【現地レビュー2】新型MacBook Air、アップルファンが待ち望んでいたモデル

新型MacBook Air

Kif Leswing

MacBook Airはおそらくアップルで最も売れているノートPC。

アップルは個別モデルの売り上げを決して明らかにしない。だがCEOのティク・クックは現地時間10月30日、ニューヨーク・ブルックリンで開催されたスペシャルイベントでヒントを出した。

MacBook Airは「最も愛されている」モデルと。そして、2010年以来初めてのフルモデルチェンジを発表した。

ここ数年、多くの人に最適なアップル製ノートPCを見つけることは難しかった。プロモデルのキーボードはトラブルが多くて人気がなく、「Touch Bar」はマニアック、もちろん価格は高かった。

フラッグシップモデルとも言える、薄くて軽いMacBookはCPUパワーに欠け、USB-Cポートが1つしかなかった。

新型MacBook Airは、新しいデザイン、新しいポート、「第3世代」のバタフライキーボード、そしてより解像度の高いディスプレイを搭載。さらに、ゴールドもある。

スペシャルイベントの後、我々は新型MacBook Airに数分触れることができた。見てみよう。

新型MacBook Airは3色展開、従来のシルバーに、新たにスペースグレイ(左)、ゴールド(右)が加わった。

新型MacBook Air

Kif Leswing


最大の特徴は2560 x 1600ピクセルのRetinaディスプレイの搭載。ベゼルも細くなった。ディスプレイサイズは13インチのままで変わっていない。

新型MacBook Air:Retinaディスプレイ

Kif Leswing


対角側のクローズアップ。

新型MacBook Air:Retinaディスプレイ

Kif Leswing


バッテリー駆動時間は最大12時間。

新型MacBook Air

Kif Leswing


MacBook Proと違って、エスケープキーがある。

新型MacBook Air:エスケープキー

Kif Leswing


「バタフライ」キーボードを搭載。他のMacBookモデルでユーザーから苦情が出ているキーボードだ。だがアップルは、新型MacBook Airのバタフライキーボードは「第3世代」モデルでレスポンスはより向上していると述べた。

新型MacBook Air:キーボード

Kif Leswing


ログインに使える指紋リーダー、Touch IDを搭載。Touch Barを搭載せず、Touch IDのみを搭載したモデルは初めて。

新型MacBook Air:Touch ID

Kif Leswing


全体的なデザインは過去のモデルと極めて似ている。ウェッジシェイプ、従来型のヒンジ、ディスプレイを開きやすくするためのトラックパッドの手前の切り欠きもある。

新型MacBook Air

Kif Leswing


これ。

新型MacBook Air

Kif Leswing


トラックパッドは大きくなった。物理的なクリックの代わりに、小さなモーターを使って、クリックと同じような感触を作り出す。

新型MacBook Air:トラックパッド

Kif Leswing


ポートも変更。従来のUSB-Aに代わって、左側にはUSB-Cポートが2つ。充電、外部機器との接続に使える。アップル独自の「MagSafe」とは、お別れ。

新型MacBook Air:USB-Cポート

Kif Leswing


反対側にはヘッドホンジャック。ありがたい。

新型MacBook Air:ヘッドホンジャック

Kif Leswing


裏側はほとんど変わっていない。

新型MacBook Air:本体裏側

Kif Leswing


FCC(連邦通信委員会)のマーク。

新型MacBook Air:FCCマーク

Kif Leswing


シルバーは、前のモデルとほとんど同じ。

新型MacBook Air:シルバー

Kif Leswing


クローズアップ。

新型MacBook Air:シルバー

Kif Leswing


スペースグレーはプロフェッショナルに見える。

新型MacBook Air:スペースグレー

Kif Leswing


クローズアップ。

新型MacBook Air:スペースグレー

Kif Leswing


ストレージ容量違いで2モデル。買いか? 我々はまだ性能を試してはいない。だが、多くのアップルユーザーが待ち望んでいたモデルのように思えた。

MacBookAir002-2

アップル



[原文:Hands-on with Apple's new redesigned MacBook Air: This could be the laptop that Apple fans have been waiting for

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中