10歳の大坂なおみのホームビデオがまた「出てきた」、当時から常にチャンピオン?

大坂なおみ

Getty Images

  • 大坂なおみは、ホームビデオがまた「出てきた」と語った。
  • 10歳の大坂は、箸を使ったゲームに2回連続で勝った。
  • ゲームでは、大坂ともう1人が皿の上のコーヒー豆を箸を使ってマグカップに入れていく。先に全部を入れた者が勝ち。

大坂なおみは、全米オープンテニスでセリーナ・ウィリアムズを破って優勝したことで、一躍、メディアのスポットライトを集めている。

アディダスと巨額のスポンサー契約を結ぶというニュースも飛び込んできた。最も稼ぐ女性アスリートの1人となることは間違いないだろう。

大坂は優勝後にアメリカの人気番組「Today」にも出演、司会のエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)に、憧れの人は、映画「ブラックパンサー」で悪役を演じたマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)と語った。

そして最近、10歳のときに箸を使ったゲームをしているホームビデオの映像が出てきた。

ゲームでは、大坂ともう1人がテーブルに向かい合って座っている。そして、皿の上のコーヒー豆を箸を使ってマグカップに入れていく。先に全部を入れた者が勝ち。

大坂は2回とも勝った ── たぶん、彼女は常にチャンピオンとなる運命だったのだろう。

「このビデオがまた出てくるだろうとずっと思っていた。いつかは分からなかったけど」と大坂はツイートした

大坂がツイートしたビデオは以下。

「2018年の全米オープンテニスのチャンピオン、大坂なおみを知っているだろう。だが10年前、ホームビデオの中で、彼女はすでにチャンピオンだった。

警告:本当に可愛らしい」

大坂にとってセリーナ・ウィリアムズは子どもの頃からのアイドル。だが、2人が戦った決勝戦は、表彰式の間も観客がブーイングを送り、混乱したものとなった。

「少し悲しかった。観客が私にブーイングしていたのか、彼らが望んだ結果ではなかったからなのか、よく分からなかったから」と大坂は「Today」で語った

「気持ちは分かる。なぜなら私はずっとセリーナのファン。観客がどれほど彼女の勝利を望んでいたか分かっていた」

[原文:A home video of a 10-year-old Naomi Osaka has come back to 'haunt' her — but it shows she's always been a champion

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み