#キングダム経営論。ハマる経営者たちが「一番売れてるビジネス書」愛を熱トーク

キングダム

「ビジネス書」風のキングダムの表紙(写真は有隣堂 ミウィ橋本店で撮影)。

撮影:西山里緒

累計発行部数は3600万部を突破、実写映画化も決まり、今ノリに乗っている漫画「キングダム」。

10月には「今、一番売れてる、ビジネス書。」というキャッチコピーのもと、キングダムの表紙をビジネス書風に変える広告キャンペーンが打たれ、SNS上で話題になるなど、ビジネスパーソンにも絶大な人気を誇っています。

キングダムの舞台は春秋戦国時代。もちろん話にはビジネスの「ビ」の字も出てきません。そんなキングダムが、なぜ多くのビジネスパーソンの心を打つのか?

そこで、キングダムが大好きという経営者の方々に「キングダムからビジネスの何が学べますか?」を、聞いてみました。

(注:本文にはネタバレが含まれます)

お話をお聞きしたのは、この3人。

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役 麻野耕司さん

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役 麻野耕司さん

作成:Business Insider Japan

株式会社CRAZY 代表取締役社長 森山和彦さん

株式会社CRAZY 代表取締役社長 森山和彦さん

作成:Business Insider Japan

株式会社Ginco CEO 森川夢佑斗さん

株式会社Ginco CEO 森川夢佑斗

作成:Business Insider Japan


まずは簡単にあらすじをおさらい。

舞台は、春秋戦国時代(紀元前8〜3世紀)の中国。

のちに秦の始皇帝として中華統一を果たす若き秦王・嬴政(政)と、身寄りのない孤児から、将軍へと成り上がっていく信。

二人の主人公が、いまだかつて誰も成し遂げたことのない「中華統一」の夢を実現していく様子が、史実を元に描かれる。

ちなみに私は、インタビュー前の週末にキングダムを読んだ、超初心者です。

では、さっそく、キングダムからビジネスの何を学べるのか?を聞いてみました。

なるべくキングダム読んだことない人にもわかるようにお願いします!

麻野さん「ビジネスにおける“戦略”と“戦術”の違い

キングダムでは、1巻から最新巻に至るまでずっと戦争をしています。戦争によって、何万人という秦の人が死んでいる。それなのに、いまだに1つも国を倒していない。

すごい時代ですよね。

けれど、45巻では、秦の敵国・斉の国王が政と会談し、自国の行く末を秦に委ねます。

戦うのかと思ったら、まさかの展開。びっくりしました。

キングダム

中華統一によって「法治国家」をつくりたいという夢を語る政。そのビジョンに感銘を受けた敵国・斉の国王は、秦に事実上の“降伏”宣言をする。

©︎原泰久/集英社

これは、戦術と戦略の違いだと考えることができます。戦術というのは「いかにして戦うか」ですが、戦略とは、戦を略す、と書くように「いかにして戦わないか」。

経営者も、競合が出てきたときに、戦うことを考えるのではなく、素晴らしいビジョンを提示して「うちの会社が買収するので、グループインしてくださいよ」ということが最大の功績かもしれない。

あのシーンは今でいうM&A(企業買収)だったと。

フェイスブックが最大のライバルだったインスタグラムを買収したように、優れた経営者は「戦を略す」方法を常に考える必要があります。

政は、今でいうマーク・ザッカーバーグだったと……!


森山さん「リーダーのあるべき姿」

主人公・信が率いる「飛信隊」にいる尾平が「飛信隊はどこの隊よりも心が潤ってんだ」と言うセリフがありますが、これは今の社会にもとても必要なことですよね。

あのシーンめちゃ泣きました。

かつてのように経済成長で人の心を満たしていた時代は終わり、その次の、生きる意味や働く目的が、心を満たすために必要になってきています。AIやロボティクスが進化すれば、その流れはさらに加速するでしょう

非物質的な幸せ、つまり友情や戦う目的を飛信隊は提供できています。

また面白いのが、それが「正しい」というわけでもない。今でいうと、お金や名誉を与えることで人の心を満たす組織の方がまだ主流でしょう。

キングダムを読んでいると「絶対的な正義なんてないんだよな」と思いますが、実際の組織でもそれは言えるんですね。


森川さん「スタートアップの成長過程」

キングダム

戦いとともに成長していく、信は「起業したい学生」(森川さん)。

©︎原泰久/集英社

キングダムは「スタートアップの成長ストーリー」。孤児出身で将軍を目指す信は、今でいう「起業したい学生」です(笑)。

なかなかアクロバティックな見方ですね。

信は仲間や師と出会ったり、死闘を乗り越えたりといった機会を経るごとに成長していく「積み上げ型」の起業家です。

一方で政は、敵国で人質として育てられたという自分の過去があり、その上で中華統一を目指している「天命型」。

ふむ。たしかに、二人は過去も考え方も全然違いますよね。

「起業するときに、原体験やビジョンは必要か?」という議論があります。対照的な信と政を見ていると、どちらのタイプもそれぞれのやり方で成長できるんだと、教えてくれている気がします。

スタートアップ界隈にも、ファンがいっぱいいる理由がここに……!

イチオシシーンを“ビジネス的に”解説してもらうと……

皆さんにイチオシエピソードと、ビジネスにどう活かせるか?を聞いてみました。


麻野さん「ライバル・桓騎軍から、信が率いる「飛信隊」へ那貴が“転職”するシーン」(45巻)

飛信隊で食う飯って うまいんスよね 意外と」。こう言って那貴は、羽振りの良いライバルの桓騎軍から離れ、飛信隊に入隊します。

キングダム

2コマ目の桓騎の目は「エンゲージメントの4Pについて理解した目」(麻野さん)。

©︎原泰久/集英社

このシーンは、HR(人材)界隈でとてもホットなテーマである「エンゲージメント(組織と人材の結びつき)」について表しています。

たしかに最近、よく聞くような……。

終身雇用制度が終わり、人材が流動化している現代、組織と人材は「選び、選ばれ」の関係になっています。

エンゲージメントには、4Pと呼ばれる「Philosophy(理念・目標)」「Profession(仕事・成長)」「People(人材・風土)」「Privilege(待遇・評価)」の要素があり、これらを高めていくと、人材から選ばれる組織になるのです。

飛信隊で食う飯って うまいんスよね 意外と」は、エンゲージメントの4Pを象徴しているセリフだと(笑)。

飛信隊は、隊が大きくなるにつれて、他の部隊から見ても魅力的に映るほどにエンゲージメントを高めることができた。それがよくわかるシーンですよね。


森山さん「昌文君に対し、李斯が『“法”とは願い!』と語るシーン」(46巻)

キングダム

「法とは刑罰をもって人を律し治めるもの」という昌文君に対し、まったく違う答えを出す李斯。

©︎原泰久/集英社

政は、中華を統一し、新しい国を「法」によって治めるという夢を抱いています。

政に仕える李斯が、法とは、人間のあり方の理想を形にしたもの、という言い方をします。これは今の世の中にもすごく通じると思うんです。

「法とはなにか?」ドキッとする問いかけですよね。

昨今、経営にもホラクラシーが重要、ティール組織が重要、というように「組織体制」や「制度」をつくることに着目されることが多いですが、 本当に重要なのはその根底の「願い=ビジョン」。

願いを持たずに制度だけ真似をしても、うまくいかない。そのことを気づかせてくれるシーンです。

企業がビジョンなしに制度だけ導入する風潮への皮肉にもなってるわけですね!


森川さん「伝説の六大将軍の一人、王騎が信を馬に乗せるシーン」(16巻)

キングダム

伝説の将軍・王騎は、今でいうスタートアップを応援する先輩経営者?(写真は渋谷駅構内のポスター)

撮影:西山里緒

“あるある”のシーンですが、ここで物語が一段階「上に行った」感じがしています。

自分が経営を始めてからあらためて思うのは、将軍とは何か。敵と、味方と、天と地と、周りの仲間という、広い視野を持ち、その一つひとつを見ながら、その中で自分が何をできるかを考える。

将軍=経営者にしか、見えない景色があると。

先ほど信を「起業したい学生」にたとえましたが、一時的に将軍から馬上の景色を見せてもらうことで、信にもその自覚が、ビジネスで言えば経営者としての自覚が、生まれてきたわけです。

信にとってターニングポイントとなるシーンと言えるでしょう。


「選べない」の声が続出!イチオシキャラを教えてもらいました

(主人公の信を選んだ人はゼロ。意外な結果!)

麻野さん「トップがひどくても与えられた場所で頑張る。敵国・趙の天才的宰相、李牧」

キングダム

政との会談時、ホンネがこぼれる李斯。今でいう「上司に恵まれない優秀な部下」?

©︎原泰久/集英社

李牧は、敵の天才的な宰相。策も練れる上に、武も強い。

僕も、経営者として戦略を立てるところも磨きたいですが、自身のコンサルタントとしての圧倒的なパフォーマンスで、顧客になってもらうことも大事だなと思っています。

インテリなのに剣も強い、あのギャップがカッコいいんですよね!

でも、李牧が恵まれていないのは上司なんですよ。

(李牧が仕える)趙の悼襄王は国が滅びようとしているのに、お風呂に入っているんですよ(笑)。僕だったら「お風呂出ろや!」と言ってしまいますけど、李牧はそこをグッと我慢して、自分ができることをやる。

キングダム

国が滅びようとしているときお風呂に入っている、趙の悼襄王。

©︎原泰久/集英社

李牧の行いから学びたいのは、環境のせいにしてはいけないということ。彼が仕える悼襄王に比べたら、大体の上司はマシですから

……こんなことを言っていると、うちの会長が悼襄王みたいな人と誤解されそうですが、それは違います(笑)。

(笑)。


森山さん「極悪非道だが結果は残す。リーダーとしてのあり方を考えさせられる桓騎」

キングダム

桓騎は市民を虐殺するなど非人道的なことをするが、そのために味方の軍の戦死者はとても少なかった。

©︎原泰久/集英社

桓騎は、虐殺や陵辱など、残虐な行いを繰り返すけれども、味方軍の死者は少ない。一方、信の戦い方は正攻法ながら、多くの死者が出る。

桓騎は、グロいシーンが多いんですよね……。

経営でも似たような二律背反に直面することがあります。結果を出すために、少しの犠牲は仕方がないと思うのか

信か桓騎か、どちらかを選ぶのではなく、彼らから学んで、経営者として、自分たちなりの答えを出せれば、と思っています。

一人のリーダーとしては、彼の考え方も学ぶところが多いんですね。


森川さん「『リーダーとしての覚悟』を持つ、政」

キングダム

「ほかの六カ国を滅ぼしてでも、天下を統一する」という思想を持つ政から、起業家としての覚悟が学べる(森川さん)。

©︎原泰久/集英社

政からは「中華を統一するためなら、ほかの六国を滅ぼす」という覚悟の大きさを感じます。

経営をしていると、得ようとしているものに対して、自分は何を捨てても良いのか、その基準がないと大きな意思決定はできません。

「必要悪」を選ばなければならない時もあると。

自分は、Gincoという分散化したお金の仕組みをつくろうとしていますが、「分散化」ということは、今の「中央集権的」な金融や銀行のあり方を否定することになる。

スタートアップは、世の中に新しい価値を提示するもの。もちろん反対する人たちもいますけれど、そこで「自分が成し遂げたいこと」に対する覚悟の大きさが必要になってくるのだと思います。

起業家としてのあり方から、組織のつくり方、M&Aの本質まで。いたるところに話題が飛び交い、あまりの熱量に驚いた今回の取材。

古代の話でありながら、現代にも強くつながる普遍的なテーマを鋭く切り取るキングダム。だからこそ、これだけ多くの人の心を打つのだろうなあと思いました。

(取材・構成、西山里緒)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中