リンクトイン共同創業者リード・ホフマン、急成長を遂げて競争に勝つ秘訣

リンクトインの共同創業者が明かす、会社を急速に成長させる秘密

競合に勝つには、会社を急速に成長させなければならない。

Shutterstock

  • スタートアップは有望だがリスキー。スモールビジネスの20%はわずか1年で失敗に終わる。
  • だがベンチャー投資家でリンクトイン共同創業者のリード・ホフマン氏は、そうした古い常識を打ち破る手法を知っている。
  • ホフマン氏は新著でその手法を「ブリッツスケーリング(Blitzscaling)」と呼んだ。不確実な状況の中で、効率よりもスピードを優先させるという意味。
  • この手法は「生きるか死ぬか」の状況の中でリスクを取る必要がある。だが、競争優位を手にすることができる。

スタートアップには避けられないリスクがある ── スモールビジネスの20%は最初の年に失敗し、5年後まで生き残るのは50%のみ。

シリコンバレーのスタートアップの古き良きストーリーは、ガレージで数人の従業員で起業し、着実に成長して数百人の従業員を抱える企業になるというもの。だがこれは例外、お手本にはならない。

多くの企業がそれぞれ違った経緯をたどる。確固とした基盤を持ったスタートアップが常に競争を勝ち抜いて、一大勢力を築くとは限らない。

浮き沈みを経験する企業もあれば、長い時間をかけてゆっくり、少しずつ成長する企業もある。

ベンチャーキャピタルGreylock Partnersのパートナーでリンクトイン共同創業者のリード・ホフマン氏は、急成長を遂げる方法を知っている。急成長は、アマゾンやグーグルのような企業が存在する世界で生き残るために欠かせない。

同氏の新著「Blitzscaling: The Lightning-Fast Path to Building Massively Valuable Companies」は、企業が急速に成長し、業界で先頭に立つための戦略とテクニックをに焦点をあてた。

ホフマン氏は、彼が「ブリッツスケーリング」と呼ぶものをスタートアップが使う方法を解説したプレゼンテーション資料をBusiness Insiderに送ってくれた。

「ブリッツスケーリング」は効率よりもスピードを優先し、不確実な状況でも急速に成長し、市場で競合を打ち破るためのものだ。

見てみよう。


[原文:LinkedIn co-founder Reid Hoffman shares his secret for fast growth and getting ahead of the competition

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中