【速報】「いい仕事ができるから月へ行く」ZOZO前澤氏、月周回旅行で異例の記者会見

前澤氏

月周回旅行について会見する、ZOZO社長の前澤友作氏。自由質問の記者会見は、極めて異例だ。

撮影:今村拓馬

民間人として世界初の月周回旅行をイーロン・マスクCEO率いるスペースXと契約した、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を展開するZOZO社長の前澤友作氏。10月9日、東京・日比谷の日本外国特派員協会で、月旅行にアーティスト最大8人を招待する計画「dearMoonプロジェクト」について会見した。

「楽しい会見にしたいので楽しい質問を」

前澤氏

ヘルメットとスペースXの月周回ロケットの模型を掲げる前澤氏。

「会社の説明会でもない。個人前澤として楽しい会見にしたいので、ぜひ、楽しい質問を」と話す前澤氏は、ZOZOスーツで計測した、ZOZOのプライベートブランドで全身を包んでいることも明かした。

「月に行けばいい仕事ができると思うから、行くんです。インプットとアウトプットは比例する。インプットを増やすために、この冒険をすることにした」と、月旅行の意図を改めて語った。

海外メディアの記者からは「怖くないのか」「あなたにとってアートは」などの質問の一方、「月旅行は人類にとって素晴らしい。ただ、災害に遭った国の支援ともバランスをとってほしい」との声も上がった。

前澤氏

月周回旅行で「時の人」となった前澤氏の会見には、報道陣が詰めかけた。

撮影:今村拓馬

月周回旅行の公表によって、ZOZOのプライベートブランドで狙う世界進出への好影響もあったという。

前澤氏は「今まで、バスキア(を落札した)の前澤と知られていたのが『月の前澤』にアップデートされた。それはZOZOの前進にもつながるので、ビジネスにも生かしていきたい」と、宣伝効果についても話した。

実際、ZOZOスーツは面白いという声も寄せられているといい、海外進出について「いいスタートを切れている」と話した。

交際中の女優、剛力彩芽さんについての質問には「彼女も行きたいと言っている。チャンスはある。交際は順調です」と、にこやかに触れた。

(文・写真、滝川麻衣子)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中