3分でわかる新Apple Watch Series 4:過去「最大」の進化、心電図対応、大画面化で4万5800円から

Apple Watch

驚きのアップデートが満載のApple Watch Series 4。予約は9月14日開始、9月21日から全世界で順次発売。

出典:アップル

Apple Watch Series 4の販売国とキャリア

Apple Watch Series 4 LTE版の販売国とキャリア。

出典:アップル

アップルは日本時間9月13日、新製品発表会Apple Special Eventにおいて新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」を発表した。

価格はGPSモデルが税別4万5800円から、GPS+セルラーモデルが税別5万6800円から。9月14日から予約が開始される。発売は9月21日より、全世界で順次開始される。

なお、単独でLTEにつながるセルラーモデルは昨年登場したSeries 3と同様、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発売予定だ。

心電図の記録に対応、医療機関への送信も可能

Apple Watchで心電図の記録

心電図を記録している様子。

出典:アップル

Apple Watch Series 4の最大の進化ポイントは心拍関連の機能だ。Apple Watchは初代から心拍数の測定はできたが、Series 4では新たに「心電図」の記録が可能になった。

記録方法は非常に簡潔。ユーザーはApple Watchを腕に装着し、時計を付けていない方の手でデジタルクラウンを30秒程度触るだけでいいという。

心電図を医師に送信

心電図を含む計測したデータはクラウド上で暗号化した上で保持される。医師にデータを送りたい際は、ユーザーがアプリ内のボタンをタップし、PDFにして送信する必要がある。

出典:アップル

Apple Watchで得られた心電図のデータは、iPhone上で確認できるのはもちろん、異常があった際は、データを医師や医療機関に送信できる。

気になるのはその精度と日本の規制下でも利用できるかだが、同社はFDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を既に取得しており、同発表会では「世界中で利用できるようにする」と話している(日本のApple Watch製品ページでも、その機能として「電気心拍センサー」が表記されている)。

健康器具としてのスマートウォッチの地位を築くか

Apple Watchの3つの要素

同社はApple Watchが生活の必需品になる要素として「接続性」「フィットネス」「健康」を挙げている。

出典:アップル

そのほか主なアップデートは以下の通り。さまざまな機能が追加されているが、バッテリー駆動時間は最大18時間と従来モデルから変わっていない。

ケース幅は40mmと44mmに大型化。ディスプレーもそれぞれ35%、32%拡大

Apple Watch

出典;アップル


ケース幅は大きくなったが今までのバンドも使える

Apple Watchのバンド

出典:アップル


ウォッチフェイス(文字盤)は運動量やフライトの予定など様々な情報が表示可能に

Apple Watchのウォッチフェイス

出典:アップル


新しい文字盤はもちろんSeries 4の大きな画面に最適化されている

Apple Watchのウォッチフェイス

出典:アップル


竜頭であるデジタルクラウンは操作感の向上が図られている

Apple Watchのデジタルクラウン

出典:アップル


プロセッサーは「Apple S4」を搭載。2倍の処理速度を実現

Apple WatchのSoC

出典:アップル


ジャイロスコープは8倍の精度を実現

Apple Watchのモーションセンサー

出典:アップル


向上した精度を利用して、ユーザーの転倒を検知。長時間起き上がらなければ緊急連絡先に電話がつながる

Apple Watchの転倒検知

出典:アップル


スマートウォッチは従来、スマートフォンとともに使うガジェット的な側面と、スポーツをする人向けのデバイスという側面が強かった。

しかし、Apple Watch Series 4が切りひらいた「健康器具としてのウェアラブル」は、生活の質を高めるという意味で、多くの人に役立つデバイスになる可能性を秘めている。

(文・小林優多郎)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み