鮮との公式な貿易もしくは金正恩体制の繁栄を望まないまでも、体制の崩壊は回避したいと考えている。また、その他の国々は、フロント企業の複雑なネットワークや北朝鮮の巧妙な手腕によって欺かれている。

偽旗作戦

北朝鮮のイベント

2013年、朝鮮戦争の休戦合意から60年を祝い、国旗を手にパレードを行う北朝鮮の人々

REUTERS/Jason Lee

北朝鮮がミサイルの部品を海上輸送する方法の一つに、「偽の旗」を使うというものがある。

兵器や軍事転用可能な物資を北朝鮮と取引することは禁止されている。しかし昨年の8月、北朝鮮籍の貨物船がエジプトでだ捕され、約3万発のロケット弾と大量の鉄鉱石が押収された。この時、貨物船にはカンボジア国旗が掲揚されていたという。

中国製の兵器を購入する資力がないアジアの国々に、北朝鮮は安価で手に入りやすい武器を提供している。

そういった国々、例えばマレーシアなどは、輸送船を検閲し軍事転用可能な民間用物資を押収の上、捜査する権限があったとしても、貴重なパートナーとなりうる北朝鮮を深追いすることは出来ない。当局は偽旗に疑念を抱いても、その足取りを追うことはできずにいる。

北朝鮮

Flickr/Matt Paish

違法な資金を得るには、それを実際に移動させなくてはならない。厳しい経済制裁下で北朝鮮がミサイル開発を行うには、大量の資金を秘密裏に移動させる必要がある。

国連の報告書によると、北朝鮮は「軍事兵器などを含む物資、人員、資金の国境をまたいだ輸送のため、訓練された仲介役を使うことで、不透明な資産を作り出している」という。

また国連は、北朝鮮は他国籍の仲介者から、さまざまなレベルの協力を受けていると報告しており、脅迫を受けている仲介者が存在する可能性もあるという。

北朝鮮は、ほとんど痕跡を残さずに本国へ送金が可能な海外の銀行口座や、自国の工作員が在籍するフロント企業を数多く所有している。もし送金が難しくなった場合でも、北朝鮮はすでに大量の外貨を国内に保有している。

また、最も注意を払っているはずの国でも、北朝鮮にだまされる場合がある。

Arms Control Wonkとロイター通信社による最近の共同報告書によると、北朝鮮は偽の住所と偽の個人名を使い外国政府を欺き、それらの国を知らぬ間に違法な交易に導き入れることがあるという。特に、言語が同じ韓国人を偽装するケースが多い。本来、北朝鮮の英語呼称は「Democratic People’s Republic of Korea」だが、国名を「Korean Republic」と表記し、韓国の英語呼称である「Republic of Korea」と混同しやい表記を用いる場合や、平壌市を「PY City」と表記するなどの手口があるという。

取引をする際に気を配っていなければ、異なる「Korea」と取引を行い、そうとは知らずに金正恩体制に貢献してしまうこともあり得るという。

資金の使い道

北朝鮮のプール

北朝鮮に建設されたプール施設

KCNA/Reuters

制裁をかいくぐって得た資金は、高価なミサイル計画や、派手なパーティー、金正恩委員長とその取り巻きの豪邸などに費やされているようだ。一方で、大量の食料を北朝鮮に配給しているWFP(国連世界食糧計画)は、国民の70%が食料不足に陥っていると試算している。

北朝鮮は、2012年に約13億ドル(約1417億円)をロケット開発計画につぎ込んでいる。金正恩委員長はまた、日々の豪華な食事別荘、そして専用の空港にも多額の資金を投入しており、韓国の国会議員であるユン・サンヒョン氏は、北朝鮮は2013年に、6億4400万ドル相当の贅沢品を輸入したと指摘した。

金正恩委員長の父親である故・金正日氏は、国家予算の20%をオメガの時計や、マーテルの高級コニャックに費やしたといわれている。

北朝鮮は制裁をすり抜け、世界で最も孤立した体制を維持し続けている。

[原文:How North Korea pays for a nuclear program and lavish parties while under the tightest sanctions on earth

(翻訳:忍足亜輝)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい