1位はあの日本車、“すぐに売れる”人気中古車ベスト10

2018年型「トヨタ プリウスC」

2018年型「トヨタ プリウスC」

Toyota

  • 自動車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコムは中古車に関する調査を実施した
  • 対象となったのは、2018年1月〜7月にかけて販売された1〜3年落ちの中古車400万台。
  • その結果、最も早く買い手がつく中古車は「トヨタ プリウスC」と判明、2位には「テスラ モデルS」が続いた。
  • 最も早く売れる中古車の上位5車は、すべていわゆるエコカーで、3車はハイブリッドカー、2車は電気自動車。
  • 「特にプリウスのようなハイブリッドカーや電気自動車の性能は、消費者が当初抱いていたバッテリー寿命に対する懸念を払拭する一因となった。こうした認識の変化がこうした車の人気上昇を支えている」とアイシーカーズ・ドットコムのCEOフォン・リー氏は記した。

自動車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)は、中古車に関する調査を実施、最もお買い得な中古車を明らかにした。

さらに現在、中古車市場において最も早く売れる車と、逆に売れるまでに最も時間がかかる車も明らかにした。

調査は、2018年1月〜7月にかけて販売された1〜3年落ちの中古車400万台を対象に実施された。

その結果、現在、市場で最も早く売れる中古車は、2011年に販売が開始された小型ハイブリッドカー「トヨタ プリウスC(日本名:アクア)」と判明した。

また興味深いことに、最も早く売れる中古車の上位5車は、すべていわゆるエコカー、3車はハイブリッドカー、2車は電気自動車という結果となった。

「特にプリウスのようなハイブリッドカーや電気自動車の性能は、消費者が当初抱えていたバッテリー寿命に対する懸念を払拭する一因となった。そして、こうした認識の変化がこうした車の人気上昇を支えている」とアイシーカーズ・ドットコムのCEOフォン・リー(Phong Ly)氏は記した

中古車全体で見た場合、買い手がつくまでにかかる期間は平均46.4日。一方、トヨタ・プリウスCは平均29.6日。2週間以上違う。

アイシーカーズ・ドットコムのデータをもとに、最も早く売れる中古車ベスト10を見てみよう。

10位 ヒュンダイ ベロスター ターボ:36.0日

10位 ヒュンダイ ベロスター ターボ:36.0日

Hyundai


9位 ホンダ アコード:35.5日

9位 ホンダ アコード:35.5日

Hollis Johnson/Business Insider


8位 トヨタ カローラ:34.9日

8位 トヨタ カローラ:34.9日

Toyota


7位 ホンダ シビック:34.7日

7位 ホンダ シビック:34.7日

Honda


6位 フォルクスワーゲン ゴルフR:34.4日

6位 フォルクスワーゲン ゴルフR:34.4日

Volkswagen


5位 シボレー ボルト:34.3日

5位 シボレー ボルト:34.3日

Chevrolet


4位 トヨタ プリウス:33.4日

4位 トヨタ プリウス:33.4日

Toyota


3位 BMW i3:33.4日

3位 BMW i3:33.4日

Miles Willis/Getty Images


2位 テスラ モデルS:32.4日

2位 テスラ モデルS:32.4日

Bryan Logan/Business Insider


1位 トヨタ プリウスC:29.6日

1位 トヨタ プリウスC:29.6日

Toyota



[原文:10 fastest-selling used cars in America

(翻訳:Yuta Machida、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中