1機500億円、世界最大&最も高価な旅客機エティハド航空のA380に乗ってみた

エティハド航空のエアバスA380

エティハド航空初のエアバスA380。

AP

  • エアバス(Airbus)A380スーパージャンボは、史上最大の民間航空機。
  • A380はかつて、空の旅に革命を起こすと考えられていた。
  • だが、これまでに販売された331機のエアバス・スーパージャンボが果たすのは、大混雑エリアでのフライトという、よりニッチな役割。
  • A380の初飛行は2005年、就航は2007年。
  • 先日、エティハド航空(Etihad Airways)のA380のツアーに参加する機会を得た。

総2階建てのエアバスA380は航空史上、最も印象的で、最も議論を呼ぶ飛行機。そして、世界最大の旅客機であり、テクノロジーが生み出した奇跡であることは間違いない。

エアバスは30年ほど前にA380の構想を描いた。空の旅に革命を起こすような飛行機であり、乗客にはかつてない贅沢さを、航空会社には大きな収益をもたらすものだった。

だが、エアバスが望むようには進まなかった。A380は世界の航空会社の主力機にはならず、利用者数の多い空港や混雑の問題を抱えるマーケットでのニッチな役割に陥落した。

2000年代はじめ以降、エアバスが苦戦してセールスしたA380は300機を超えた程度。うち半数以上はドバイのエミレーツ航空が占めた。

ティール・グループ(Teal Group)のアナリスト、リチャード・アボウラフィア(Richard Aboulafia)氏のような人物の中には、A380をエアバス史上、最大の失敗とまで呼ぶ人もいる。

アボウラフィア氏によると、A380は実際には存在しないマーケット向けに設計された、残念な飛行機。結局、エアバスがA380の開発に投じた250億ドル(約2兆8000億円)は他の優れた機の開発 ── ボーイングの次世代機777Xのライバル機、あるいは老朽化している757のリプレース機などに生かされることになったと同氏はBusiness Insiderに語った。

A380が直面している課題にかかわらず、A380が依然として印象的な飛行機であることに変わりはない。A380はエアバスの最も高価な旅客機で定価は4億4560万ドル(約500億円)。2番目に高価なA350-1000と比べると7900万ドル(約89億円)以上高い。

ボーイングの機体と比べると747-8より約4300万ドル(約48億円)、次世代機の777-9より1980万ドル(約22億円)高い。

Business Insiderは先日、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港でエティハド航空のA380を見学する機会を得た。

エティハド航空のエアバスA380を見てみよう。

A380の初飛行は2005年。

離陸するエアバスA380

Getty Images


2007年、就航前のシンガポール航空の機体。

シンガポール航空A380

Singapore Airlines


その後、エミレーツ航空、

エミレーツ航空A380

Emirates


ルフトハンザ航空、

ルフトハンザ航空A380

Lufthansa


ブリティッシュ・エアウェイズ、

ブリティッシュ・エアウェイズA380

AP




中国南方航空、

中国南方航空A380

Airbus


エール・フランス、

エール・フランスA380

Airbus


大韓航空、

大韓航空A380

AP/Airbus, C. Brinkmann


そして、カンタス航空で就航。

カンタス航空A380

Qantas


エティハド航空では2014年12月、1機目のA380が就航。現在、10機を運航している。

エティハド航空A380

Hollis Johnson


我々が見学したA6-APAは、まさにその1機目のA380だった。

エティハド航空A380:1機目の機体

Hollis Johnson


A6-APAの引き渡しセレモニー。全長約73メートル、全高約24メートル、翼幅約80メートル。巨大。

A6-APAの引き渡しセレモニー

AP


実際、A380はその巨大さのため、機内食を積み込むトラックにも特別なカスタマイズが必要。

機内食を積み込むトラック

Hollis Johnson


後方のトラックにも。

機内食を積み込むトラック

Hollis Johnson


機体の下には素晴らしいランディング・ギア。5脚に合計22個もの車輪が付いている。

A380のランディング・ギア

Hollis Johnson


エンジンは、エンジン・アライアンス(Engine Alliance)のターボファンエンジン「GP7200」4基。エンジン・アライアンスは、プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)とGEのジョイント・ベンチャー。

A380:エンジン・アライアンスのターボファン・エンジン「GP7200」

Hollis Johnson


ロールスロイスのエンジン「トレント900(Trent 900)」を選ぶ航空会社もある。

ロールス・ロイスのエンジン「トレント900」を搭載したA380

Hollis Johnson


乗ってみよう。

エティハド航空のA380

Hollis Johnson


1階はすべてエコノミー・クラス。

エティハド航空のA380:エコノミー・クラス

Hollis Johnson


エコノミークラスは415席。シートの横幅は約45センチメートル、シート間隔は約79センチメートル。

エティハド航空のA380:エコノミー・クラスのシート

Hollis Johnson


最近、11インチのタッチスクリーン付きシートにアップデート。仮に2階もすべてエコノミー・シートにすれば、一度に800人以上を乗せることができる。

エティハド航空のA380:11インチのタッチスクリーン付きシート

Hollis Johnson


らせん階段で、1階メインデッキから2階へ。

エティハド航空のA380:らせん階段

Hollis Johnson


階段を上がっていくと、

A380のらせん階段

Hollis Johnson


ビジネス・クラス。

エティハド航空のA380:ビジネス・クラス

Hollis Johnson


ビジネス・クラスは70席。シート間隔は約1.85メートル。ボタン1つでフラットなベッドになる。

エティハド航空のA380:ビジネス・クラス

Hollis Johnson


各シートには18.5インチのエンターテイメント・ディスプレイ。

エティハド航空のA380:ビジネスクラスの18.5インチディスプレイ。

Hollis Johnson


2階アッパー・デッキの前方に向かうと、

A380のアッパー・デッキの通路

Hollis Johnson


ファーストクラスのラウンジ。エティハド航空によると、ラグジュアリーなホテルのラウンジをイメージしている。搭乗客同士が交流したり、スポーツの生中継を観戦できる。

エックス航空のA380:プレミアム・キャビンのラウンジ

Hollis Johnson


飲み物や軽食も充実。

エティハド航空のA380:ファーストクラスのドリンクやスナック

Hollis Johnson


エミレーツ航空のA380はアッパーデッキ後部にラウンジがある。一方、大韓航空のA380は前後にカクテルラウンジを設けている。

エミレーツ航空のA380:ファーストクラスのラウンジ

REUTERS/Fabian Bimmer


ラウンジの先にはエティハド航空が誇るファースト・クラス「ファースト・アパートメント」。

「ジ・アパートメント」席のドア

Hollis Johnson


各機に8つの「アパートメント」スイート。

エティハド航空のA380:アパートメント・スイート

Hollis Johnson


広さは約4.2平方メートル。

エティハド航空のA380:ファースト・スイートの内部

Hollis Johnson


アームチェアと、

ジ・アパートメントのシート

Hollis Johnson


約2メートルのベッドになる長椅子。ディスプレイは24インチ。

エティハド航空のA380:ファースト・スイートの内部

Hollis Johnson


大きな鏡に、

ジ・アパートメントのバニティ・ミラー

Hollis Johnson


スライディングドアを閉じれば、よりプライベートな空間になる。

エティハド航空のA380:ファースト・スイートのスライディングドア

Hollis Johnson


アッパーデッキ前方にあるシャワーも使える。

エティハド航空のA380:アッパーデッキにあるシャワー

Hollis Johnson


だがエティハド航空には他社のA380とは一線を画する、さらに特別なシートがある。「ザ・レジデンス」だ。各機に1つのみ。価格はニューヨーク-アブダビの往復で4万ドル(約440万円)以上。

エティハド航空のA380:ザ・レジデンス

Hollis Johnson


なぜ、そこまで高価なのか? ザ・レジデンスはいわば、飛行機の中にある約12平方メートルのもう1つの家だから。リビングルームと、

エティハド航空のA380:ザ・レジデンスのリビングルーム

Hollis Johnson


シャワー付きの専用バスルーム、

エティハド航空のA380:ザ・レジデンスのシャワー付き専用バスルーム

Hollis Johnson


そして、ベッドルームにはダブル・ベッド。

エティハド航空のA380:ザ・レジデンスのベッドルーム

Hollis Johnson


ディスプレイは27インチ。リビングには32インチのディスプレイ。

エティハド航空のA380:ザ・レジデンスのベッドルームの27インチディスプレイ

Hollis Johnson


ザ・レジデンスの搭乗客にはフライト中、専属の執事がサービスを提供する。さらに空港のプライベート・ラウンジも利用できる。

エティハド航空のA380:空港のプライベート・ラウンジ

Hollis Johnson


コックピット。

エティハド航空のA380:コックピット

Hollis Johnson


最新式のコックピットには、フランスの大手企業タレス・グループ(Thales Group)の高解像度液晶ディスプレーが8つ。

エティハド航空のA380:コックピット

Hollis Johnson


驚くべきことに、巨大なA380の操縦に必要なパイロットは2人のみ。

エティハド航空のA380:コックピット

Hollis Johnson


スロットル。

エティハド航空のA380:コックピットのスロットル

Hollis Johnson


エアバスの他の新鋭機と同様、A380の操縦桿はサイドスティック方式。伝統的な操縦桿ではない。

エティハド航空のA380:サイドスティック方式の操縦桿

Hollis Johnson


見学終了、良い旅を!

エティハド航空のA380

Hollis Johnson



[原文:The $446 million Airbus A380 is the largest and most expensive airliner in the world. Take a look inside.

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中