無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


戦略変更! J.クルー、低価格ブランドをアマゾンで販売

アマゾンのページ

「J.クルー・マーカンタイル」は、アマゾンで購入可能。

Amazon

  • J.クルーの低価格ブランド「J.クルー・マーカンタイル(J.Crew Mercantile)」の服が、アマゾン(Amazon)で買えるようになった。
  • この新たな提携は、J.クルーにとって大きな戦略の転換だ。J.クルーの新CEOは、同ブランドをより手の届きやすいものにしたいと考えている。
  • マーカンタイルはもともと工場直営店で販売されていたが、その後、2015年から独自の店舗を置くようになった。

勝てないなら、手を組んでしまえ —— 。

アメリカのファッションブランド、J.クルーは5日(現地時間)、これまでの考えを変え、アマゾンでの商品販売を開始した

アマゾンにできたJ.クルーのページには、同社の低価格ブランド「J.クルー・マーカンタイル」のアイテムが掲載されている。マーカンタイルはもともと工場直営店で販売されていたが、その後、2015年から独自の店舗を置くようになった。アマゾンのページでは、12.5ドル(約1400円)の女性用のTシャツから45ドル(約5000円)の男性用のシャツまで、さまざまなアイテムを取り扱っている。

このニュースに驚いた人もいただろう。J.クルーのCEOを長きにわたって務めてきたミッキー・ドレクスラー(Mickey Drexler)前CEOはかつて、アマゾンでは絶対に商品を売らないと発言していたからだ。

「第一に、彼らは顧客を持っている」

ドレクスラー氏は2017年、ニューヨーク・タイムズ社のディールブック(DealBook)のカンファレンスで述べた。その上で、アマゾンは「売れ行きの良いものを全て集めて、それを自身のプライベートブランドの1つにしてしまう」と語った。ウォール・ストリート・ジャーナルが5日に報じた

また、ドレクスラー氏はこのとき、J.クルーが一時、アマゾンによる買収を模索していたが、合意には至らなかったとも発言している

しかし、アマゾンとのパートナーシップは、J.クルーの新CEOジム・ブレット(Jim Brett)氏の戦略と、同氏のブランドをもっと手の届きやすいものしたいとの考えにうまく合致した。J.クルーは、ドレクスラー氏と長きにわたって同社のクリエイティブ・ディレクターを務めてきたジェナ・ライオンズ(Jenna Lyons)氏のリーダーシップの下、手の届かない、実用的でないブランドとなり、一部の顧客を遠ざけたと非難されてきた。

ブレット新CEOの戦略は効果をもたらしているようだ。J.クルーの既存店売り上げは、過去3年減少し続けていたが、直近の四半期決算で増加に転じた。8月に発表されたJ.クルーの第2四半期の既存店売り上げは、1%増だった。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、J.クルーは商品を直接アマゾンに売っていて、サイトに掲載するための写真を提供する以外、アイテムがどう保管され、どう配送されるかについては管理していない。

しかし、ブレット氏は同紙に対し、J.クルーはアマゾンと良い意味で理解を深め合っていると語っている。

「J.クルーの低価格バージョンを独自に開発している安売り専門の業者もいる。アマゾンは、こうしたコンセプトを作り出した人々に直接対応したいとしている」

Business InsiderはJ.クルーにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

CNBCが報じたモルガン・スタンレーの分析によると、2018年のアメリカのアパレル小売市場をリードするのは、アマゾンと見られている。アマゾンは2017年のアメリカのアパレル小売市場の7.9%を占めていて、ウォルマートの8.6%に次ぐ規模だ。

アマゾンでの販売を開始したことで、J.クルーはナイキ(Nike)やベスト・バイ(Best Buy)、シアーズ(Sears)、チコズ(Chico's)といった小売業者の仲間入りを果たした。だが、女性向けのアパレル、チコズに関しては、アマゾンと提携したことによる恩恵をまだ受けていないようだ。8月に発表した直近の決算で、チコズの既存店売り上げは減少した。

それでもチコズのCEOシェリー・ブローダー(Shelley Broader)氏は投資家向けの会見で、アマゾンとの協力は「うまく進んでいる」とし、新たな顧客にアクセスできるようになったと述べている。

[原文:J.Crew is the latest retailer to start selling on Amazon after saying it wouldn't (AMZN)]

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み