トランプ大統領、ヨーロッパの難民危機対策として、サハラ砂漠に壁を建設するようスペインに提案

砂漠を移動する移民

ピックアップ・トラックに乗ってサハラ砂漠を移動する移民(2016年5月9日、ニジェール)。

Joe Penney/Reuters

  • スペインのジョセップ・ボレル(Josep Borrell)外務大臣によると、アメリカのトランプ大統領は最近、スペイン政府に対し、難民危機に対処するためサハラ砂漠に壁を建設すべきだと提案した。
  • サハラ砂漠の全体にわたって壁を作るのはトランプ大統領が言うほど簡単ではないとスペインの外交官が返すと、トランプ大統領は「我々のメキシコとの国境よりも大きいわけじゃないだろう」と言ったという。
  • 2018年に入ってからこれまで、スペインには3万人を超える移民・難民が海路で到着していて、地中海を渡る移民の多くが目指す場所となっている。

トランプ大統領の「壁の建設」への執着は、アメリカ国内にとどまらず、海外へと広がっているようだ。

スペインのジョセップ・ボレル外務大臣によると、トランプ大統領は最近、スペイン政府に対し、難民危機に対処するためサハラ砂漠に壁を建設すべきだと提案した。

スペインでは近年、移民が急増していて、特にここ1年は、ヨーロッパでのより良い暮らしを求めて地中海を渡る、危険な旅を決行する人々が増えている。

2018年に入ってからこれまで、スペインには3万人を超える移民・難民が海路で到着していて、地中海を渡る移民の多くが目指す場所となっている。モロッコからやってくる人が最も多いが、アフリカからの流入も多い。

一方で、今年に入ってからすでに2000人近くの人々が、海を越えヨーロッパを目指す途中で命を落としている。

トランプ大統領が2016年の大統領選キャンペーン中、アメリカへの不法移民を食い止めるためにメキシコとの国境沿いに壁を建設すべきだと主張していたのは有名な話だ。そして今、これがヨーロッパでも役立つと考えているのだろう。

ボレル外相によると、スペインの外交官がサハラ砂漠に壁を作るのはトランプ大統領が言うほど簡単ではないと返すと、トランプ大統領は「サハラの国境は、我々のメキシコとの国境よりも大きいわけじゃないだろう」と言ったという。

実際、サハラ砂漠の長さは約3000マイル(約4800キロメートル)で、アメリカとメキシコの国境は約2000マイルだ。

だが、その規模の大きさ以上に、そうした壁を建設する場合、スペインには越えなければならない別のハードルがある。その大きな砂漠が広がるアフリカの国々の許可を得なければならないのだ。

トランプ大統領のこの"サハラ砂漠の壁"発言をボレル外相が明かしたのは、今週マドリードで開かれた昼食会でのことだ。ただ、トランプ大統領がいつこの発言をしたかは分かっていない。しかし、ガーディアンは、6月にホワイトハウスを訪れたフェリペ6世国王とレティシア王妃に同行したときではないかと報じている

ガーディアンがボレル外相のコメントについて、さらに詳しく尋ねたところ、スペイン外務省の広報担当は「大臣の発言内容であることは間違いありませんが、それ以上のコメントはありません」と述べた。

国境に壁を築くという自身の欲望を、トランプ大統領はどのような時も話題にせずにはいられないようだ。18日には、ペンシルベニア州にある9.11同時多発テロの記念公園フライト93 ナショナル・メモリアルを最近訪れたことで、さらなるインスピレーションを得たと述べている。

「ペンシルベニア州の飛行機の墜落した場所に、彼らはこの見事な壁を建てた。わたしはそこへ行き、スピーチをした。それは美しく、彼らの仕事は素晴らしい」

トランプ大統領は18日、Hill.TVのインタビューで語った。

「いくつもの壁があり、わたしは『完璧だ』と言ったんだ。だからこそ、我々はこれを強力に推し進めていく」

メキシコとの国境沿いに壁を作るというトランプ大統領の計画は、アメリカ議会で数多くの障害に直面している。大統領は繰り返し、壁の建設は進んでいると主張しているが、それは正確でない

[原文:Trump wants Spain to build a wall across the Sahara desert, which is in Africa, to address the European migration crisis]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中