iPhone XRの「R」の意味は? ── たぶんアップルも知らない

iPhone XS / XS Max

iPhone XSとXS Max。

Getty

  • アップルは、新しいiPhone XSとXRの「S」と「R」の意味を説明していない。
  • アップルが名称について説明したのは2009年まで遡る。iPhone 3GSを発表した際、「3GS」の「S」は「speed」を表すと説明した。
  • だが、iPhoneのネーミング・ルールはますます複雑かつ曖昧になりつつある。著名なアップル関連のブロガー、ジョン・グラバーは、iPhone XRの「R」に特に意味はなく、ブランディングにおけるイメージ、そして単にアルファベット順で「S」の前にあるから選ばれたと考えている。

新しいiPhoneのネーミング・ルールに戸惑っている人は多いだろう。だが、iPhone XRの「R」の意味については、アップル自身も本当のところは分からないというのが最新の推測。

アップルは通常、iPhoneのネーミングに使われた文字の意味についてコメントしない。例外は「3GS」の「S」は「speed」を意味すると説明したこと。だがそれも2009年のことだ。

それ以降「S」は、デザイン変更のない、前モデルからのパフォーマンスアップを示すと理解されてきた。

またアップル情報に関する著名ブロガー、ジョン・グラバーによると、「5C」の「C」は、アップルは明確にしていないものの「color」を表すと広く考えられている。

新しいブログ投稿でグラバーは、アップル自身も正確には理解していないかもしれない、iPhone XRの「R」の意味を推測した。彼は単に、音の響きや見た目から一番良いものが選ばれたと考えた。

「これは全くの推論だが、Rに特に意味はない。iPhone XRを表現する、Rで始まる文字は思いつかない。アップルは『iPhone XR』を見た目がクール、音の響きがクールと考えたのだと思う。しかも、アルファベット順でRはSの1つ前。これはXRの製品ラインナップでのポジションを反映しているかのようだ。XRはまさにXSに対して、普及モデルとなっている」

アップルは先週、Business Insiderが新しいiPhoneのネーミングの意味について質問した際、コメントを拒否した。グラバーも同じ目に遭ったと記した。そしてアップルからネーミングに関して唯一得られた答えは「その件には、触れたくない」だった。

つまり、少なくとも現段階では、アップルは新しいiPhoneのネーミングの意味を明らかにしてくれないだろう。

グラバーはまた、「X」がアップルが発音してほしいと公式に述べたローマ数字の「テン」ではなく、「エックス」と発音されることを気にするとは思わないと語った。

「これも単なる私の推測に過ぎないが、アップルが製品のネーミングの意味を語らないのは、数百万の人が『エックス・アール』『エックス・エス』と呼ぶことを気にしていないから。1500ドルもするスマートフォンのネーミングに「excess(過剰、余分の意見)」のように聞こえる『エックス・エス』が使われていることを気にしていない。アップルは、Xは見た目がクールだと考えた。そして直感で決めた。それだけだ」

[原文:Nobody can explain what the 'R' in Apple's new iPhone XR stands for — and the latest theory is that even Apple doesn't know

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中