デス・スター、スパイダーマン……カボチャとは思えないハロウィンの傑作

ハロウィンのカボチャ:スター・ウォーズのワンシーン

あなたもやってみる?

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins

  • NPOで働くノエル・ディックオーバー氏は、数々のメディアで取り上げられるカボチャ彫りの名人。
  • 彼がカボチャを彫り始めたのは1997年。以来、同氏はめきめきと腕を上げ、『スター・ウォーズ』のデス・スターからドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の一場面まで、ありとあらゆるものを精巧に彫っている。
  • 同氏が彫るカボチャは、おそらくあなたが今年のハロウィンで見るどのカボチャよりも複雑なものだろう。

NPOカウンターパート・インターナショナル(Counterpart International)のプロジェクトディレクター、ノエル・ディックオーバー(Noel Dickover)は日頃、多くの人を社会変化に巻き込む構想を練っている。そして、それ以外の時はカボチャを彫っている。

彼はカボチャ彫りの名人として有名になり、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)、WIRED、そして数多くのローカルニュースに取り上げられている。

過去には、忠実に再現したR2-D2とデス・スターを作成、デス・スターは2007年、WIREDが「最もギークなカボチャ」と評した

すべては1997年に彼の兄弟がカボチャの彫り方のガイドブックを見つけたことから始まった。

興味を持ったディックオーバーは、オリジナルの模様でカボチャを彫り始めた。彼の子どもは大喜びし、なかでも彼が『スター・ウォーズ』のダース・モールを彫った時は大はしゃぎした。

以来、カボチャを彫るのは一家の習慣となり、年を経つにつれ、彼の作品はより精巧になっていった。

彼のウェブサイト、ファンタジー・パンプキンズ(Fantasy Pumpkins)では、スーパーヒーローからホラー映画のモンスターまで、彼とその家族が彫ったさまざまな作品を見ることができる。どれも驚くくらい素晴らしく、細部まで作り込まれている。

メインはディックオーバーで、重さ150ポンド(約70キログラム)以上のカボチャを彫っているのは彼だけだが、家族の腕前もなかなか。

見てみよう。

毎年、数千人がディックオーバー家の軒先に並べられたカボチャを見にやって来る。彼は毎年、『スター・ウォーズ』のデス・スターを作る。

ハロウィンのカボチャ:デス・スター

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


ディックオーバー家は流行のポップカルチャーを題材にすることも多い。例えばこれはドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン。

ハロウィンのカボチャ:デナーリス・ターガリエン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


カボチャを彫る際、ディックオーバーは通常、フォトショップでパターンを作ることから始める。その際、彼は題材の画像を取り込み、3色に変換する。

ハロウィンのカボチャ:スパイダーマン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


3色にするのは、カボチャの彫り方が3パターンしかないから。すべてをくり抜く、皮をすべて彫る、皮を残して彫るの3つ。

ハロウィンのカボチャ:狼

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


画像をパターンに変換する作業に10時間以上かけることもある。

ハロウィンのカボチャ:ドラゴン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


パターンが完成したら、カボチャの表面に転写し、彫り始める。

ハロウィンのカボチャ:ドラゴン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


彫刻刀、丸ノミ、V字ノミなど、さまざまな木彫り用の道具を使って質感を加える。

ハロウィンのカボチャ:サメとダイバー

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


『スター・ウォーズ』の戦闘シーンのような、大きく、複雑なパターンを彫るには15〜30時間かかる。

ハロウィンのカボチャ:スター・ウォースの戦闘シーン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


このゾンビは12時間かかった。背景が複雑で、ゾンビを3体彫ったためだ。

ハロウィンのカボチャ:ゾンビ

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


ケルベロスはパターンを作らず、輪郭だけを転写し、ディテールはフリーハンドで彫った。

ハロウィンのカボチャ:ケルベロス

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


これもフリーハンド。表面を彫るというよりも彫刻のようだったとディックオーバーは語った。

ハロウィンのカボチャ:オーク

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


ドラゴンと城もフリーハンドで。カボチャの表面の溝を利用した。

ハロウィンのカボチャ:ドラゴンと城

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


一家は毎年、ホラー映画をテーマにした作品を作っている。ホラー映画はハロウィンには欠かせない。

ハロウィンのカボチャ:フランケンシュタイン

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


映画『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーは、息子のジャスティンが彫った。ジャスティンは7歳の時からカボチャを彫っている。

ハロウィンのカボチャ:『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガー

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


このゾンビもジャスティン。ジャスティンと妹のサラは一緒に、約30個のカボチャを彫る。

ハロウィンのカボチャ:ゾンビ

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins


ディックオーバー家は毎年、大体50個のカボチャを彫る。

ハロウィンのカボチャ:メデゥーサ

Noel Dickover/Fantasy Pumpkins



※敬称略

[原文:These amazing pumpkin carvings are the best you'll see this Halloween

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中