原因はその"マッチョな哲学"? ルルレモンCEO、過去にアンダーアーマーの買収を検討も、取り止めたと明かす

アンダーアーマー

アンダーアーマーは、アメフトといった男性中心のスポーツにそのマーケティングを集中させてきた。

Facebook/Under Armour

ルルレモンの創業者、チップ・ウィルソン氏は新しい著書『Little Black Stretchy Pants』でも全く手加減しない。

その本の中で、ウィルソン氏は2008年に、アンダーアーマーの創業者でCEOのケビン・プランク(Kevin Plank)氏と会い、ルルレモンによる買収について話し合ったことを明らかにした。

ウィルソン氏は、プランク氏と会ったときのある経験から、アンダーアーマーと何かをともにすることはないと心に決めたと書いている。

「2008年、アンダーアーマーのCEOケビン・プランクと会った後、ケビンのマッチョな哲学が(我々の)"スーパー・ガールズ"とうまくいくとは思えなかった」と、ウィルソン氏は書いた。「アンダーアーマーにはどんなことをしても勝つ、男性優越主義、周囲を圧倒するといった挑戦的なイメージがあると感じた」

"スーパー・ガールズ"は、ウィルソン氏がルルレモンのターゲットである顧客層を説明するのに使うフレーズだ。

ウィルソン氏の主張について、Business Insiderはアンダーアーマーにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

2008年当時、アンダーアーマーはまだ比較的若いブランドだった。ウィルソン氏は「感受性の強い10代の少年や自分に自信のない成人男性向けに、大きなロゴ入りの服を作っていた」と表現している。

その後、バレリーナのミスティ・コープランド(Misty Copeland)といった女性にアピールするであろう有名人とスポンサー契約を結ぶなど、アンダーアーマーは変わった。しかし、同社は今も女性消費者を掴み切れていないと批判されている。

「店舗デザインやマーケティング、商品は依然として男性中心で、アンダーアーマーは女性で苦労し続けている。女性向けのスポーツ・フィットネス分野が市場で急成長し続ける中、これは機会損失だ」と、コンサルティング会社グローバルデータ・リテール(GlobalData Retail)のマネージング・ダイレクター、ニール・ソーンダース(Neil Saunders)氏は4月、投資家向けのメモに書いている

アンダーアーマーのプランクCEOもこの問題について、5月に開かれた同社の年次株主総会で語っている。

「本来のポテンシャルに到達しているとは感じられない」

[原文:Lululemon founder Chip Wilson reveals he once considered acquiring Under Armour, but that CEO Kevin Plank's 'macho philosophy' convinced him not to]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み