カニエ・ウェストが妻に贈った株、40%上昇

キム・カーダシアン

キム・カーダシアン・ウェスト。

Charley Gallay/Getty Images for LACMA

  • キム・カーダシアン・ウェストの未来はウォール・ストリートにあるかもしれない。
  • リアリティ番組が生んだスター、キム・カーダシアンは2017年、クリスマス・プレゼントとして夫のカニエ・ウェストから5社の株を受け取った。
  • 今、5社の株は、Markets Insiderのデータによると、平均して40%上昇している。
  • 5社とは、ネットフリックス、アディダス、ディズニー、アップル、そしてアマゾン。
  • 最もパフォーマンスが良いのはネットフリックスとアマゾン、どちらも大幅に上昇した。
  • 5社の総額は分からないが、カニエ・ウェストはカーダシアンのために、アディダスとディズニーの株式をそれぞれ約10万ドル(約1100万円)相当、購入した。

キム・カーダシアン・ウェストが昨年のクリスマス、夫のカニエ・ウェストから少し変わったプレゼントを受け取ったことを覚えているだろうか。

カニエは、大手企業5社の数十万ドル相当の株をプレゼントして妻を驚かせた。5社とは、ネットフリックス、アディダス、ディズニー、アップル、アマゾン。

Markets Insiderのデータによると、記事執筆時点でそれらの株のは、平均して40%上昇している。

カニエが5社の株にいくら投資したかは分からない。だが、クリスマスにキムが投稿したインスタグラムによると、彼女はアディダスの株式を995株、ディズニーの株式を920株、受け取った。当時、どちらも約10万ドル(約1100万円)に相当した。

キム・カーダシアンとカニエ・ウェスト

キム・カーダシアンとカニエ・ウェスト。

Getty/Larry Busacca

もしカニエが他の3社についても同額を購入していたとすれば、キムの現時点の利益は18万5000ドル(約2100万円)となる。1年も経っていない、悪くない。

カニエの投資は分散投資のメリットを象徴している ── キムが受け取ったディズニーの株価は当時から2%ダウン。だが他の株がそれを十分に相殺した。

特にアマゾンとネットフリックスは際立った投資となった。それぞれ64%、84%上昇した。

株式投資アプリdabblの創業者兼CEO、Mark AckredはBusiness Insiderのに次のように語った。

「このことから我々が学ぶべき大切なことは、あなたが知っていて、大好きで、信頼できる会社の株を買うということ。値上がりしそうな株を探すのではなく。その方が最終的には良い結果をもたらす」

※敬称略

[原文:The $100,000 stocks that Kanye West bought Kim Kardashian for Christmas are up by 40%

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中