【動画】歓声を上げるアマゾン倉庫の従業員 ── 最低賃金が時給15ドルに引き上げ

最低賃金引き上げ、喜ぶアマゾン従業員

Twitter/@davehclark


  • アマゾンは、11月1日(現地時間)から、アメリカ国内の従業員の最低賃金を時給15ドル(約1700円)に引き上げる
  • 10月2日、南カリフォルニアにある配送センターでは、ある幹部が数百人の従業員の前で変更を伝えた。
  • 動画には、配送センターの従業員が歓声を上げる様子が映っている。

アマゾンは10月2日(現地時間)、11月1日よりアメリカ国内の従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げると発表した。

同社によると、変更はパートタイムの従業員、短期雇用の従業員を含め、25万人以上の従業員が対象となる。

変更の影響は、大半が同社の配送センターに及ぶものと見られる。配送センターには、同社で最も低い待遇の職種が集中している。

同社ワールド・オペレーション担当シニア・バイス・プレジデントのデイブ・クラーク(Dave Clark)氏は2日、南カリフォルニアにある配送センターで数百人の従業員を前に、最低賃金引き上げのニュースを発表した。。

クラーク氏が同日にツイッターに投稿した動画には、従業員が歓声を上げる様子が映っている。

動画は以下

「今朝早く、LGB3のチームに最低賃金が15ドルになることを伝えた。皆、最高に喜んでいる!!!」


[原文:Watch Amazon warehouse employees go wild as news breaks of the company's new $15 minimum wage

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中