最新調査で分かった! 異常な暑さが、世界のビール不足と価格の高騰を招く

生ビールで乾杯

Shutterstock

  • 研究者らは、ひどい干ばつや暑さといった厳しい気候条件と世界のビール消費量との関連を明らかにした。
  • 地球規模での気温上昇は、ビールの主要な原料である大麦の生産の妨げになりかねない。
  • 需要に見合う供給がなければ、各地でビールの価格が高騰し、世界のビール消費量は16%減少する可能性がある

地球規模での気温の上昇は、わたしたちの身の安全だけでなく、食べる物や飲む物にも影響を及ぼす。

近年、科学者たちは気候変動とワインコーヒーといった人気アイテムの消費量との関連を明らかにしてきた。そして今回、イギリスのイーストアングリア大学の研究で、異常気象とわたしたちが飲むビールの量との関連が分かった。

将来、何が起こるかを予測する代わりに、研究者らは自身にある質問を投げかけた。科学者たちが今後予測している非常に厳しい干ばつや暑さによって、ビール業界には明日、何が起こるだろうか? という問いだ。

Nature Plants』に掲載される研究者らの調査結果によると、こうした異常気象によって世界全体のビール消費量は16%減少する可能性がある。これは量に換算して290億リットルと、アメリカで1年間に消費されるビールの量に等しい。

これは需要の問題ではなく、供給の問題だ。現代の気候関連の災害により、農家はビールの主要な原料である大麦の生産に苦労する可能性がある。

2022年までに7500億ドル(約84兆円)規模にまで成長すると見込まれている世界のビール市場と、世界中でビールにこれまでの2倍の金額を払わなければならなくなるかもしれない消費者にとって、これは悪いニュースだ。

そして、その影響は世界一のビール消費を誇る中国で最も顕著になりそうだ。明日、厳しい暑さもしくは干ばつが起これば、中国ではビールの消費量が約10%、缶ビールにして120億本以上減ることになる。これがアメリカなら、最大で20%、缶ビールにして100億本近く減る計算だ。

同研究は、価格の上昇が最も大きくなるのは、アイルランドのようなビール好きの経済的に豊かな国だと見ている。アイルランドでは6本入りの1箱あたり21ドル高くなる可能性がある。

さらに、こうした経済的な影響に加え、世界的なビール不足は社会問題や政治問題になる可能性もあるという。同研究の論文を執筆した1人、ダボ・グアン(Dabo Guan)氏によると、気候変動によってビールが労働者階級にはもはや手に入らない贅沢品になる、新たな禁酒法時代を招く可能性があると指摘する。

「わたしたちがこの論文を書いたのは、明日よりも今日もっと飲むことを勧めるためではない」とグアン氏は言う。「わたしたちが言いたいのは…… これからもサッカーを見ながらビールを飲みたいなら、気候変動に対して何らかの行動を起こさなければならないということだ」

[原文:Extreme weather could trigger a global beer shortage that causes prices to skyrocket worldwide]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中