ファミマ・ドンキショック!eコマースで激変の小売業界の未来が見える厳選5本

eコマースの急成長などで激変期を迎えている小売業界。「ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)がドンキホーテHDの筆頭株主に」というニュースが流れるなど再編も加速しています。Business Insider Japanが掲載した記事の中から、小売業界の未来が見える5本を選びました。

セブン&アイ、稼ぎ頭の米国事業で収益好調 —— 国内はレジ横と冷凍に勝機あり

セブン&アイのロゴ。

日本の小売業を牽引するセブン&アイ・ホールディングス。最近はコアビジネスである国内コンビニが伸び悩む一方、海外コンビニや、セブン銀行を中心とする金融関連事業の伸びが目立ちます。公表された2018年度の第2四半期決算からうかがえる戦略は。

Learn more?


丸井がLINE、KDDIを追う——金融参入で激化するモノとカネの境なきプラットフォーム競争

1万円札の札束。

金融業と他の産業との境界線が溶けつつあるなか、セブン&アイだけでなく丸井やドンキといった小売企業の参入が相次いでいます。LINEやKDDIなど異業種も交えた「バトル・ロワイアル」の構図を解説します。

Learn more?


【保存版・食品EC戦国時代】60兆円の食品市場にeコマースが次々参戦、鍵は“食品物流テック”

食品EC業界地図

「60兆円」といわれる日本の食品市場。オンライン化率はまだ2%にすぎません。広大な未開拓市場が広がる食品EC分野では、新旧のプレーヤーが入り乱れて激戦を繰り広げています。最新事情をレポートしました。

Lean more?


アメリカ最大の買い物の日「ブラックフライデー」は死んだ…… その2つの理由

ホーム・デポ、コストコ、T.J.マックスは、感謝祭には営業しない。

アマゾンを始めとするeコマースの成長が著しいアメリカ。リアル小売企業の経営環境が深刻化する現状を、ブラックフライデー商戦の様変わりぶりが象徴しています。これは日本の小売業の未来図なのでしょうか。

Learn more?


僕が会社を辞めてシェアエコ生活を始めた理由——家も収入も友人全てをまかなう

シェアリングエコノミー研究家の加藤こういちさん。

ミレニアル世代には常識の「シェアリングエコノミー」。人々の消費行動を一変させるかもしれず、昔ながらの小売企業にとっては脅威です。その魅力に惚れ込み、会社も辞めて人生をかけた男性のエピソードから、シェアエコが秘める大きな可能性が垣間見えます。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中