20代前半まで自炊経験のなかった筆者が、料理の苦手な人に送る8つのアドバイス

料理をする人

練習すれば、料理はできるようになる。

SupportPDX/Attribution License/Flickr

シングルマザーの筆者の母親にとって、"料理"と言えば、ハンバーグ・ヘルパー(編集中:乾燥玉ねぎやパン粉、調味料などが入ったハンバーグの素。ひき肉と混ぜ合わせて焼くだけで、ハンバーグができる)を混ぜて焼くか、ファストフードを買ってくるか、デリバリーを注文するかのいずれかだった。

筆者もこうした習慣を受け継ぎ、大学時代や20代前半を過ごしてきた。しかし、あるとき心の底から思った。もうたくさんだ、と。

そして、自炊を始めた。

文字が読めれば、レシピに従って作るだけなのだから、何の問題もない…… 筆者はそう思っていた。だが、実際にやってみると、料理をマスターするには、学ぶべきことが数多くあることに気付かされた。

多少のリサーチと練習を経て、筆者は今、自身を頼りになるホームシェフだと自認している。

冷凍食品に飽きた、パートナーを感心させたい、料理を自分のスキルセットの1つに加えたい…… でも、キッチンに立つと絶望的な気分になるという読者に、筆者からいくつかのアドバイスを送りたい。


1. まずは1冊もしくは2冊のベーシックな料理本から始めよう

積み重なった料理本

たくさんの料理本を揃える必要はない。

natalie's new york/Attribution License/Flickr

2. しゃれた調理道具は最低限に

調理道具

初めは基本的な道具があれば十分だ。

MSPT/Shutterstock

3. ある程度の自身がつくまでは、レシピを無視しない

料理

初心者はレシピの指示に従った方が確実だ。

Roberto Serra/Iguana Press/Getty Images

4. 良い包丁を用意するのはマスト

ナイフ各種

初めは万能包丁、パン切りナイフ、果物ナイフがあれば十分だろう。

Vista Photo/Shutterstock

5. ハーブやスパイスを揃えていこう

スパイス、ハーブ

ハーブやスパイスを使うことで、味のバリエーションが広がる。

Mei Burgin/Attibutrion License/Flickr

6. 少し多めに作って、保存しておこう

ひじきの煮物などの常備菜

料理が好きでも、毎日できるかどうかは分からない。多めに作って、保存しておくと安心だ。

maroke/Shutterstock

7. 質の良いフライパンや鍋を用意しよう

フライパン

すぐに焦げ付くような安い鍋は避けよう。初めはフライパン、スープ鍋、ソテーパン、鋳鉄のスキレットがあれば十分だろう。

Bob Peters/Attribution License/Flickr

8. イライラしない

料理をする人

誰でも失敗することはあるし、練習を重ねればうまくなる。

Rawpixel.com/Shutterstock

[原文:I taught myself how to cook — here are 8 tips if you feel hopeless in the kitchen]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み