生産性を高めるために…… デスク周りに置いてはいけない9つのアイテム

デスク

デスク周りをきれいにしておくと、頭がすっきりし、生産性が高まるだろう。

Flickr/Matthew Pearce/Attribution license

整理整頓は、自然とできる人もいれば、そうでない人もいる。忙しすぎて掃除をする暇がないかもしれないし、多少ごちゃごちゃしている方が仕事がはかどるという人もいる。

ただ、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)に掲載されたある研究によると、散らかったデスクは生産性や仕事の効率を低下させる。

また、政治に関するアイテムや取り扱いに注意すべき情報が記載された文書など、職場のデスクに置いておくにはふさわしくないものもある。

どんなタイプの職場であれ、デスクから排除すべき9つのアイテムを紹介しよう。


1. ランチ

ランチ

生産性を維持するには、休憩を取ることも必要だ。

Daisy Daisy/Shutterstock

デスクで昼食を済ませてしまうのは、賢い選択だと考えている人もいるだろう。だが、実際は生産性を低下させる可能性がある。

2015年のNPRの記事で、カリフォルニア大学デービス校の経営大学院のキンバリー・エルスバック(Kimberly Elsbach)教授は、「創造力やイノベーションが生まれるのは、人が自身の環境を変えたときであることが分かっている。特に、自然に近い環境もしくは自然に囲まれた状況に置かれたときに生まれやすい」と述べている。

「つまり屋内の同じ場所に留まり続けるのは、クリエイティブな思考にとって本当に有害なのだ」

2. 飲み終わったコーヒーマグ

コーヒーカップ

飲み終わったコーヒーカップはすぐに片付けよう。

Jelena Danilovic/Shutterstock

3. 政治に関するアイテム

政治に関するアイテム

職場に"政治"は持ち込まない方が良さそうだ。

Sean Locke Photography/Shutterstock

「誰にでも信念や意見を持つ権利はある。しかし、あなたの政治的見解を同僚は不快に思うかもしれない」

ビジネス・コーチで起業家のユージーン・ギャンブル(Eugene Gamble)氏はBusiness Insiderに語った。

不必要な緊張や対立を生まないためにも、ギャンブル氏は職場に"政治"を持ち込まないことを勧めている。

4. 法的な書類

デスクワーク

他人の目につかないところに保管しておこう。

Jacob Lund/Shutterstock

5. 携帯電話

携帯電話

携帯電話はサイレントモードにしていても気が散るものだ。

WAYHOME studio/Shutterstock

これは、実行するのが一番難しいかもしれない。

「モバイル端末上の大半のものは、仕事を進める妨げになっている」と、リーダーシップの専門家で起業家、作家でもあるジャッジ・グラハム(Judge Graham)氏はBusiness Insiderに語った。

「自分は昔ながらの固定電話の方が好きだ! 」

グラハム氏は言う。

「仕事のみに集中できるし、携帯電話に使う時間をビジネス上の価値を生むことに使える」

Journal of the Association for Consumer Researchに掲載されたある研究によると、携帯電話の存在自体が気が散る原因になっていて、それはサイレントモードにしようと、電源をオフにしようと変わらないという。

6. お菓子

お菓子

誘惑に負けないためには、初めから置かないことが一番だ。

Boiarkina Marina/Shutterstock

健康を維持したいなら、デスクにクッキーやあめ、チョコレートを置くのは避けよう。

「仕事中、特に午後のスランプ状態のときには、自然とお菓子に手が伸びてしまうものだ」

リモートワークの情報サイト「HomeWorkingClub」の設立者ベン・テイラー(Ben Taylor)氏はBusiness Insiderに語った。

「オフィスだろうと自宅だろうと、カロリーの高いお菓子はキッチンか休憩スペースに置いておこう。そうすれば、わざわざ取りに行かなければならなくなる」

7. 履歴書

履歴書

会社を辞めようとしていると、上司に思われかねない。

Strelka Institute for Media, Architecture and Design/Flickr/Attribution License

8. 芳香剤

エアーフレッシュナー

あなたの好きな香りを、全ての人が好きなわけではない。

New Africa/Shutterstock

9. パーソナルケア製品

歯ブラシ

これらはデスクの引き出しかロッカー、もしくは自宅に置いておこう。

Morgan/Attribution License/Flickr

「引き出しに歯ブラシや鏡を入れておくのはいい。だが、毛抜きやつめ切り、デオドラント、メイク道具などは自宅に置いておこう」と、広告エージェンシーRPAのディレクター、ローラ・スモール(Laura Small)氏は言う。だらしなく見えてしまう。

[原文:9 things you should never keep at your desk]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中